◆イチョウ黄葉&ケヤキ紅葉◆東農工大・小金井キャンパス、五日市街道のケヤキ、サザンカ、イチゴノキ・・・

 [2495] 東京農工大学・小金井キャンパスは、緑と四季折々の花に囲まれた恵まれた環境です。160,000㎡の広大なキャンパスは、工学の基礎から応用までを学ぶ講義棟をはじめ、最先端の研究開発に取り組む各種研究施設と産官学連携施設が並び、産業界を牽引する教育研究が推進されています。また、小金井市近郊は、生活都市圏に多くの高等教育機関が点在する多摩地区と都心のビジネ…

続きを読む

◆根津美術館・庭園で紅葉狩り◆ 熟女子会 尾形光琳燕子花図 やんも 白サザンカ・・・

  [2494] 久しぶりの熟女子会を「根津美術館で紅葉狩りにしない?」と。Siちゃんが提案して、chiちゃんも巻き込んで出かけてきました根津美術館(ねづ びじゅつかん)は、東京都港区南青山に所在する私立美術館東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代・根津嘉一郎(1860~1940)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するためにつ…

続きを読む

◆ 越前路 ⑨ ◆ 谷口のお揚げ 越前竹人形の里 小松空港にて・・・

 [2493] いよいよ越前路も最終章になりました。マニアックなnoba旦に告げられたのは「油あげを食べに行く」でした。山間の静かな村、丸岡町竹田にある谷口屋本店お店は人里離れた山あいにあります。やっとたどり着いたら?この日は休業日でした ここまで来て~??いまいち、リサーチ力がないのよね(心の中で・・)実は福井は油…

続きを読む

◆ 越前路⑧ ◆ 丸岡城天守閣 一筆啓上・日本一短い手紙の館 ツワブキ サザンカ 

 [2492] 丸岡城(まるおかじょう)は、福井県坂井市丸岡町霞にあった日本の城別名:霞ヶ城 江戸時代には丸岡藩の藩庁でした。現在は天守のみ残ります今も小高い丘の上の、石垣の上にそびえる丸岡城。外観は二階建てに見えますが、内部は三階建て(二層三階)です。 城内へは急な石段を登って入ります。石段の途中にツワブキの花が。一階の壁には「石落とし」や「狭間(さま)」を見…

続きを読む

◆ 越前路 ⑦ ◆ 東尋坊 東尋坊タワー ツワブキ やまに水産で焼き牡蠣 

 [2491]東尋坊(とうじんぼう)は、福井県坂井市三国町安島に位置する崖。越前加賀海岸国定公園の特別保護地区に指定されています。日本海に面した海食崖で、険しい岩壁が続き、最も高い場所で約25mの垂直の崖があります。東尋坊を構成する岩は、輝石安山岩の柱状節理で、これほどの規模を持つものは世界に3ヶ所だけであり、地質上極めて貴重とされ、国の天然記念物および名勝に指定{…

続きを読む

◆ 小金井公園界隈 ◆ 公園の皇帝ダリア 玉川上水 近所の花 

 [2489] 小金井公園や界隈を歩きました。いつまでたってもお天気が回復しない?見切り発車で歩いてきました小金井公園正門 桜がひと際紅葉しています。 正門前を進んだ駐車場の近くに皇帝ダリアの本家の株があります。今年は相次ぐ台風などで中折れしたり傷んでしまいました コウテイダリア(皇帝ダリア)キク科ダリア(テンジ…

続きを読む

◆ たてもの園 だより #23/2019◆ 紅葉とたてもののライトアップ キッチンカフェにて・・ 

 [2488] ◆江戸東京たてもの園◆は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物と28の屋外展示物が建ち並んでいます。小金井公園(80ヘクタール)の中にあります紅葉の綺麗になる頃、たてもの園ではライトアップの催しが開かれます金・土・日の三夜開…

続きを読む

◆ 越前路⑤ ◆ 福井県立恐竜博物館 丘に咲く花(ニガナ・アキノノゲシ) 恐竜ランチ 

 [2487] 福井県恐竜博物館は恐竜化石の一大産地である福井県勝山市に建てられた、恐竜を中心とする地質・古生物学博物館です。福井県勝山市村岡町寺尾の「かつやま恐竜の森」内にあります。博物館に着いたとき少し小雨でしたが館内観光なので安心しました。❷駐車場から見える巨大な恐竜のモニュメントが圧巻でした。❶エントランス、目を惹きますね~~\(◎o◎)/ 吹き抜けのエ…

