◆◇ 下関・唐戸市場~門司港レトロ~◇◆…シレネ・カロリニアナ etc…

画像画像









湯田温泉界隈をたっぷり楽しんだ後は、ひたすらR9号を走って下関に向かいます。
関門大橋をくぐると(写真①②)海岸線をひた走ります。唐戸市場は関門海峡に面した所にあります。
お目当ては唐戸市場 で ランチをする事!って決めていました。
こちらのテレビ西日本(TNC)の番組「ももち浜ストア」 でなんども見せられて?いましたから・・(笑)

画像
唐戸市場はふぐの市場としてはもとより、タイやハマチの市場としても有名です。また、地元の漁師さんたちが獲得したり育てた魚も直接販売しています。地方卸売市場としては全国的にも珍しい販売形態を行う市場です。農産物の直売所もあり漁業者や農業者が軒を並べて販売しています。 また、あらゆる食材を取り揃え、総合食料品センターとしての役割も果たしています。
…パンフレットより…


画像事前に調べていったのですが・・
曜日と時間によっては
ヒョッとして終わってるかなと
考えられてヤキモキしましたが。
頑張ってPM2時頃には入れたのでOKでした。

画像



フグ汁には小さいけど丸のままが3匹も・・
私は好きなお寿司を幾つかチョイス。
noba旦は海鮮丼。 市場の中で戴きました。
お腹、ペコペコだったので、すっかり
デジるのを忘れていました。

<唐戸市場発祥100周年>
 唐戸の桟橋通りの道幅は八間(12.5メーター)くらいあって相当広かったが混雑をきわめ、そのため馬車の交通はもちろん、一般の交通も非常に妨害され、支障を来しはじめた。市および警察では路上販売を厳しく取り締まり、この行為を脱廃しようとしたが、到底困難であるため、むしろこれを制限公認したほうがよいということになり、明治42年(1909)7月22日、市で道路使用の許可を得て、市条例を制定し、唐戸の一定区域を市場取引の場所とした。(下関市史より)

画像

唐戸市場では中で調達して外で食べてる方も大勢。
景色も対岸の門司や関門大橋が見えて
お天気も良かったので皆さん、気持ち良さそうでした。

画像






唐戸市場の一隅に「聖フランシスコ・ザビエル下関上陸の地」の
碑が建っていました。1550年11月頃に
ザビエルが下関に、上陸した事を記念しているそうです。
サビエルとザビエル??どっちが本当? あえて、呼び名を変えてる? 混乱しますね~

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

唐戸市場でフクを? たらふく堪能した後は・・見えてる関門大橋ではなく 関門トンネルを潜って
対岸の門司に渡りました。 ここの潜り口が不案内で相当苦労しました。
結果、潜る為にはかなりの距離を要するって事でした。垂直って訳にはいかないですもんね^^;

画像画像









「恋人の聖地」に認定の跳ね橋は 1日に6回開閉します。このことを失念して 帰る時、大変でした。

画像

~~  ~

画像画像









建築家・故・黒川紀章氏の設計した「レトロハイマート」の31階は「門司港レトロ展望室」です[写真左端]
北九州を旅行した山形ママンもココで落日を楽しまれましたね。『写真にカーソルをあててみてね』

画像画像










旧門司・三井倶楽部は三井物産の接客・宿泊施設として建築されたもので アインシュタイン夫妻も宿泊。
2階にはアインシュタインメモリアルルームと林芙美子の資料室もあります。
[左]は8角形の塔屋と鮮やかなオレンジ色の外壁が目印の 旧大阪商船 です。

画像大正3年(1914)に旧門司駅として開業。左右対称の駅舎はネオ・ルネッサンス様式の木造建築。昭和63年に
鉄道駅舎では初の国の重要文化財に指定されました。
構内を覗いてみましたら、電車に『折尾』行きの表示が。
私は父が亡くなる5歳までの数年間を この辺りで

