◆散歩道で・・◆ ベニバナトキワマンサク トキワマンサク ムベ モチノキ カロライナジャスミン イモカタバミ スミレ3種

 [2736]

散歩道でも春が駆け足で過ぎていきます。
お花のレポートが追い付かなぁい 頑張ります
mb2-ベニバナトキワマンサク1.jpgmb2-ベニバナトキワマンサク2.jpg
ベニバナトキワマンサク(紅花常磐満作)マンサク科トキワマンサク属
原産地:中国 南東部 インド北東部 日本  
主な開花期:4月-5月ですが、年中、ポツポツ咲いていますね。
ご近所は何故か多いです。入学の記念樹に配られた話も。


mb2-トキワマンサク1.jpgmb2-トキワマンサク2.jpg
トキワマンサク(常磐万作)マンサク科トキワマンサク属
 常緑小高木 花期:5月頃で細長い4枚の花弁の花を咲かせます。
基本種はごく薄いクリーム色。この頃生垣に多いです。


mb3-ムベ1.jpgmb3-ムベ2.jpg
ムベ(郁子)アケビ科ムベ属   常緑つる性木本
花の色は白色、緑白色、淡黄色、淡紅紫色まであり多彩。
雄花には合着した6個の雄しべがあります。
雌花は外側の萼片の方が内側の萼片より長く、雌しべが3個ある。


mb4-イヌツゲ1.jpgmb4-イヌツゲ2.jpg
モチノキ(黐の木)モチノキ科モチノキ属  常緑高木
宮城・山形県以南〜沖縄の海岸に近い山地の常緑樹林内に生える。
前年枝の葉腋のごく短い短枝に黄緑色の小さな花を束生する。
雌雄別株/見えてるのは雄花で、4個の雄しべと退化した雌しべがあります。
下段、右、落ち花が花筵になっています。
長さんにモチノキと教えて頂きました




mb1-カロライナジャスミン1.jpg
カロライナジャスミン(マチン科ゲルセミウム属)
常緑つる性低木 / 分布: 北 アメリカ南部~中央アメリカ
ジャスミンとは全く別の植物です。
花に香りがあるところから連想して命名。 有毒植物なので要注意!


ma4-イモカタバミ紅白1.jpgma4-イモカタバミ紅白2.jpg
イモカタバミ(芋片喰)カタバミ科カタバミ属  
別名:フシネハナカタバミ(節根花片喰) 原産:南アメリカ
江戸時代末期に観賞用として導入されて以降、日本に広く帰化してます。
同属の種のムラサキカタバミに似ていますが比較すると、
地下に芋状の塊茎。花色が濃いピンク。白花もあります。
花粉が黄色という特徴があります。
ピンクと白の間で縁がピンク色になったのも見られました下段㊥


ma6-ム・オーブリエチアa.jpg
オーブリエチア(アブラナ科)  耐寒性多年草
花期:3-5月  花色: 青紫 白
花もちがよく、初春から~ず~と咲いています。


ma5-ムスカリ2.jpgma5-ムスカリ1.jpg
210405aムスカリ1.jpgムスカリ(キジカクシ科ムスカリ属)
名の由来はギリシャ語の moschos(ムスク)であり、麝香の事
花は一見するとブドウの実のように見えることから、
ブドウヒアシンスの別名もあります。
オーブリエチアに護られて白花も咲いています。
我が家のナムナムしたかのようなムスカリが
ひ弱に咲いてきています。お恥ずかしい~~~年季だけはもう5年?
上部と下部で色が違うタイプです。


ma7-ハナニラ1.jpg
ハナニラ(花韮)ヒガンバナ科ハナニラ属  多年草
別名:イフェイオン、ベツレヘムの星  原産地=アルゼンチン
日本では、明治時代に園芸植物(観賞用)として導入され、逸出し帰化


