◆ 三分一湧水(さんぶいちゆうすい) ◆ そば処・三分一 ソバの花 ・・・ 


 [2463]
三分一湧水(さんぶいちゆうすい)とは、八ヶ岳の懐から湧き出る豊富な水量を誇る湧水で
「日本名水百選」に選定されています。戦国時代の頃、水争いをしていた
三つの村に等配分するために武田信玄が堰を築いたという伝説が残っており、
湧出口の分水枡に三角石柱を築き、三方向に流水を分岐させています
ma2-三分の一湧水a.jpg
ma2-三分の一湧水b.jpg
ma3-湧水の林a.jpg
三分一湧水施設から下流に向かって林を歩きます。

c1-水力発電小屋1.jpgc1-水力発電小屋2.jpg















林の流れの先に水力発電小屋があり稼働していました。
横に説明板も。再生可能エネルギーとして寄与していますね。


ma4-ゆうすい橋a.jpg
そこの少し先にゆうすい橋があり、湧水公園に繋がっています。
橋の上から流れを見ます。小さな滝もありました。

-----------------------------------------------

ma5-aトネアザミ.jpg
タイアザミ(痛薊・大薊)キク科   多年草 
別名:トネアザミ(ナンブアザミの変種) 花期:8-11月 
名前のタイは痛いと書き、確かに刺さると痛いから?大きい薊という意味もある。

ma5-bコバギボウシ・ツリフネ.jpg
❶❷コバギボウシ(小葉擬宝珠)ユリ科ギボウシ属:林内の湿地に生える多年草
ツリフネソウ(釣舟草)ツリフネソウ科:山野の湿地に生える一年草


ma5-cキンエノコロ・メタカラコウ・ダイコンソウ・タニソバ.jpg
キンエノコロ(金狗尾草)イネ科 ❷メタカラコウ(雌宝香)キク科
ダイコンソウ(大根草)バラ科  ❹タニソバ(谷蕎麦)タデ科


ma5-dタウコギ・カナムグラ.jpg
❶❷タウコギ(田五加木)キク科 ❸❹カナムグラ(鉄葎)クワ科


-----------------------------------------------

「そば処三分一」八ヶ岳南麓の玄蕎麦を石臼で丁寧に挽き、
日本名水百選にも選ばれたミネラル豊富な八ヶ岳三分一湧水をたっぷり使い、
職人の手打ちの技で仕立てられた、つややかで細身の美しい蕎麦。
腰が強く喉ごしなめらか、蕎麦つゆとのバランスが絶妙です。
ma1-1三分の一湧水ソバ1.jpgma1-1三分の一湧水ソバ3八ヶ岳の水.jpg
ソバを手打ちするのを見ながら、10割ソバを戴きました。
ココは長坂町で運営しているようです。
道の駅で調達した『元気甲斐弁当』は夜に頂く事にしました。
㊦㊨は八ヶ岳の水が(かけ流し?)蛇口から汲んで頂けるようでした。

ma5-eムクゲ・ブルーキャットミント.jpg
❶❷ムクゲ(槿)アオイ科❸❹ブルーキャットミント(シソ科)・・お店の花壇で・・


-----------------------------------------------

ソバ処なんですね~ この辺りは・・・
ここにくる途中にみかけたソバの畑にお花が咲いていました。
ma6-bソバa.jpgma6-bソバd.jpg
見渡す限り、そば、ソバ、蕎麦 、奥の方まで広がっています。
車から下りて、お花を接写しました。蕊が可愛いです

ma6-aミヤママタタb.jpgma6-aミヤママタタビ.jpg
ミヤママタタビ(深山木天蓼)マタタビ科マタタビ属 落葉蔓性木 別名:夏梅
花をつける、つるの先端部の葉は、花期に白化し、
ミヤママタタビは、その部分が桃色に着色します。
送粉昆虫を誘引するサインとなっていると考えられます。
山地の林縁に自生。ギリギリ見られた?この後、元の色に戻ります。
-----------------------------------------------------------
このあと、連泊のホテルの様子もレポしたいと思います。
野暮用が多くて~今になってしまっています。
もう少し、お付き合いくださいね


゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚



画像を左クリックしますと大きくなります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 長野八ヶ岳ですね。
    中々、精力的に活動されていますね~~~~、さすがです。
    その行動力には、驚愕です、素晴らしい。
    マタタビ・・・実は収穫出来ると良いですねえ。
    焼酎につけてマタタビ酒なんて~のも、良さそうです。
    不老長寿の酒になりそうだなあ。
    ま、これだけ精力的に行動していれば、不必要か!!!
    2019年09月29日 21:38
  • 長さん

    三分一湧水ですか、当時の人の知恵が作ったものですね。髙﨑市には「長野堰用水円筒分水」というものがあり、こちらは4ヵ所平等に排水できるようになっています。作られたのは1962年で、三分一湧水に比べれば新しいものです。
    ミヤママタタビの葉にまだピンクが残っていましたか。葉の先端ですから、ハンゲショウとは反対ですね。
    2019年09月29日 23:38
  • 目黒のおじいちゃん

    nobaraさん、おはようございます。
    昔は何もなかったけれど、今はミニ水力発電に
    長坂の蕎麦まで賞味できるのですか。
    2019年09月30日 05:02
  • 寿々木

    ソバ畑は花が咲くと綺麗ですね。今はソバの花は終わって、稲穂の黄金色が目立つ時期になりました。
    2019年09月30日 17:19
  • 藍上雄

    三分一湧水、争いを避ける為のアイディア、武田信玄さん、中々の物ですね。
    綺麗な水、蕎麦には欠かせない物ですね。
    北海道の蕎麦は、早稲種が多いので、もう収穫始まっています。新蕎麦の季節ですね。
    2019年09月30日 17:23
  • nobara

     温さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    お帰りなさ~~~~い
    先ほどレポート見せて頂きました。頑張って纏められはったんですね。
    八ヶ岳山麓でもこちらは山梨の方です((((^Q^)/
    ミヤママタタビ、急ぎ、車から下りて撮りました。
    実の確認はできずじまいでした。片手落ちですよね。
    かなり広範囲に動きましたので
    なかなかアップがアップアップです
    今月中のアップを目指して~エンジン全開しています。
    この頃? ガタがきています((+_+))
    2019年09月30日 20:30
  • nobara

     長さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    三分一湧水、おそばがお目当てで立ち寄りました。急遽!
    元気甲斐弁当を食べるのは夜に回して~
    夫の蕎麦好きの虫ががぜん動き出しましたぁ~~~
    八ヶ岳の辺りの湧水、かなりいろいろあるようです。
    武田信玄伝説ですかね~ 棒道もあります。
    車を走らせて『あっ!ミヤママタタビーー』って言ってたら
    程よい所で停めてくれました。滅多に協力してくれないのです
    蕎麦畑もしかり!です。やっと停められて~撮りました!
    2019年09月30日 20:38
  • nobara

     目黒のお爺ちゃま・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ココにいらしたことがおあり?でしたか。
    ミニ火力発電は古めかしかったですよ!
    そば処三分一はいつも行列らしいですが?
    この時は許せる範囲でしたので夫も大喜び!
    おかげでこの日の夜の食事の心配もなくなりました。
    元気甲斐のお弁当がありましたから((((^Q^)/
    2019年09月30日 20:43
  • nobara

     寿々木さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    見渡す限りソバの畑で花盛りでした。
    そば処三分一は店内でソバ打ちしてるのを見ながら
    美味しく頂きました。
    2019年09月30日 20:46
  • nobara

     藍上雄さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    三分一湧水、武田信玄逸話ですね(*^-゚)⌒☆
    このような信玄さんに纏わる話がいっぱいあります。
    見渡す限りのソバ畑でした
    そろそろ新そばがいただけるのでは?と、思います。
    北海道もソバの栽培が盛んらしいですね(*^-゚)⌒☆
    2019年09月30日 20:50
  • yoppy702

    三分一湧水かどうかは記憶が???なんですが、水争いをしていた村に、打開策として均等配分するために水路を作ったという話は聞いた事があります。
    さすが信玄公ですね。
    この水路は、当時の現存なんですか?