続きを読む

◆越前路 ④◆ 平泉寺白山神社 苔 まほろば コナスビ ミズタビラコ  

 [2486] 平泉寺白山神社(へいせんじはくさんじんじゃ)は、福井県勝山市平泉寺町平泉寺に鎮座する神社明治時代までは霊応山平泉寺という天台宗の有力な寺院だった。養老元年(717年)泰澄によって開かれたという。平安時代以降比叡山延暦寺の勢力下に入り、霊応山平泉寺として知られるようになり、豊原寺と双璧をなした。白山信仰の越前側の禅定道の拠点(越前馬場・ばんば)として…

続きを読む

◆ 日立中央研究所・秋の庭園公開 ◆ 野川の水源地 十月桜 マガモ イヌシデ 

 [2485] 日立中央研究所(JR国分寺駅から徒歩10分)の庭園公開に出かけてきました。[東京ドームの約5倍、20万7,000㎡の敷地を持つ]毎年2回、春と秋に武蔵野の面影を残す庭園を自由に散策できる庭園公開があります。今年の春の公開は中止になりました。数年前の秋に出かけた事があります。庭園には約27,000本の樹木があり、春には桜、秋は紅葉、黄葉が楽しめます。…

続きを読む

◆越前路③ ◆ 福井駅界隈 福井城址 紅葉 コリウス マンテマ 福福亭にて  

 [2484] 福井駅は、福井県福井市中央一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)、えちぜん鉄道・福井鉄道の駅北陸地方の西部に位置する福井県福井市の代表駅。JR西日本の北陸本線・えちぜん鉄道の勝山永平寺線が乗り入れています。福井駅前の広場で吠えているのは、やっぱり恐竜でした\(◎o◎)/いかに福井が恐竜王国として?君臨してる証でしょうか(右下)恐竜の足元にちっち…

続きを読む

◆ 越前路② ◆ 永平寺回廊を歩く 傘松閣 参道 タラヨウ 永平寺川 ミズタビラコ   

   [2483] 永平寺(えいへいじ)は福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗の寺院。總持寺と並ぶ日本曹洞宗の中心寺院(大本山)です。山号を吉祥山と称し、開山は道元、曹洞宗開祖・道元禅師が寛元2年(1244)年開いた坐禅の修行道場。境内には大小70 棟余りの建物が並び、特に回廊で結ばれている七堂伽藍は日常の修行に欠かすことのできない大事な建物です。 トンネルを抜けると…

続きを読む

◆ 越前への旅(羽田から小松へ)◆ 羽田から小松空港 機上から山なみ 越前そば(けんぞう蕎麦) ガザニア

 [2482] ANAのパッケージツアー+独自のプランで小松に飛びました吉祥寺からリムジンバスで羽田に向かいます。バスの中から空港近くの立ってるキリンを撮りました。 羽田空港第二ターミナル、手続きを済ませ、ラウンジでゆっくりしました。小松行きの搭乗口です。夫は先にNo.1で乗り込んでいます。 羽田を離陸します。 ❸は海ボタルなんでしょう…

続きを読む

◆ 近所の花と実 ◆ ハギ黄葉 ツワブキ コムラサキ実 マユミ チャノキ イモカタバミ 生姜コロコロ漬け

 [2481]Mちゃんと階下で待ち合わせ、待ってる時間で庭の花をパチリMちゃんのマンションは中庭がとても素敵な散策路になっています。ハギ(萩)マメ科ハギ属 いい感じに黄葉しています ちょっとした流れも設えてあります。傍らの石の間に ツワブキ(石蕗、艶蕗)キク科ツワブキ属  常緑多年草 上記のハギの下にも ひそやかに咲…

続きを読む

◆ 新小金井街道の野川 ◆ 大勝軒 ススキ ジュズダマ ミゾソバ 武蔵小金井シティクロス 

 [2480] 久しぶりに付けソバが食べたくなって大勝軒に出向きました。お店の口開けを狙いますが、待ってる間、近くの野川を散策しました。 新小金井街道を横切る野川です。下流&上流をパチリ。この穏やかな野川の流れも台風19号では大暴れしました。 殺風景な川の畔にススキ(芒)イネ科の穂が輝いていました。 ジュズダマ(数珠…