ma8-ヒメツルニチニチソウ1.jpgma8-ヒメツルニチニチソウ2.jpg
ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属
原産:ヨーロッパ中部からコーカサス  観賞用に渡来したものが野生化した
花期:3-7月   花色:: 青、白、紫 、ピンクあります。 ココでは白花


ma9-フッキソウ1.jpg
フッキソウ(富貴草)ツゲ科フッキソウ属 常緑小低木
日本(北海道から九州)を含む東アジアに分布。山地の林内に生えます。
またグラウンドカバーとしてよく栽培されます。
時に真珠みたいな実もなります。


ma3-ビオラソロリア・スノープリンセス1.jpgma3-ビオラソロリア・スノープリンセス2.jpg
ビオラ・ソロリア "スノープリンセス"
アメリカスミレサイシンの仲間で、真っ白な雪の王女です。
植物全体が淡い緑色で、純白で深みのある独特の美しい花びらを持っています。


ma1-アリアケスミレa.jpg
アリアケスミレ(有明菫)スミレ科
白色から紅紫色まで変化に富む花の色を有明の空にたとえた名。
側弁と唇弁とに紫色の筋が入りますが、個体により色は変化が大きい。
側弁の基部内側に毛があります。低地の湿った水辺や道端に生えます。


ma2-マンジュリカ3.jpg
ノジスミレ(野路菫)スミレ科

ma2-マンジュリカ4.jpg
ビオラ マンジュリカ (スミレ科)
このスミレ、在来種なんですが、日本特産ではなくて
広く朝鮮半島から中国大陸まで分布しています。
マンジュリカは ”満州の” を意味します。
代表的なスミレなんですが、区別するためにあえてマンジュリカと。

******************🍊🍊🍊***********************


熊本から晩柑(ばんかん)が届きました
ma1-晩柑ピールa.jpg

和製グループフルーツとも言われ、とてもジューシーです。
皮が勿体ないといつもの主婦根性がむっくりと((((^Q^)/
①皮のワタの部分を少しこそげ取ります
今回は皮の部分はピーラーでひかなかったです(友人がその必要は無いと)
②熱湯で3回茹でこぼしをします。一回15分位です
③茹でこぼしの後、一昼夜、水で晒しておきます
④分量の80%の砂糖と蜂蜜(好みで)を入れ弱火でじっくり煮ます
⑤水分がなくなるまで、焦がさないように最後はしっかり見張って
危ないなと思ったら皿に広げてレンジでチンして仕上げます。
冷めたらグラニュー糖を好みで塗します。
なかなか、納得のいくピールができました

************🍊🍊🍊🍊***************




゚・*:.。. .。.:*・゚🍊゚・*:.。. .。.:*・゜

画像を左クリックしますと大きくなります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 夢楽

    きれいな花が咲いていましね。春を実感しました。
    晩柑皮の砂糖漬けがおいしそうです。
    2021年04月11日 13:54
  • 長さん

    白花のトキワマンサクが基本種ですが、変種のベニバナトキワマンサクの方を見かけることが多いですね。我が家の近くではこんなにたくさん花が咲くトキワマンサクは見かけません。
    ムベは雄花の方が赤いことが多いですよね。
    イヌツゲですが、花がそれより大きいような感じなので、モチノキみたいに見えますが・・・。イヌツゲで花の絨毯は出来ないと思いますよ。
    カロライナジャスミン、我が家でもささやかに咲いています。
    白花のイモカタバミやムスカリ、ヒメツルニチニチソウは見たことがないかも。
    我が家のビオラ・ソロリア・スノープリンセスは昨日やっと1輪咲きました。
    2021年04月11日 19:15
  • 無名子

    こんばんは!
    ベニバナトキワマンサク、桜の花を撮りに市役所付近を歩いたときに見つけました、そことは別の所で街路樹になっているようで・・・ 
    色んな花を撮ってはお蔵入りさせてます (^_^;)
    それなのに見たことのない花を見ると探しに行きたくなります。
    白いヒメツルニチニチソウ、ビオラ・ソロリア "スノープリンセス"
    どこかに無いかなぁ~
    2021年04月11日 21:10
  • yoppy702