画像




生活していたみたいです。亡母の口からこの『折尾』
らしき名前を聞いた事があるような

画像父母亡き、今となっては
それを確かめる術はありませんが・・・・妙に郷愁を感じて立ちつくしておりました。
画像切符売り場も 古い感じそのままに
現に使われています。 ⇒⇒⇒⇒⇒⇒

←←サルビア・ネモローサ
<シソ科 サルビア属>
耐寒性多年草なので
宿根サルビアとも云われます。


―――――――

画像淡いピンクの壁とロゴが可愛らしい小さな建物
昭和37年(1962)に竣工された
英国・スコットランド系の会社。
ホームリンガ商会です。
現在も使用されています。
見学は外観のみですが
エンブレム好きの私には とても興味がありました。
画像



―――――――

画像門司港レトロ展望台のあるレトロハイマートの
真ん前に国際友好記念図書館があります。
1階は雰囲気のあるレストランです。
2階は図書館、3階は資料室です。

↓図書館のホワンとした灯りがレトロ~な感じィー
画像

―――――――

画像画像画像









シレネ・カロリニアナ=ナデシコ科 ★半耐寒性 多年草 花だけ見たらムシトリナデシコそっくり。
ツルニチニチソウ=キョウチクトウ科 ●耐寒性多年草 この種の小型のヒメツルニチニチソウも有る。
ヒラドツツジ(白)=ツツジ科★ 平戸ツツジは花が大きくて華やか。生け垣に多く咲いています。

―――――――

画像


かつて貿易港として繁栄した門司港は多くの歴史的建造物が残り、懐かしい風景と

関門海峡を望む雄大な景色、そしてグルメが楽しめるスポットです。

マップを片手に気の向くまま散策して門司港レトロを満喫しました。
ガイドマップの文言を拝借ーー

さぁ~たっぷり楽しみました。ナビを我が家にセットして 下の道を帰ります。
かなり手間取ってしまった今回の旅のレポート、これで終わりです。
ココまで見て戴いてありがとうございました。
又画像の引っ越しをしながらぼちぼちと頑張ります。お疲れ様でしたぁ 







記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
より詳しい説明がそこで見られる様にしてあります。クリックして見て下さいね
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 花咲か爺

    下関、門司方面にはまだ行った事が無いのですが
    今度、故郷へ行く時には其方方面まで足を伸ばしたい・・
    そんな思いで読ませて頂きました。
    nobaraさんも山口には少なからずのご縁が有ったのですね。
    又、又、おいでませ・・山口へ。
    2009年05月16日 16:34
  • 目黒のおじいちゃん

    遠い記憶が不思議と甦ってきて(あれこのあたり来たことがある......)なんて
    感じることがたまにありますね。ご両親が呼んでくれたのですよきっと。夢中になって写真撮ることを忘れることもお互いありますよ。おじいちゃんもねむの木の庭に行った帰りに庭園美術館に立ち寄って金田中でお茶したとき、同行された正田家ゆかりの方と夢中になって話し込んでしまって折角の珍しいデザート撮るのを失念してしまって食べ終わってからみんなで大笑いです。ちなみに説明いたしますと平角皿にるプリンを流し込み上にリンゴの薄切りを並べて粉砂糖をかけ
    バーナーで焦がしたもの。メニューは「焼きリンゴ」とかかれていました。
    2009年05月16日 18:52
  • 森の生活

    広い唐戸市場でのランチ、おいしそうでした。
    国際友好記念図書館の雰囲気が落ち着いていいですね。
    楽しい旅のレポートをありがとうございました。
    2009年05月16日 19:18
  • 目黒のおじいちゃん

    三井倶楽部の建物ですが昨日見た古河庭園の洋館とよく似ています。パンフで設計者がわかりましたら教えてください。
    2009年05月16日 19:41
  • 長さん

    門司・下関も見どころが多そうですね。下関のフグは有名ですが、門司にこんなレトロな街があったなんて知りませんでした。
    2009年05月16日 21:14
  • nobara