続きを読む

◆ 合同誕生会や色々~ ◆ Haruクン近況 タニウツギ返り咲き ハキダメギク ホトケノザ

 [2479] 恒例の我が家の合同誕生会で吉祥寺に出かけました。❶昼間なのに赤ちょうちんに灯りが付くハモニカ横丁です。❷は台湾のイーファン(一芳) 選りすぐりの台湾産の茶葉と季節のフルーツを使ったフルーツティー一番人気は黒糖タピオカラテらしいです。店舗の前に人だかりが・・ 駅ビル(アトレ):AOYAMAフラワーマーケットですハロウインが終わって少し、落ち…

続きを読む

◆ご近所散策で ◆ 浴恩館公園 クワクサ 孫んちのホソバヒイラギナンテン 自宅のマユハケオモト

 [2478]浴恩館公園は昭和三年京都御所で行われた大嘗祭で使用された建物の一部を移築した建物の「浴恩館」を中心に、全国から集まった若者の生活学校の場を、公園として整備したものです。下村湖人が初代館長として若者たちの指導にあたりながら、この地をモデルに「次郎物語」の構想を練ったそうです。 浴恩館は現在は小金井市の文化財センターとして利用されています。いつものコーラス…

続きを読む

◆ 小金井公園界隈にて ◆ コスモス畑 サネカズラ ユリオプスデージー ラーメン・・・ 

 [2477]小金井公園(こがねいこうえん)は、東京都小金井市と一部が小平市・西東京市・武蔵野市にまたがる東京都立の都市公園(広域公園)です。正式名称は東京都立小金井公園(とうきょうとりつこがねいこうえん)面積約80haの広大な敷地は都立公園の中でも最大規模で、日比谷公園の4.8倍、上野公園の1.4倍に相当公園西側には南北に小金井街道(東京都道15号府中清瀬線)が、…

続きを読む

◆ たてもの園だより#22/2019 ◆ 入り口のキンモクセイ ツツジ返り咲き ダルマギク 伝統工芸(木版染め) 蝶色々・・・

 [2476]◆江戸東京たてもの園◆は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物と28の屋外展示物が建ち並んでいます。小金井公園(80ヘクタール)の中にありますたてもの園の入り口に2本のキンモクセイの巨木があります。既に10月初旬に満開になって樹の下にはたくさんの花の殻…

続きを読む

◆ 散歩道の花たち ◆ ジニア ハイビスカス コセンダングサ ヤマトシジミ パンプキンパウンドケーキ ブログノート

 [2475]ご近所散策で見かけた花たちです。ヒャクニチソウ(百日草)キク科 ヒャクニチソウ属(ジニア属)ダリア咲きやポンポン咲きなど様々な咲き方の品種がありますこれはエレガンス(Z elegans)他に細葉のリネアリス、野趣のあるメキシコヒャクニチソウがあります。かなり長い間、咲き続けています。蕾も綻んだのもあります。 ハイビスカス(ブッソウゲ・仏桑花)アオ…

続きを読む

◆ ご近所散策の花 ◆ 宿根ヒマワリ ルドベキア・タカオ ベニシモツケ ヒメツルソバ ランチ会・・・

 [2474]ご近所散策で見かけた花たちです。夏の名残やら、色々です。宿根ヒマワリかと思います。分岐するタイプです。濃い目の模様も発生していますね。 ルドベキア・タカオ(キク科オオハンゴンソウ属)ルドベキアの仲間は、北アメリカを中心に約25種が分布します。多花性の黄色の小さめの花、黒い花芯と黒褐色がかる花茎が野的ですが華やかな雰囲気で…

続きを読む

◆ 井の頭文化園:水生園 ◆ イワナ カエル タナゴ 井の頭池 カイツブリ ツマグロヒョウモン etc

 [2471]井の頭恩賜公園は武蔵野市の南東から三鷹市の北東にかけて広がる公園(総面積は約43万m2)その一角に井の頭自然文化園、本園(動物園) 分園(水生水族館)があります。今回は水生水族館に立ち寄りました。日本産淡水魚や両生類の飼育・展示を行っています。生きものの済む環境に照らし合わせ、植物や昆虫も展示。程よい広さなので、お気に入りです。 ジブリ美術館は井…