    散歩道も花盛りですね。
    確かに、春は駆け足なので、、、nobaraさんも駆け足でレポしなきゃいけませんね。(^^)
    ベニバナトキワマンサクは、良く見かけるのですが、トキワマンサクって、画像でしか見た事がないんですよ。
    薄いクリーム色やから、生で見たら爽やかな感じでしょうね。
    モチノキの右下って落下した花ですか。
    この場所にこんなに落ちてるという事は、スゴイ数が咲いてるんですね。
    イモカタバミに白花があるって知ったのは、「nobaraの散歩道」でなんです。(^^ゞ
    でも、現物は未だ見た事がありません。
    生で見てみたいですね。(^^)
    オーブリエチアってアブラナ科なんですね。
    ムラサキハナナに似てる感じもするけど、お洒落さんなんかなぁ…(^^ゞ

    晩柑って和製グループフルーツと言われてるんですか。
    「とてもジューシー」が想像できます。(^^ゞ
    晩柑という事は、遅い収穫の柑橘類って事でしょうねぇ…
    で、納得のいくピールが完成。
    工程を見てたら気が遠くなります。(^^ゞ
    ⑤は職人技?(^^ゞ
    2021年04月12日 00:53
  • 寿々木

    お早うございます。トキワマンサク、トキワマンサク、この時期満開で綺麗ですね。私もご存じ東山植物園で撮りました、目下整理中です。フッキソウは上高地の穂高橋のたもとで群生しています。高級料亭や病院の庭にグランドカバー状に生えてます。料亭は富貴に病院は復帰に賭けているのでしょう。
    2021年04月12日 08:52
  • nobara

      夢楽さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    一斉に花々が動き出しましたから・・
    晩柑、熊本で知ってから大好きな柑橘に成りました
    2021年04月12日 11:16
  • nobara

      長さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    白花のトキワマンサクは生垣などで上品です。
    ベニバナトキワマンサクも生垣に使われますが、派手?
    ムベは新芽が美味しそうです。きんぴらにすると美味しい?
    以前、長さんにイヌツゲを教えて貰って、すっかり思い込みでした。
    検索して、確認、変更しました。有難うございますm(_ _)m
    白花のイモカタバミ、ピンクと交じって咲くのがいいですね。
    ヒメツルニチニチソウの白い花も新鮮でした。
    スノープリンセス、お宅にもあるんですね。
    2021年04月12日 11:21
  • nobara

      無名子さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ベニバナトキワマンサクは華やか~ですから目立ちますね。
    私もです。お花が溜まるいっぽうです。
    なるべく、纏めて加工して放出?しています。
    白いヒメツルニチニチソウ、ビオラ・ソロリア "スノープリンセス"
    きっと、どこかで待っていますね(*^-゚)⌒☆
    2021年04月12日 11:25
  • nobara

       yoppy702さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    散歩道も花盛りで次々と開花しています。
    トキワマンサク、咲いていても気づかなかったり?ですかね。
    モチノキの花筵、まだまだ綺麗でした。地味ですけどね~
    イモカタバミの白もいいですよね。ピンクと交じってるのが。
    オーブリエチアは上品なアブラナ科ですね。
    庶民的じゃなくちょっと気取ってる?感じですね。
    晩柑ってそうなんです。和製グレープフルーツなんですって!
    今の時期より6月頃に出回る、ジューシーさが少し飛んだのも
    好きなんですが、今の時期はかなりジューシーです。
    ピール、時間は(根気が要りますが、技術は要らないので)
    今回、初めて、晩柑でピールに挑戦しましたが
    なかなかの出来でした。お口の肥えた友人が褒めてくれました。
    2021年04月12日 11:33
  • nobara