    ◆ 花咲かお爺さん ◆
    下関&門司も港町です。♪港町~13番地~♪ひばりちゃんの唄も…
    是非に唐子市場にも入らして下さい。(営業日と時間にご注意!)
    おいでませ。山口へ~m(_ _)m は素敵な言葉ですね。
    西の京を実感しました。下関も門司も今は超ー便利ですね。

    2009年05月16日 22:00
  • nobara

    ◆ 目黒のお爺ちゃま ◆
    私の5歳までの記憶はまったく失せています。ただ父の葬儀は合同(13人)でしたので子供心に派手やかな気持ちになって弟とはしゃいでいたそうです。ソレを見て参列の皆さんが涙されたやに、聞いています。福岡に転勤になって、損時の事を母からききたかったなと悔やまれます。母のお喋りにこの辺りの地名が出た事があったような・・今となっては忘却の彼方です(-_-;)
    メレンゲの上にスライスしたリンゴを載せガスバーナーで焼いたようなデザートを食べた事がありますが・・(有楽町の交通会館の展望台だったかしら?)
    唐戸市場は美味しいけれど食の空間は戴けませんね。
    写真撮ってもupできなかったかも・・(^O^)


    2009年05月16日 22:07
  • nobara

    ◆ 森の生活さん ◆
    唐戸市場は味は最高に良かったです。2階の回転鮨コーナーは長蛇の列でした。もう待てなくて市場の中で調達でしたから・・もっと食べる所を整備すればいいのにと思いますが。時間を争う市場の中ですから 贅沢は言えませんね。
    図書館の灯りは そこで読むには手元灯が要りますね~きっと。
    ながながとしたレポートおつき合い戴きありがとうございます。
    2009年05月16日 22:12
  • nobara

    ◆ 目黒のお爺ちゃま ◆
    古河庭園と似ていますよね~その頃の流行りみたいなのもあったのでしょうか。そちらは 明治から大正にかけて豪邸建築の第一人者と いわれた 英国人・ジョサイア・ コンドル博士設計とかで。 こちらの旧三井倶楽部の設計者したのは 松田昌平氏。大手建築事務所の「松田平田設計」の創業者の一人だそうです。
    松田 昌平(まつだ しょうへい・1889-1976)氏は直方生まれで門司港を拠点に活躍した建築家。弟の松田軍平氏も色々手がけています。
    私はちっとも判りませんがその道では高名な方なのでしょうね。
    あと石橋邸も手がけられたとか・・ブリヂストンの・・
    2009年05月16日 22:26
  • nobara

    ◆ 長さん ◆
    1988年から整備を開始したらしいので歴史はそう古くはありません。ちゃんと整備されて いくらも経ってないですよねーーhttp://www.retro-mojiko.jp/門司港レトロ情報のサイトで詳しく判ります。下関は河豚のことを“ふく”福?と言いますね~下関&門司はセットで楽しむのがいいかも(*^-゚)⌒☆ 
    2009年05月16日 22:35
  • シーちゃん

    歴史・風景・花と食 ふんだんに盛り込んだ素敵な旅行ですね。
    下調べが行き届き一般的な観光旅行ではない素敵なコースに脱帽です。
    そこへもってnobaraさんのまとめのすばらしさ最高です。
    2人の充実した休日を満喫されたようですね。
    2009年05月16日 23:56
  • 山形ママン

    nobaraさん

    市場うらやましいですねぇ。よかったですね、食べられて!!
    旦過市場は食べられませんでしたので、うらやましい~~
    海峡の向こうからトンネルで来たんですね。
    門司港の建物や景色の写真とてもきれいです。
    御紹介ありがとうございます。
    ま~そんな思い出のある地でしたのね。
    駅もよくそのままになっているというくらい、いい雰囲気で、このまま何時までも残って欲しいですね。
    ほんとに、素晴らしい旅行でしたね。
    ありがとうございました、こちらも歩いたような気分になりました。
    2009年05月17日 08:20
  • nobara

