◆殿ヶ谷戸庭園(髄宜園・Zuigien)②◆ 次郎弁天の池 紅葉亭 鹿威し オミナエシ サンザシ *駅ビルでランチ*


 [2620]

殿ヶ谷戸庭園(とのがやとていえん)は、東京都国分寺市にある有料の都立庭園です。
国分寺崖線と呼ばれる段丘崖と豊富な湧水を巧みに生かして築かれた、回遊式林泉庭園
様々な木々が植えられ、園内には池や周遊順路が作られ、国の名勝に指定されています
崖の上の明るい芝生地と崖下の湧水池、樹林で雰囲気が一変する造園手法がみどころ
大正2年~4年に江口定條(後の満鉄副総裁)の別荘として整備され、
昭和4年には三菱財閥の岩崎家の別邸となりました。
e1-次郎弁天の池2.jpge1-次郎弁天の池1.jpg
園内の次郎弁天の池には
水量豊かな湧き水の窪池があって
崖線から湧き出る清水を集め、
野川の水源の一部となっています。
都内の他の庭園では見られない
特徴を持ってるみたいです。
藪蚊に纏わりつかれながら
ここまできてやっと逃れられました

mb1-次郎弁天の池a.jpg
mb1-次郎弁天の池b.jpgmb1-次郎弁天の池c.jpg
次郎弁天の池崖の林など撮りました。


mb2-紅葉亭と小滝a.jpg
崖の上に紅葉亭が建っています。 その下の小滝、風情があります。
紅葉亭には六畳と十畳の和室があり、茶会などに使われます。

mb2-紅葉亭の竹細工.jpg
紅葉亭の池を望む休憩所、竹細工のトンボ・オンブバッタ・カニが・・・
ここでも藪蚊が襲うので蚊取り線香が焚かれていました



mb3-鹿威しa.jpg
鹿威しのかなり野太い音に、びっくり\(◎o◎)/ 何回か音を楽しみました。


mb4-湧水源1.jpgmb4-湧水群のツワブキa.jpg
mb4-ヒヨドリバナ1.jpg

殿ヶ谷戸庭園の湧水
野川の水源ともなっています。
湧水の周りに早くも花が
ツワブキ(石蕗)キク科

近くには ヒヨドリバナ(鵯花)キク科
も見かけました。


mc1-zuigien本館a.jpgmc2-本館・窓辺a.jpgmc2-本館・窓辺bタカサゴユリ・ノシラン.jpg
岩崎彦弥太別邸として建てられた洋館、
内部は日本的洋間が融和した和洋折衷の形式です。
窓辺に季節の花が活けてあります。
タカサゴユリノシランでした。


-----------------------------------------------

園内の宿根園もひと回りしました
md1-コバギボウシ・オニユリ.jpgmd3-ヒメヤブラン.jpg
①②③コバギボウシ ④オニユリ ⑤⑥ヒメヤブラン


md2-キキョウ・オミナエシ.jpg
①② キキョウ(桔梗) ①③④ オミナエシ(女郎花)


md4-サンザシ.jpg
サンザシ(山査子・山子樝)バラ科サンザシ属 
落葉低木 中国産で日本にも古くに持ち込まれました。

md6-ヤマトシジミ・アブラゼミ.jpg
①② ヤマトシジミ(キツネノマゴで吸蜜中)③アブラゼミ(赤松に止まって)

-----------------------------------------------
md5-ゴーヤー緑・白.jpg
殿ヶ谷戸庭園の受付の前にゴーヤーのグリーンカーテンが。
グリーンの実と白い実が成っていました。
-----------------------------------
ココは嬉しいことに、シニアは入園料が@70なんです。
年齢を証明する免許証or保険証を提示するだけです。
何も提示しなくてもシニアってのは一目瞭然なんですけど~(^o^)丿


----------------------------------------
ma2-山水a.jpg折角、国分寺に出たので
駅ビルで、ランチをする事に。
山水さんの
ウイークディお得ランチをチョイス。
昼間っからランチを頂いて~
ごっきげんのnoba旦でした。
5か月ぶりの電車で
ちょっぴり幸せでした
noba旦は通勤していますけどね(*^-゚)⌒☆