       寿々木さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ベニバナトキワマンサク、トキワマンサク、
    まだまだ頑張っています花期が長ーーいです。
    フッキソウの真珠のような白い実を探したいです。
    2021年04月12日 11:36
  • 藍上雄

     ベニバナトキワマンサク、花の付きか良いですね。 今年1月の寒波が、桜等の花に良い影響与えているのかも知れませんね。モチノキの花筵も初めてみます。
     オーブリエチア、アブラナ科なんですね。ムラサキハナナに雰囲気似ていますね。
     ビオラ・ソロリアはアメリカスミレサイシンの仲間、花が大きくて園芸種としても、良い植物だと思います。
    2021年04月12日 16:09
  • nobara

      藍上雄さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ベニバナトキワマンサクはほぼ年中、お花が見られるようです。
    今の時期は盛大に咲くのですが・・・
    モチノキの花がムシロになっていました。
    地味な花ですが集合すると何とか見られます。
    オーブリエチアは草丈が低いのです。グランドカバー状に。
    ビオラソロリア・スノープリンセス、生えてるお宅の人が
    丁寧に草抜きして手入れなさっていました。
    やはりお手入れしないと~こうは咲きませんよね。
    2021年04月12日 16:53
  • はるる

    花を追いかけるのが大変なくらい、花いっぱいの季節ですね。
    トキワマンサクにムベ、色違いを見せていただきました。
    モチノキはこういう花が咲くんですね。
    カロライナジャスミンはけっこうどのお宅でも見かけます。
    豪華ですね。そのほか花満載です。
    晩柑というのですか。
    これもおいしそうですね。
    花の撮影にお忙しいところ、お料理までこなされて、すごいですね。
    立派です。
    2021年04月12日 18:20
  • nobara

      はるるさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    あらここにも、あそこにもと、パチパチ撮りまくりで忙しいです
    トキワマンサクはこの白色が基本種ですね(*^-゚)⌒☆
    ムベは同じステージに色違いで咲いています。
    晩柑はなかなか市中に出回らないので取り寄せていま。
    そうなんですよ~最後の仕上げに時間が取れるのに合わせて
    逆算して準備しています。忙しくはないけど
    じっくり落ち着いて辛抱強く?ですかね~((((^Q^)/
    全て、「勿体ない」主婦魂?です。
    2021年04月13日 09:03
  • ran1005

    相変わらず、毎日沢山のお花をご覧になってnobara 様は花の精の様に感じます。
    私はスミレにとても興味を持っており、自然のスミレ教室に2度も参加して
    近隣に咲くスミレの図鑑も持っていますが・・・
    余程特徴が無いと未だに名がすぐ出るのは5種類くらいです。
    遡って恐縮ですが、私の「スミレの葉菜咲く頃」のblogの『ノジスミレ』の下のスミレはもしかしたらマンジュリカでしょうか?
    以前鉢植えしたのですが、いつの間にか逃げて(?)しまいました。
    何時も見て居たので葉が印象に残っています。

    花より団子!
    オレンジ(バンカン)ピール・凄く上手に出来ていますネ!
    美味しい紅茶で頂きた~い!
    薫り高いロシアンティーにもなりそうですネ。
    2021年04月14日 09:46
  • nobara

      ran1005さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    お花の開花が思いのほか、早いので、追い付きません。
    スミレは難しいですね(*^-゚)⌒☆
    マンジュリカですが上の段はノジスミレですね。
    下はマンジュリカだと思うのですが。すっくと立ちますから
    だけどこれは暴れてしまっています。
    濃いですよね。茎も花も葉っぱも。
    もう一度、見に参りますね~~
    なかなかgetできない晩柑がきましたので
    中身は兎も角、皮がどうにかならないか?と
    頑張ってみました。肉厚でゼリー菓子みたいなのができて
    おすそ分けした友人たちに好評でした。
    また頑張って作りたいと思います((((^Q^)/
    紅茶で戴いた方がいいですね
    2021年04月14日 18:31