    ◆ シーちゃん ◆
    ありがとうございます。いきあたりばっ旅なんですよ~
    「るるぶ」と「サライ」を参考にしました。あと映画や小説の舞台?
    そして現地での足の利便性も。あとで直ぐ近くにまだあったァーと思う事もしばしばですが。調べて後になって納得って事もありますね。
    どなたかがどこかに留めていただいててお訪ねになった時の参考になれば嬉しいのですが・・編集は調べながらの同時進行ですので時間ばっかり掛かります。盛りだくさんなので本人も疲れますが、皆さまにもご迷惑かと思います。しかしこれは私の絵日記?になっています。おつき合い戴きありがとうございます。
    2009年05月17日 09:22
  • nobara

    ◆ 山形ママン ◆
    今日は久しぶりに小雨が降っています。ここのところお天気が良かったですからね~ 映画の予定にしていましたが・・雨の時は中止。キャナルシティまで行く気になりません。ならばと、夫は急ぎの仕事を片づけに会社に。1:00にジムの近くでランチの約束したのでその後はジムでエアロやります。

    ママンとダディの門司での過ごし方はロマンチックでしたね。
    お二人の雰囲気にぴったりですヘ(^o^)/
    我が家は凡そ、かけ離れてますので専ら歩くのみ~~失敗は・・恋人の聖地の跳ね橋が開いたので、大回りして車の所に行く羽目になりました。私のうろ覚えの記憶の解明は、ず~とこのままって事になりそうです。JR鹿児島線とJR筑豊本線の交差する辺りに何かが有るみたいですが。門司港のレトロな館の中にもお食事所あったのですが下関の唐戸でランチ済ませていたので残念でした。
    2009年05月17日 10:20
  • tabibito

    お疲れ様~~。これはnobaraさんにもですけれどnoba旦に心より言っています。
    都合何日間の旅行だったのですか?ブログそのものは7回の連載でしたが?
    こんな質問変ですかねェ~、と言うのは寄る年波には勝てずに?対馬から帰った後風邪をひいて未だに体調が元に戻らないものですから。
    まだお若いお二人ですが老爺心ながら気にかけております。
    2009年05月17日 12:04
  • nobara

    ◆ tabibitoさん ◆
    ありがとうございます。noba旦にまで労いを戴きまして…(^O^)
    ブログは 地域別に纏めました。全3日間の行程なんですよ(-_-;)
    例によって写真・満載ですしね~ ごちゃごちゃするかなと
    グループを分けましたが 実際に歩くより時間が掛かりました。
    帰ってきましてもず~と予定が詰まっていました。
    時間があればジムにも行って鍛えて?いますし・・・
    画像置き場もパンクしていますので引っ越ししながら
    ならば写真を減らせばいいものを・・それも出来ずです(-_-;)
    画像は3000枚で満杯。別ファイルに引っ越ししてスペースをあければ何とかやれそうです。データ量はこの分だとあと60年は大丈夫?そうです。画像の割にデータ量は少ないのです。体調はどうにか維持しています。
    なにやらそちら方面。例の新型のインフル・・が心配ですね~
    あまり人混みに行くのは避けてくれぐれもお気を付け下さいね。
    今もテロップ流れて52人が罹患ですって@@/タイヘンダーー
    2009年05月17日 22:07
  • Akira

    さびえる碑 本州西端 そびえる日
    2009年05月17日 22:16
  • おばブー

    門司港レトロ、しっかり楽しませていただきました~♪
    今回の旅でも大活躍のお二人を想像しながら見させてもらいました。お天気にも恵まれて、リフレッシュできたでしょうね~。行ってみたい場所が続々登場したので、いつか出かけるときはしっかりこのコースも参考にさせてもらいますね。
    2009年05月17日 22:43
  • nobara

