。.:*[ 藤崎台のクスノキ群 ]*:。 九州新幹線 シロバナタンポポ サネカズラ 葉牡丹

画像
画像画像画像
藤崎台のクスノキ群】 ◆国指定天然記念物 1924年12月9日指定  ◆熊本県熊本市宮内

幹周 20.0m][樹高 22.5m][樹齢 300年以上] (データはすべてデータベース上の数値)
    ------------------------------------------------------------------
かつて当地にあった藤崎八旛宮の名残で、7本の大きなクスノキが群生している。
外野席スタンドの後方にみられるこんもりとした森として野球中継でも有名。
森の都・熊本の象徴のようになっている。これだけの巨樹が群生しているのは珍しく、
1924年に国の天然記念物に指定された。
球場が完成した際、幹を守るため周囲に保護用の金網が設けられた。
最大の物は根元付近の肥大が大きく、幹周りは20mと、全国でも最大クラスの幹周りであることが
近年確認された。蔦が絡まり、古木然とした姿が特徴である。柵のために人が根元を荒らさないため、
樹勢も良好のようである。 昨年末、その金網も撤去されました。いつまでも守っていきたいですね。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
画像クスノキの大木の根元辺りに群生している・・
サネカズラ(実葛)マツブサ科サネカズラ属
常緑ツル性  別名/ビナンカズラ(美男葛)
★茎に粘液を含み整髪に用いた事からの命名

画像画像

大きなクスノキに、かなり大きな株のサネカズラが取り巻いていました。大株だけに実もたくさんです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

画像画像画像

クスノキには蔦などが取り巻き、歴史を物語っています。 大きな木ですので・・・・・
幹には大きな穴があいてもいます。 ここにフクロウが巣くっているのだそうです。
運が良ければ フクロウちゃんに会えるかな、ず~と眺めていましたが残念でした。
夜行性なので、昼間にのこのこと出てくる事はないのでしょうね~~~~
地元局で最近、映像を見せて貰ったばかりなのでnoba旦と二人で懸命に探しましたッ。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

画像画像











画像藤崎台球場の辺りです。 
①の照明灯が聳える石垣を
回り込んでいくと
上記のような クスノキの
群生を見る事ができます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

この辺り一帯は 例の西南の役の激戦地です。
熊本城も酷かったらしいですが・・・・
ここにあった藤崎宮も消失してしまいました。
今は上通りの奥の方に遷宮しています。
その時のお宮の名残のクスノキ群なのです。
藤崎台の真下に西南の役・激戦地の碑が建っています。



画像

藤崎台に立っていると、新幹線が上り下りしてるのが見渡せます。
九州新幹線開通記念のCMみたいに手を振ってみました。
ひょっとしてあのCMの中にも藤崎台から手を振ってるのがあったのじゃ~ないのかしら。
画面の左手方向に熊本駅がある筈なのですが・・・後方の山々も見えて佳い感じです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

画像画像画像画像
画像
シロバナタンポポが咲き、
ゲンノショウコは紅葉して
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
無造作に植えてあるハボタン
← それぞれ佳い表情で開いています。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
近くの護国神社からは太鼓の音も・・・
勇壮に聞こえていました。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

藤崎台の国指定のクスノキ群を見に行ったのですが、寒さが厳しい日でした。

ちょうど、先日に 保護の為の金網を撤去したばかり、それでもクスノキの根元近くまでは

保護柵が設けられています。いままで頑張って残ったモノです。

みんなで見守りながら 慈しんであげたらいいと思いました。

高台からは 新幹線が走るのも見え、童心に還って手を振りました。なんか、楽しかったです(^O^)


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

東日本大震災義援金via 日本赤十字社 
日本赤十字社では、今回の震災の被害が甚大かつ広範囲に及んでいることから、被災県組織に代わり、
皆さまからの義援金を受け付けております。この「東日本大震災義援金」は、国内で発生した大規模災害に
対して皆さまからお寄せいただくもので、全額を義援金配分委員会に送金いたします。
その後、同委員会で立てられた配分計画に基づいて、被災者の方々へ届けられます。
(義援金配分委員会とは、都道府県が主体となって構成される委員会で、赤十字は構成メンバーの一員です)
アクセスはこちら



記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります


"。.:*[ 藤崎台のクスノキ群 ]*:。 九州新幹線 シロバナタンポポ サネカズラ 葉牡丹"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: