◆ 野川自然観察園② ◆ 木道 池 シュロソウ シュウカイドウ ヒオウギ etc


 [2443]

野川自然観察園国分寺崖線(ハケと呼ばれる河岸段丘)に沿った長細いエリアで
野川沿いの小道とはフェンスで仕切られています。 崖下からは湧水が湧き出ており
流れや池や湿地のエリアは、木道の観察路になっています。
ここでは水辺を好む山野草の群生が見られます。

ma3-自然園b.jpg
自然観察園内、広めの木道があったり、小さな小川もあります。

ma3-自然園dかがみ池瓢箪池.jpg
かがみ池瓢箪池(ほかにもあか池はす池などあります)

ma4-シュロソウa.jpg
シュロソウ(棕櫚草)ユリ科シュロソウ属   多年草
湿り気のある場所に生えることから、湿原では良く見ることができる。
シュロ(棕櫚)の名前は シュロ の幹の周りに付く毛のような皮に似たものが、
葉の根本の葉柄(さや状に葉を包んでいた柄)が腐りシュロに似た毛になる事から


ma3-シュウカイドウa.jpgma4-シュウカイドウb.jpg
シュウカイドウ(秋海棠)シュウカイドウ科
シュウカイドウ属(ベゴニア属) 多年草
ヨウラクソウ(瓔珞草)、相思草、断腸花、八月春、とも呼ばれます。
夏から初秋にかけて草丈 70cm 前後に生長し、扁心形で左右非対称の葉を互生させる
見渡す限り繁茂。我が家にもあるけれど自然の状態はこうなんだ~(― ―*)。。oO


ma4-センニンソウa.jpgma4-センニンソウb.jpg
センニンソウ(仙人草)キンポウゲ科センニンソウ属  多年草
日本各地に分布し、日当りの良い山野に多く見られる、つる植物
花弁に見えるのは萼片。本当の花弁はありません。
果実には白い毛があり、それを仙人のヒゲに見立てました(花期:8-9月)

ma4-ヒオウギa.jpgma4-ヒオウギb.jpg
ヒオウギ(檜扇)アヤメ科アヤメ属 多年草 <従来は ヒオウギ属>
京都の祇園祭には欠かせない花で、時期が来ると軒先などにヒオウギが飾られます。
厚みのある剣状の葉を左右交互に出して行儀よく二列に並び、扇のような姿に。


ma5-キツネノカミソリa.jpg
キツネノカミソリ(狐の剃刀)ヒガンバナ科  多年草
山野に生える 高さ30‐50㎝ 葉の形をカミソリに例えたらしい・・

ma4-ヤブミョウガa.jpgma4-ヤブミョウガb.jpg
ヤブミョウガ(藪茗荷)ツユクサ科ヤブミョウガ属 多年草 
花期:8-9月 球形の液果が段々に着き、藍紫色に熟します。
ココではすでに液果になったり、咲き始めの花が有ったり、大群生です


ma4-ヤブラン1.jpgma4-ヤブラン2.jpg
ヤブラン(薮蘭)ユリ科ヤブラン属  多年草   
山野の木陰に生える。葉は根生し、長さ30~60㎝、幅0.8~1.2㎝の線形
花茎は30~50㎝。淡紫色の小さな花が穂状についています
園芸品種では斑入りの葉のものもあり、花がない時にも観賞できます

-----------------------------------------------
どの花も半端ない群生です。ヤブランの所に(の-3)とありますね。
観察センターの花のマップの目印です。(は-1)とか。
-野川-ハケと思われます。それが園路表示板(地番)みたいです。
それが月別の観察順路図で見逃しがないようにプリントされてます。
もう少し、あります。続きを仕立てています。

゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚

画像を左クリックしますと大きくなります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 野川自然観察園、やはり武蔵野台地が残されている感じで良いですね。
    このような場所を後世に残していってほしいですね。
    園路表示板(地番)があって、管理もしっかりしていますね。
    木道で環境に配慮されていて、散策もしやすいですね。
    湿地のエリアでは、ホタルやトンボさんに楽園?ですかね。
    メダカのような小魚もいるのかな?そしたら、カワセミのような
    鳥もくるしね。
    2019年08月28日 09:39
  • 寿々木

    シュウカイドウの大群生、こんな光景に出合ったことありません。ヤブミョウガは花と実が共存する株がありますね。ヒオウギがまだ咲いてましたか、実が爆ぜる頃取れるヌバタマを乾かぬうちに土に埋めると発芽します。
    2019年08月28日 09:45
  • みなみ

    自然観察園ですね~。すべての植物の群生がみられて迫力ありますね。緑の中を木道を通ったり川沿いを歩いたりと気持ちも穏やかになりますね。ヒオウギの花、祇園祭の前夜祭に行きましたが飾られていました。ヤブミョウガの群生、以前指摘されて覚えました。
    人影も少なそうで独り占めされていますね。
    2019年08月28日 09:46
  • 長さん

    シュロソウは濃い赤紫の花でちょっとギョッとする色ですね。毒草ですから気をつけないと行けませんね。
    一昨日のウォーキングで、シュウカイドウの心当りを探しに行ったのですが、全て刈り払われたのか、見当たりませんでした。
    センニンソウも今が旬ですね。今日の記事に、つくば植物園のキイセンニンソウを投稿しました。
    ヒオウギが咲き始めましたか。
    一度、noba旦さんのPCでブログアップをしてみたら如何でしょう。正常な動きなら、nobaraさんのPCが異常ということになるでしょう。
    2019年08月28日 12:44
  • yoppy702

    「どの花も半端ない群生です。」
    ホンマ、素晴らしいですね。
    どう見ても、人の手が加わった所とは思えません。
    木道の画像は別ですけど。(^^ゞ
    センニンソウの一枚目の写真の奥に写ってる白いのもセンニンソウですか?
    やったら、スゴイ事になってたんですね。
    シュウカイドウも一杯。
    もう、唖然…です。(^^ゞ
    2019年08月28日 23:45
  • 目黒のおじいちゃん

    nobaraさん、おはようございます。
    開花情報がいただけるのは有り難いですね。
    広いところのようで、散策が楽しそう😋
    2019年08月29日 05:35
  • nobara

     温さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    野川自然観察園、そうなんですよ!
    武蔵野台地が残されています。しかも崖線絡みの。
    サービスセンターによってその時期のプリントが出てます。
    樹木観察マップなどもいろいろ用意されています。
    蛍は現に飛んでいます。魚影は確認していませんが・・
    釣り糸垂れてるひとも居ますけどね(川では)
    カワセミは確かに居るようですよ! 
    2019年08月29日 12:45
  • nobara

     寿々木さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    シュウカイドウ、凄いでしょ\(◎o◎)/
    我が家も相当、蔓延っていますが、こんなに力強くないです。
    ヤブミョウガは花から実になってるのまでかなり繁茂しています。
    ヒオウギも林のなかでは目立つお花ですよね(*^-゚)⌒☆
    2019年08月29日 12:48
  • nobara

     みなみさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    自然観察園です。お仕着せではない自然のまんまです。
    少しひんやりした林内を歩くのは気持ちいいです。
    それになんといっても人が居なくて~二人占め?(笑)
    ヒオウギ、わたしも祇園祭でいろんなところで見ました。
    奈良から京都に駆け付けた日を思い出しています。
    やっぱりあの頃は若かったな~って(― ―*)。。oO(笑)
    2019年08月29日 12:54
  • nobara

     長さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    シュロソウですが、麦草苑地では今頃真っ盛り?でしょう。
    赤紫の花で異質な感じがしますね~
    シュウカイドウは御岳でもそうでしたが
    元々は山野に自生してるものなのですね~
    我が家もいろんな鉢から出てきています。ムカゴから出るのかしら。
    センニンソウは玉川上水道が覆われています。
    pcの件ですね~ 今、管理者に問い合わせています。
    油断ができない感じで、スリル満点ですよ。
    うっかりPCの電源を落とせません
    2019年08月29日 13:01
  • nobara

     yoppy702 さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    半端ない群生 なんですよ!
    外来を排除するくらいはしますが、基本的にまんま~ですね。
    センニンソウでいうなら玉川上水が真っ白くなっています。
    シュウカイドウ、凄いことになっています。
    これもムカゴで増えるのでしょうね。我が家もそうですから。
    2019年08月29日 13:06
  • 藍上雄

     センニンソウ沢山花が付いていて綺麗だと思います。キツネノカミソリやヒオウギアヤメ、夏の終わりには欠かせない花で魅力的だと思います。
     野川自然観察園には、沼や池に成った湿地が沢山ある様ですね。自然といろいろな動植物集まって来るので、良い場所ですね。
    2019年08月29日 14:18
  • nobara

     目黒のお爺ちゃま・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ここにさえ辿り着ければ、意外に園内は歩きやすい方です。
    かなりのご年配と思しき人がイヌゴマを熱心に撮って見えました。
    杖を使っておいででしたがおおきなカメさんを駆使してらっしゃいました。
    ジムの友人たちは早朝、この辺りを散策するんだそうです。
    自然園には入らずともその周りでも楽しいと話してます
    2019年08月29日 15:21
  • nobara

     藍上雄さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    センニンソウは我が家近くの玉川上水も雪のように覆い被さって
    咲いています。花の時もそのあとの仙人の髭の時も綺麗です。
    野川自然観察園は湧水の沼や池なんです。
    水はかなり綺麗です。立ち入れないサンクチュアリもありますが
    観察園外の川(野川)では水遊びを楽しむ人も多いです。
    2019年08月29日 15:26
  • 花咲か爺

    センニンソウ、今年は、まだ見ていません。キツネノカミソリ、シュロソウ、六甲でも咲いていました。同じような気候なのでしょうか、六甲の
    気温は出かけた日の昼ごろ20℃位でした。
    2019年08月29日 15:39
  • yasuhiko

    センニンソウがすごい事になってますね。
    シュウカイドウもこんな風に繁茂するのかと
    ちょっとびっくりしてしまいました。
    野川自然観察園、ずっとご無沙汰してますが、
    また機会を見て出かけてみようと思います。
    2019年08月29日 15:46
  • nobara

     花咲かお爺さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    センニンソウ、今年まだ見られてませんか?
    我が家の近くの玉川上水は白い雪が降ったようになっています。
    六甲は20度でしたか?
    この日、ここはもっともっとあったと思います。
    INS(自然教育園)でも他の庭園でも同じような花が咲いていました。
    2019年08月29日 16:47
  • nobara

     yasuhikoさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    センニンソウ、野川からも見られる位置に乱舞してました。
    シュウカイドウの大群生もすごい光景でした。
    野川自然観察園、ほんとに手つかずの自然を装っていますよね。
    春のホタルカズラなども凄かったです。
    これからはミゾソバなどが見られるかも知れませんね。
    2019年08月29日 16:52
  • コスモス

    仙人のお髭ができる前ですね。
    花弁の見えるのは萼片で本当の花弁はないんですか。
    こういう植物って多いですよね。
    ヒオウギの実の中にできる黒い種は、万葉集に出てくる「ぬばたま」ですよね。以前レポートしたことがありますが、もう少ししたらできるでしょうか。
    ヤブミョウガの実が色づき始めましたね。


    2019年08月30日 11:35
  • nobara

     コスモスさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    仙人のお髭の頃もいいですが、そのちょっと前の姿です。
    ヒオウギ、中の実はぬばたまっていいますよね。
    万葉の頃の女性の長~~い黒髪をぬばたまのと形容しますね。
    ヤブミョウガ、花あり実あり混在の姿でした。
    花期がなが~~~いですね
    2019年08月30日 13:40