    ◆ Akiraさん ◆
    ぁはは^☆ なるほど・・・そうきましたか・・・
    サビエルと ザビエルなにが どうちがう ??????
    関門海峡、関門大橋と関門トンネル、経験しましたデス。
    今度は歩いて渡りたいです。
    門司に置いてちょっと下関までってね。(^O^)
    2009年05月17日 23:41
  • nobara

    ◆ おばブーさん ◆
    門司港レトロ、実際に使われているんですよ。
    門司港駅なんて、このまんまで営業していますもんね。
    お天気が良かったのが何よりの馳走でした。
    門司港レトロに山形ママンの夕暮れ時のカフェもいいかも。
    そのためには近くに泊まらなきゃーなりませんね。
    「るるぶ」も参考になりました。←だけど時折違う記載がある?
    おばブーさんの所は新型インフル?←大丈夫ですか?
    2009年05月17日 23:46
  • makityuuすみれ

    おやっとさあー。まこて、元気なこっじゃが!
    関門海峡は修学旅行で歩いたよね!薄暗いトンネルを皆で歩いたね!

    山口は、私にとっても思い出深い地です。21年前山口の体育館で主人が倒れ、大阪国立循環器病院まで移送する6ケ月間を、山口日赤にて闘病していました。
    私にとっては、辛く悲しい思い出ですが、周りの人々の温かい励ましや、労わりに涙した地でもあります。山口市は小京都と呼ばれている地らしく、穏やかな静かな癒しの地です。人々も本当に親切でどれだけ癒されたか解かりません。

    nobaraさんも折尾で生活した事があるんだね!人生って判んないよね!でもそれが、彩りや明暗を作っていくんでしょうね。

    ご主人をてねんしゃんせ!
    いつかみせっくいやん!
    だれんごと!
    2009年05月18日 13:48
  • nobara

    ◆ makityuuすみれちゃん ◆
    またまた、アイガトな~ 
    今日は魔の月曜日、ジムでエアロ→ABC(バイク漕ぎながら筋トレ)→バランスボールをこなしてきたんですよ。仕上げのサウナとお風呂でぐったりィーー
    関門トンネル、歩いたんだっけ? その頃は大橋はなかったよね?
    まったく、記憶が途切れチョイがよ~~ぁはは

    そうだったのね。山口日赤で6ヶ月も・・
    そんな事があるとまた思い入れもかなり違いますよね。
    ほんとに大変だったね~~よく頑張りましたね。
    その後の事も・・少しお聞きしましたが・・想像を絶しました。

    折尾なのか?どこなのか?今となっては判らないけど・・
    その近辺のJRだと思うんだけど。こんなに何も判らないなんてね。

    はい、noba旦をてねんしますね~今日も熊本に泊まりで行きました。
    早朝だったので起きるに及ばず!でしたので言葉に甘えました。
    東京からの社長と同行らしいのできっと気を遣うんでしょうね。
    はいはい、だれんごとしもんそ。あなたもね(*^-゚)⌒☆
    2009年05月18日 17:39
  • おばブー

    旅行本の中身をあまり期待しすぎても・・・ってことは、今までに十分経験済みです~~
    新型インフル・・・こちらのほうはまだ落ち着いていますが、奈良でも疑いのある人の数が尋常ではないですね。元気者でもウィルスには叶わないだろうから、予防しなくっちゃと思っています~。とりあえず、手洗いうがいは欠かせませんね・・・マスクもね・・・
    2009年05月18日 18:12
  • nobara

    ◆ おばブーさん ◆
    旅行本に限らずお花の図鑑でも時に ン?????と首を傾げる事って多いですね。でも大まかでは・・助けにはなりますから・・・
    新型インフル、幸いに私世代は幾分大丈夫?かと思いつつ・・
    少しパニックの様相を呈してきましたね~~
    空気に戸は立てられませんから・・仕方ないですが。
    海外渡航経験者ではないのが 裏目に出てしまったのでしょうか・・
    検疫漏れからこんな風に蔓延ったのかしらん。
    日本全国に蔓延するのも時間の問題になっていますね。
    私はCOOPでマスクを箱で用意→例の感染列島の映画を観て直ぐ・・
    食料も冷凍庫にいっぱいですが。何が有るか判りませんよね~^^;
    2009年05月18日 19:41
  • よりじょん。