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜

画像を左クリックしますと大きくなります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 61

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • はるる

    いろいろな風景を眺めながら一緒に歩かせていただきました。
    蚊もついてきたような気がしました。
    駅の近くでいいところですが、蚊は困ったものです。
    私もここへ行くと駅ビルでランチをします。ご主人さまも喜ばれたようで、なによりです。
    竹細工、最近こういうもの、目にしなくなりました。
    宿根園もいろいろな植物で嬉しい場所です。
    シニアには見えないのでしょう。
    2020年08月15日 18:29
  • コスモス

    ここには湧水がありますね。
    ちょっと涼しくなりましたか。
    ヒヨドリバナや秋の七草も咲いていましたか。
    ツワブキは早いですね。
    来年には是非行きたいと思います。

    2020年08月15日 21:10
  • 夢楽

    和風庭園には鹿威しがつきものですね。「ししおどし」を漢字で書いたことがなかったので、「鹿威し」は新発見です。竹細工のオンブバッタが面白いです。
    2020年08月15日 21:27
  • 長さん

    今回もヤブ蚊攻撃がありましたか。
    竹細工、面白いです。伝統的な作り方なのでしょうか。
    この鹿威しは落差が大きいみたいですね。
    ヒヨドリバナが咲いていましたか。今日のウォーキングでフジバカマの様子を見てきましたが、小さなつぼみが出来ていました。
    サンザシの実って以外に大きいですよね。
    緑のゴーヤーは橙色になって破裂しますが、白の場合は色が変わるのですかねー。
    2020年08月15日 21:38
  • 無名子

    こんばんは!
    ストーカーの藪蚊は困るけど、
    せせらぎの音、鹿威しの音を聞きながら歩きたい場所ですね。
    竹細工のキットが販売されているのを、良く見かけます、そのたびに、作ろうかと思うのですが、その後、飾る場所が無いので、思いとどまってます (^_^;)
    2020年08月15日 21:38
  • yoppy702

    園内の池…
    さすが、庭園の池は素敵ですね。
    しかも、野川の水源の一部ですか。
    昔の財閥の方の庭園は水が必要やったので、水が入手できる場所に造ったらしいですね。
    京都の庭園の多い地域でも、琵琶湖疎水から流れを持ってきたような事を、、、ブラタモリで言ってました。(^^ゞ
    でも、ここが野川の水源の一部になってるというのはスゴイですね。
    さすが、岩崎家!(^^)

    藪蚊に負けずに宿根園もひと回り…
    まぁ、竹藪だけでなく、これだけ水が豊富やったら、蚊にとってはパラダイスかもしれませんね。(^^ゞ

    エッ!シニアは、70円なんですか!
    でも、、、70円やったら、無料にしても変わらへんと思うけどなぁ。(^^ゞ
    2020年08月16日 00:00
  • トトパパ

    こんばんは

    庭園、綺麗ですね。
    70円なんですか。
    それはいいですね。
    鹿威し、いいなぁ。
    聞いてみたいです。
    2020年08月16日 00:54
  • 目黒のおじいちゃん

    nobaraさん
    秋の花もいろいろ楽しめたようですね。
    ツワブキの開花とはびっくりしました。
    キツネノマゴにヤマトシジミのショット、素晴らしいです👏
    猛暑が続きます。ご自愛ください。
    2020年08月16日 07:39
  • 寿々木

    涼しげな風景でほっとします。鹿追のコーン、コーンと言う音が聞こえてくるようです。
    2020年08月16日 08:56
  • nobara

     はるるさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ここは段丘(国分寺崖線)がそのまんま~なので落差が凄いですね。
    途中でやぶ蚊を振り払いましたが、
    紅葉亭で休んでたら、また集かってきました
    蚊取り線香がありましたがちっとも効きません。
    竹細工、年季が入っていました。
    宿根園もこれから~ってところでしょうか。
    女子会で出かける時はその先のビル、上階の『梅の花』に。
    夫とは駅ビルでランチする事が多いです。
    結構、人も出ていました
    2020年08月16日 13:32
  • nobara

     コスモスさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    殿ヶ谷戸全体が湧水ですね~呑めないそうですが・・・
    ここの渓谷に居ると少しは涼しいです。
    ツワブキ、びっくり@@しました。早いですよね。
    秋の紅葉の頃も素晴らしいですね。
    隣駅なので近いので、出かけてみました。
    2020年08月16日 13:36
  • nobara

     夢楽さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    和風庭園、自然の段丘を利用した贅沢な庭園です
    鹿威しが好きで、水が溜まってゴットンという音を
    何度か楽しみました。
    2020年08月16日 13:40
  • nobara

     長さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    丘側のやぶ蚊は渓谷の入り口で撒いたのですが?
    紅葉亭で休んでるときは新たな敵でした(^o^)丿
    鹿威し、結構、大きな音が鳴り響いていました。
    ヒヨドリバナが楚々っと咲いていました。
    サンザシ、思った以上に大きな実になりますね。
    白のゴーヤーも最後はおんなじ感じになりますね。
    2020年08月16日 13:49
  • nobara

     無名子さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    この時期、水のある所はやぶ蚊は必ずいますよね(*^-゚)⌒☆
    私はA型なので、特にさされやすいですネ
    せせらぎの音や、滝の音、鹿威しの音、舞台は出来上がっています。
    竹細工、かなり年季が入っていました(^o^)丿
    なんでも作るのはいいのですが、後が困ります。
    歌っておしまい!やスケッチなどが、後始末が落ですね(*^-゚)⌒☆
    2020年08月16日 14:07
  • nobara

     yoppy702さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    庭園の池は、湧水なんです。
    それも野川の水源になっています
    その頃の岩崎家は飛ぶ鳥落とす勢いでしたね。
    都内の主だった別邸がそれを物語っています。
    岩崎家のお陰で、都の庭園が生き延びていますね(*^-゚)⌒☆
    やぶ蚊に相当、好かれてしまいました
    マッ。蚊の本陣に行ったわけですから~仕方ないのですが。
    シニアは@70 なんです。そうですね~無料でもいいと思いますが。
    この少しでもお支払いするのがいいんですよね。
    2020年08月16日 14:19
  • nobara

     トトパパさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    庭園、国分寺崖線で同じ庭園で2か所の雰囲気味わえます。
    @70 なんて、無料みたいなモノです。
    鹿威し、渓に響き渡ります。鹿はびっくりでしょうね(^o^)丿
    2020年08月16日 14:22
  • nobara

     目黒のお爺ちゃま・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    秋の花もいろいろ咲いていました。草臥れていましたが。
    ツワブキ、どうしちゃった?のでしょう。
    キツネノマゴにヤマトシジミはお似合いの図ですね。
    あぢぃ~くて、外に出るのも躊躇われます。
    目黒さんもくれぐれもご自愛くださいねm(_ _)m
    2020年08月16日 14:29
  • nobara

     寿々木さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    渓谷は少しだけ涼しかったです
    鹿威しの音が渓谷に響いていました。
    2020年08月16日 14:33
  • 藍上雄

    次郎弁天の池、湧水を利用しての庭園なんですね。やはり、水が綺麗なのが、一番だと思います。良い景色の中でのお茶会、風情があるでしょうね。
    2020年08月16日 15:44
  • 藍上雄

    途中で投稿して仕舞いました。続きです、
    鹿威しの音、かなり大きくて、nobaraさんも驚いた。昔は居たかもしれない、鹿避けだったのかな・・・。
    ヤマトシジミ、にアブラゼミ、其方は未だかなり暑そうですが、夏が終わりかけている雰囲気かんじます。
    2020年08月16日 15:53
  • nobara

     藍上雄さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    次郎弁天の池、そのものが湧水でできています。
    なおかつ野川に出ていきます。
    ココは国分寺崖線を利用した渓谷みたいです。
    歩くのは大変ですが・・・
    紅葉亭へはこの崖でなく本館側からフラットで行けます。
    お茶会は友人もここで開いたそうです。
    季節を選ぶと最高の景色が味わえますね(*^-゚)⌒☆
    鹿威しの音は渓谷に響く感じです。
    ヤマトシジミ。アブラゼミ。少し秋の風を感じました。
    2020年08月16日 18:23