* 昭和公園 ② * こもれびの林にて キンラン ギンラン エビネ・・・

 [2379]
昭和公園で一番の楽しみ処、こもれびの林に踏み入れます。何に出会えるかな。
林に入る前に「こもれびの家」で、『今、咲いてる花』のチェックをしませんとね(*^-゚)⌒☆
画像
画像
こもれびの家(ビジターセンターみたいな?)で今、咲いてる花をチェックします

-----------------------------------------------

画像画像画像
青葉若葉が色々のグリーンのグラデーションで爽やか~~です

画像
画像キンラン(金蘭)ラン科キンラン属     
落葉樹林内に生える多年草
花期: 4-6月  分布:本、四、九
雑木林コナラなどが芽吹き樹冠が
緑に覆われた頃に開花を迎えます。
思った以上に大きな花で、
咲いてると容易に見つけられますね。



画像画像
ギンラン(銀蘭)ラン科キンラン属     林内に生える多年草
花期: 5-6月  草丈:10ー25㎝  分布: 本、四、九 
キンランとほぼ同じ環境で咲きます。  キンランと比べるとかなり小さくて目立ちません。
ここではかなり群生していました。 いかんせん小株です。


画像
エビネ(海老根)ラン科エビネ属  多年草  花期:4-5月
 分布:北(西南部)、本、四、沖 横に連なった偽球茎が海老に似ています



画像
画像
チゴユリ(稚児百合)イヌサフラン科チゴユリ属    山野の林内に生える多年草
可憐な小型の花を稚児に見立てました。  花期:4-6月 分布: 本、四、九



画像
画像
ホウチャクソウ(宝鐸草)イヌサフラン科チゴユリ属  
雑木林などの樹間のひらけた場所に群生
花期:4-5月 分布:日本全土 草丈:30-50cm 多年草
初夏に地味だが白から緑へのグラデーションの美しい花をつけます。
宝鐸(ほうちゃく、ほうたく):寺院建築物の軒先の四隅に吊り下げられた飾りの事】
全草有毒なので注意が必要(山菜として利用されるアマドコロやナルコユリの若芽に似ます)



画像
画像
フタリシズカ(二人静)センリョウ科センリョウ属 
林内に生える多年草 
花穂は普通2本ですが1~5本まで色々のようです。


画像画像
イカリソウ(碇草)メギ科イカリソウ属 白花 多年草 太平洋側の山地に生えます


画像
画像
左&❶❷❸ジュウニヒトエ(十二単)シソ科キランソウ属
やや明るい林に生える多年草
画像
キランソウ(金瘡草)シソ科 別名:ジゴクノカマノフタ
キランソウの花の一個一個は上のジュウニヒトエとそっくり


画像画像
コガクウツギ(小額空木)ユキノシタ科アジサイ属

画像画像画像
 ❶❷ ヒメウツギ(姫卯木)アジサイ科ウツギ属  ❸コバノガマズミ(小葉莢迷)スイカズラ科ガマズミ属


画像
画像
ハナイカダ(花筏)ミズキ科ハナイカダ属
(雄株)  落葉低木 別名:ママッコ、ヨメノナミダ

画像画像画像画像
ムサシアブミ(サトイモ科) ❷ニリンソウ(キンポウゲ科) ❸ツボスミレ(スミレ科)  ❹カントウタンポポ(キク科)


----------------------------------------

画像画像画像画像
こもれびの林を花を求めて歩きました。
降り注ぐこもれびの中をグリーンのシャワーを浴びて・・・
他の場所では喧騒に包まれてますがここは限りなく静かです。
昭和公園にくるのはココを歩くのが一番の目的!一番奥地にあります。



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜




記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 63

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 寿々木

    こもれびの家、今咲いている花のしゃしんと名前が出るのですか、ここは場所まであるようで便利ですね。私も上高地の小梨平にあるビジターセンターで利用させてもらっています。花筏が咲く時期です。東山植物園で咲いているとの情報で探して歩いたのですが、見つかりませんでした。たぶん見逃したのでしょう。
    2019年05月07日 08:44
  • みなみ

    青葉若葉の美しい季節ですね。
    こもれびの林、いいネーミングですね。
    お散歩したくなりました。
    チゴユリの可憐で清楚な佇まい、この雰囲気にぴったりです。
    湿度もなく風が清々しくて5月は大好きです。
    2019年05月07日 10:21
  • コスモス

    こもれびの家は入ったことないですね。
    日本庭園の近くにあるんですか。
    まずここで開花状況をチェックするといいんですね。
    キンラン・ギンランはじめ山野草がたくさんありますね。
    団体で行くと、あまりここへは行かないので
    いつもスルーしてしまいます。
    2019年05月07日 14:23
  • 長さん

    こもれびの家は何年か前に言ったときに工事中だった所でしょうか。
    キンランがかなり咲いていましたね。キンラン豪華なんて(笑)。令和への改元特集で、きんさん、ぎんさんは、平成時代に入った象徴みたいな形で取り上げられていましたね。
    コガクウツギがもう咲いていますか。我が家の辺りでもアジサイのつぼみが徐々に膨らんできました。
    2019年05月07日 15:22
  • 昭和公園のこもれびの家のね、要チェックですね。
    キンラン・ギンラン・エビネ・チゴユリ・ホウチャクソウ・フタリシズカ・・・・
    今すぐにでも行きた~~~~い。
    ご近所の方は、ええの~~。
    2019年05月07日 22:26
  • yoppy702

    昭和公園では、「こもれびの林」…
    林に入る前に「こもれびの家」でチェック…
    φ(..)メモメモ
    いつか、昭和公園に行く時のメモです。
    と言っても、時期によりますけどね。(^^ゞ

    「こもれびの林」エエ所や。
    この季節は、新緑だけで気持ちイイですね。
    これ、全部、キンランですか。
    色々と書かれてるという事は、品種が違うんですね。
    一種類で、こんなに色んな顔があるのかと思っちゃった。(^^ゞ
    フタリシズカ、可愛いいですね。(^^)
    コバノガマズミって、赤い実の生るコでしたよね。
    こんな可愛いい花が咲くんですね。
    やっぱり、nobaraさんが紹介される所は間違いなく楽しめますね。(^^)
    2019年05月07日 23:05
  • nobara

      寿々木さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    こもれびの家に立ち寄ると、そういう親切な説明があります。
    それをスマホで撮って、歩くようにしています。
    小梨平にもありましたね~(*^-゚)⌒☆
    ハナイカダ、ココのは♂花でした。
    見逃して再度、心当たりを探しました。
    ギンランなど皆さん、ご覧になっても目に入らないようでした。
    『これ!ですよ』というと『絶対、わからな~い』と
    仰ってました。目が慣れないと探すのは大変そうでした。
    2019年05月09日 10:53
  • nobara

      みなみさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    こもれびの丘とか言ってるようですが、私は林だと思っています(笑)
    多摩の農家再現のこもれびの里もあります。田んぼも。
    お花を求めて歩いてる方も、これがホウチャクソウですよと
    指すと、言われてもわからないと。草に紛れています。
    目が慣れてくると、いろいろ見えてくるものです。
    5月は爽やかでいいですよね。紫外線も多いらしいですが。
    2019年05月09日 10:59
  • nobara

      コスモスさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    こもれびの家は子供の森の先です。
    ココの林をズンズン登っていくと花の丘に続いています。
    日本庭園は花の丘との間辺りに広がってますかね~~~
    団体さんは林縁のところを歩いてらっしゃいますね。
    ココはボランティアさんが運営管理なさってるようです。
    花の丘に繋がるところが新しくできていました。雑木林の中。
    じっくり観察すると時間ばかりかかりますね。
    2019年05月09日 11:05
  • nobara

      長さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    私は木漏れ日の家が修復中、出逢ったことがないんです。
    少し?リニューアルしましたかね~
    絢爛(キンラン)豪華です。花も大きいですもんね。
    ギンランは言われても???の方が多かったです。
    私にとっては宝庫でも「何もない」と敬遠する人もいます。
    コガクウツギやヤマアジサイが咲いてきてました。
    ガマズミが台風でダメージを受けていたようです。
    2019年05月09日 11:11
  • nobara

      目黒のお爺ちゃま・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    私も今年は歩けるかしら?と心配しました。
    立川に廻らなければ20,000歩ぐらいですみます。
    西立川から左回りでまた西立川で戻る様にしました。
    こもれびの林はうんと奥地にありますからね~
    パークトレインなどを利用なさるといいかも知れません。
    2019年05月09日 11:14
  • nobara

      温さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    GWの頃、毎年、こもれびの林の観察を続けています。
    近いと言っても年に2~3回くらいしか出かけてないんですよ。
    ここは裏切りませんから~((((^Q^)/
    以前は公園をさんざん歩いた後、立川の街も歩いてました。
    今は西立川から入り西立川に戻るルートです。
    それでも二万歩はいきましたから。恐るべし?でしょう。
    こもれびの里の田園風景も楽しめますよ。
    2019年05月09日 11:59
  • nobara

      yoppy702さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    こもれびの林もですが日本庭園もいいですよ。
    その中の盆栽園もお薦めです。この後の記事です。
    キンラン、ぜ~んぶ同じ種です。
    個体差があるって、ことなんでしょう?
    咲き進んで白っぽくなったのまでありました。
    ギンランはササバギンランやユウシュンランなど似たのもありますね。
    フタリシズカは取り巻きがいっぱいの子も居ます。
    コバノガマズミは撮れましたが
    長年親しんだガマズミは台風でナムナムしていました。
    青葉若葉に木漏れ日が射して~気持ちよいです。
    2019年05月09日 12:07
  • yasuhiko

    今は青葉若葉の美しい季節ですね。
    こもれびの林を歩くのは、
    さぞかし気持ちがよかった事でしょう。
    キンラン、ギンラン、エビネ、
    チゴユリと、花が豊富なのもいいですね。
    ここの花は他より元気な気がします。
    2019年05月09日 18:32
  • 藍上雄

     こもれびの林、春から初夏にかけての林の路端には、魅力的な植物をいっぱい見る事が出来ますね。でも最近はチゴユリの姿見ていません。咲いている場所は分かっているのですが、時期的に合わないのだと思います。
     キンラン・ギンランやエビネのラン科の花は、魅力的です。
    2019年05月09日 18:43
  • nobara

      yasuhikoさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    こもれびの林は、こもれびの丘(花の丘)にまた新しい小路ができています。そこには元の林側とは違ったのが見られました。なかなか良いです。
    花が咲くようにランティアさんの熱心な作業がなされています。
    ジュウニヒトエの群落があちこちにあり素晴らしいです。
    2019年05月09日 19:37
  • nobara

      藍上雄さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    だいたいここへは春と秋。
    チューリップとコスモスの頃に参ります。
    いったん入園したらひたすら歩きます。
    うっかりすると2万歩、ゆうに超えます。立川に出るとまた上乗せ~
    この頃はぐるりと一周します。出発地に戻って帰ります。
    約13㎞でした。
    チゴユリも大群生していますが少し遅かったようです。
    ホウチャクソウは今を盛りと咲いていました。
    2019年05月09日 19:49

この記事へのトラックバック