    ずいぶん回りましたねえ^^
    レトロ感出てますねえ、一度行かんばと思ってるとこです。
    が、忙しくてなかなかです。
    追記
    木の花の名前が解りません。秋には、葉っぱが赤くなる木です。
    甘い香りのタイトルつけてます。よろしくお願いします。
    2009年05月18日 21:01
  • nobara

    ◆ よりじょん。さん ◆
    我が家のスタイルです。ここぞとばかりに回りまくる悪い癖です^^;
    門司港あたりは随分変わったと、夫も述懐しています。
    レトロ感も出ていますが、現に使われているのがいいですよね。
    門司港駅に不思議な郷愁を感じました。
    今。見てきました。イボタノキもしくは西洋イボタノキですね(*^-゚)⌒☆
    甘い香りがしてお花も可愛らしいです。ネズミモチとは非なるものですね。
    ライラックの台木にも使われる事が多いです。丈夫なんですよね。
    2009年05月18日 23:27
  • ran1005

    懐かしい!
    実は次男が受験する時に唐戸市場のすぐスバのホテルに泊まりました
    今思えば馬鹿げていますが次男が受験したのは宇部でした
    試験場を下見した後私は秋吉台や瑠璃光寺を見物し唐戸のホテルで合流しました
    もう2度と御縁がないかも知れないけれど「福」にあやかりたいと沢山のフグを市場で調達して帰宅してフグ鍋を楽しみました
    縁あって次男は山口に未だに残っています(笑)
    地元の方と結婚しましたので長野に帰省するのは今は夏休みだけです
    毛利さんは京を摸して瀟洒な建造物を残したのですネ
    日本の西の果てと言った印象ですが人々の情熱は熱く色んなシーンで驚かされる事が多い場所でした・・・
    blog拝見していてまた行ってみたくなりました!
    湯田温泉は大学の教養学部が近くにありたびたび家族で出かけました
    信州とは一味違ったひなびた印象がとても懐かしい場所です

    2009年05月19日 06:03
  • nobara

    ◆ ran1005さん ◆
    殊の外、ranさんには懐かしい所でしたか・・・
    唐戸市場は旅行を計画した当初から予定に組み込みましたが 果たしてランチ時に滑り込めるかという懸念がありました。半分以上は店が閉まっていました。それでも思い思いにありつけて良かったです。山口は「ふく」って呼びますね。次男さんの受験に同行なさったのですね~お優しい母君ですね。湯田のあたりは学園都市みたいな感じでしたね (*^-゚)⌒☆ 今、親しくしてる方も九州・山口を転々となさった方で話が弾みました。信州も素晴らしいけれど長州もですねヘ(^o^)/
    2009年05月19日 09:55
  • よりじょん。

    nobaraさん、ありがとうございました

    私の勘違いでニシキギが赤く染まるんでした
    全部検索して、ネズミモチの花でした。
    お騒がせしてすみませんでした。
    ありごとうございます。これからもよろしくです
    2009年05月19日 10:00
  • nobara

    ◆ よりじょん。さん ◆
    ネズミモチ・トウネズミモチは常緑樹ですから・・・・
    その中まで紅葉して(落葉する?)のは何だろって悩みました。
    イボタノキなら・・その条件に?かなぁ~と。
    紅葉して落葉?が無ければ・・考え方が変わったかな?ぁはは
    ネズミモチの花もよ~く見ると可愛らしいですね。
    実は可哀想な名前ですが・・・
    私で宜しかったらなんなりと、どうぞ<(_ _)>
    2009年05月19日 15:17

この記事へのトラックバック