続きを読む

◆ 三鷹の森ジブリ美術館 ◆ ロボット兵 屋上庭園 中庭 アメジストセージ ギンミズヒキ・・・

 [2470]三鷹の森ジブリ美術館(みたかのもりジブリびじゅつかん)は東京都三鷹市にある三鷹市立のアニメーション美術館。正式名称は三鷹市立アニメーション美術館スタジオジブリに深く関わる宮崎駿が発案して2001年に開館した美術館です。名称の通りジブリ関連の展示品を多く収蔵・公開しています。建物自体も宮崎氏による断面スケッチを元にデザインされました。ジブリは美術館の運営…

続きを読む

◆ たてもの園だより #21/2019 ◆ 東京大茶会 野点 武蔵野うどん 箸手作り 台湾杜鵑草 紅花常盤満作 ・・・ 

 [2469]◆江戸東京たてもの園◆は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物と28の屋外展示物が建ち並んでいます。小金井公園(80ヘクタール)の中にあります 東京大茶会(初心者の方も気軽に参加できる本格的な茶席(高橋是清邸・ 西川家別邸・ 川野商店)や野点(のだて…

続きを読む

◆#52-小金井お月見の集い ◆ キッズダンス 屋台 / 南瓜 フウセンカズラ コスモス 

 [2468]『月夜の晩に素敵な思い出作りませんか?』に誘われて~第52回小金井お月見の集いにぷら~と出かけてみました。肝腎のお月様は????半月状態でした。雲も多いし~ 祭壇にもお参り! お供えも色々~お酒は『小金井桜』です。 祭壇横の舞台ではキッズのフラダンスやダンスが発表されていました。次代を担う子たちもかぶりつきで見ていました。次…

続きを読む

◆ 野川自然観察園 ③ ◆ 池いろいろ サクラタデ ミゾソバ 花後いろいろ 虫さん7種・・・ 

 [2467]「野川自然観察園」国分寺崖線(ハケと呼ばれる河岸段丘)に沿った長細いエリアで野川沿いの小道とはフェンスで仕切られています。 崖下からは湧水が湧き出ており流れや池や湿地のエリアは、木道の観察路になっています。ここでは水辺を好む山野草の群生が見られます。 自然観察園には、かがみ池、ひょうたん池、まる池、ほたる池、しょうぶ池、などがあります。池沿いの植物も…

続きを読む

◆ 野川自然観察園 ② ◆ カリガネソウ シュウカイドウ キバナアキギリ レモンエゴマ・・・ 

 [2466]「野川自然観察園」国分寺崖線(ハケと呼ばれる河岸段丘)に沿った長細いエリアで野川沿いの小道とはフェンスで仕切られています。 崖下からは湧水が湧き出ており流れや池や湿地のエリアは、木道の観察路になっています。ここでは水辺を好む山野草の群生が見られます。 野川自然観察園の様子です。 カリガネソウ(雁草・雁金草)シソ科Tripora属 多年草ホカケソ…

続きを読む

◆ 野川自然観察園 ① ◆ 花マップ ヒガンバナ(紅白) イヌショウマ シモバシラ アザミ2種 ・・・

 [2465] 「野川自然観察園」国分寺崖線(ハケと呼ばれる河岸段丘)に沿った長細いエリアで野川沿いの小道とはフェンスで仕切られています。 崖下からは湧水が湧き出ており流れや池や湿地のエリアは、木道の観察路になっています。ここでは水辺を好む山野草の群生が見られます。 自然園入り口です。そして今見られる花たちです。 ---…

続きを読む

◆ 連泊の女神湖のホテルにて ◆ フレンチ 和食膳 温泉 白樺湖のアサザ・・・

 [2464] 女神湖側から見た宿泊のリゾートホテルです。女神湖畔に建っています。 今回もアニバーサリーで連泊させて頂きました(記念日は何でも・前倒しの誕生日?)結婚式場もあります(尖がり屋根) お部屋は広すぎでした。 部屋から女神湖を望みます。朝な夕なに・・・・ フレンチを戴く場所からの外の景色です。しっとり夕暮れが・・・ …

続きを読む

◆ 三分一湧水(さんぶいちゆうすい) ◆ そば処・三分一 ソバの花 ・・・ 

 [2463]三分一湧水(さんぶいちゆうすい)とは、八ヶ岳の懐から湧き出る豊富な水量を誇る湧水で「日本名水百選」に選定されています。戦国時代の頃、水争いをしていた三つの村に等配分するために武田信玄が堰を築いたという伝説が残っており、湧出口の分水枡に三角石柱を築き、三方向に流水を分岐させています三分一湧水施設から下流に向かって林を歩きます。 …

続きを読む