    小型の水力発電を設置してる所は見た事があります。
    大きな電力は無くても、わざわざ遠方(?)から電線を引いてこなくても電気が利用できるのがイイですね。

    エノコログサの黄色(黄金色)のは、キンエノコロと呼ぶんですね。
    エノコログサが色づいたんやと思ってました。(^^ゞ

    「そば処三分一」さんは、期待どおり(?)、三分一湧水を使ってるんですね。
    つややかで細身ですか…
    その表現だけで食べたくなります。(^^)
    2019年09月30日 23:59
  • ran1005

    三分一湧水のコースを取られたのですネ。
    この地方は何方もそば打ち名人です。
    八ヶ岳縦断道路の原村寄りに「おっこと亭」と言うそば処が在ります。(道路沿いに看板が出ています。)
    此処では蕎麦打ちも体験でき、地元のお母さん方が指導に当たって居ます。(やはり、村営です。)
    何時かまた八ヶ岳においでになった時には是非ご自分で打つ蕎麦の体験を一度お試しになってみてください。
    良い思い出になること請け合いです!
    引き立て、打ち立て、茹でたてが(俗に言う3たて)頂けます。
    自分で打った蕎麦は特別な味がしますヨ
    八ヶ岳縦断道路は紅葉も素晴らしく、森のキノコも沢山とれ、寒くはなりますが自然の美しさには変わりありません・・・。
    2019年10月01日 08:05
  • nobara

     ran1005さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ほんと~この辺りは何処もソバ畑ですね。
    その光景が好きです。
    以前、クリスタルラインの畑の中に美味しい蕎麦屋(民家みたいな)がありました。縁側みたいなところで戴いた事も。山からの水の引いてある壺?のなかには岩魚が泳いでいたことがあります。
    北斗はそば道場もおおいですよね(*^-゚)⌒☆
    引き立て、打ち立て、茹でたて(俗に言う3たて)
    蕎麦好きの夫は『堪らん』と蘊蓄垂れていました((((^Q^)/
    八ヶ岳銃弾道路や広域農道、村の駅(道の駅ならぬ?)あたりを覗きながら
    はしるのも大好きな時間でした。
    紅葉の頃もいいんでしょうね
    2019年10月01日 08:35
  • nobara

     yoppy702さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    お返事が後先になってしまいました。すみませんm(_ _)m
    武田信玄に纏わる逸話はいろいろ~ありますね。
    信玄堤だったり棒道だったり、
    三分一湧水、現存です。歴史が感じられました。
    究極のエコですよね。小型水力発電!!
    キンエノコロやムラサキエノコロとかありますね。
    店内の一角でソバ打ちなさっていました。
    いつもはかなり並ぶらしいですが?
    タイミングが良かったらしく、ほどなくありつけました。
    天ぷらは車酔いが酷くなってはと控えました
    2019年10月01日 08:42
  • コスモス

    三分一湧水とは素晴らしいものを造ったものですね。
    10数年前に雨がかなり降っている時に行きました。
    そこだけ見ましたが、近くには湧水公園があるんですか。
    また行ってみたいです。
    ソバの花って近くで見たことないかもしれません。
    2019年10月03日 19:34
  • nobara

     コスモスさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    三分一湧水にお出かけになった事がおありですか?
    水力発電横にゆうすい橋があり、渡った先に公園がありました。
    この蕎麦屋さんはなかったかも?知れませんね~
    長坂あたりはお蕎麦屋さんだらけです。
    その時期はおそばの花盛りでした。
    どうしても近くでお花を撮りたくなります
    2019年10月04日 07:41