* 昭和公園 ② * 初夏のこもれびの林 テイカカズラ コアジサイ ムラサキ

 [2388]
昭和公園で一番の楽しみ処、こもれびの林に踏み入れます。
前回の春模様の林から、すっかり初夏の装いになってる筈です。
林に入る前に「こもれびの家」で花のチェックをしませんとね(*^-゚)⌒☆

画像画像画像
この時期の一か月は季節がジャンプするのに十分な時間があります

-----------------------------------------------

画像画像画像画像
木漏れ日が降り注いで、気持ちいい林の中を歩く・・・・

画像画像
テイカカズラ(定家葛)キョウチクトウ科テイカカズラ属
つる性常緑低木  有毒植物
茎からは気根を出して他のものに固着します(ココのも木にしっかり巻き上がっていました)
和名は、式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に
生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説(能『定家』)に基づくそうです。

私のブログ発信、一番目の記事でした。この時期咲く、お花って事ですかね。

画像画像
コアジサイ(小紫陽花)アジサイ科アジサイ属  落葉低木
別名:シバアジサイ(柴紫陽花)  花期:6-7月
林間にひっそりと控えめに咲き、清楚で粋な花です。装飾花はなく、両性花だけです。


画像画像
コゴメウツギ(小米空木)バラ科コゴメウツギ属   落葉低木
5月中旬-6月上旬に枝の先につける小さな白い花を砕けた米粒(小米)に例えた事と
花が ウツギの花を小さくしたものとよく似ていることからきています。
葉身は三角形状広卵形で魅力的です。


画像画像
ガマズミ(莢蒾)レンプクソウ科ガマズミ属  別名:アラゲガマズミ、 ヨソゾメ、
 山地や丘陵地の明るい林や草原に生える落葉低木。
こもれびの林を登って抜ける所に幾つかあったのですが台風でナムナム~していました。


画像
画像
ハコネウツギ(箱根空木)スイカズラ科タニウツギ属  
落葉小高木 花期:5-6月
北海道南部~九州の沿海地の海岸林に生える。
下部からよく分枝してこんもりと茂り、高さ5mほどになります。
花ははじめ白色で、しだい紅色に変化。花冠は長さ2.8~3.2cmの漏斗形で、上部は5裂します。


画像
ツリバナ(吊花),ニシキギ科ニシキギ属  落葉低木あるいは小高木画像
 北海道・本州・四国・九州、朝鮮・中国に分布します。 花期:5-6月
果実も長い柄にぶら下がり、秋に割れて中から真っ赤な種子が覗いて美しい
先客がいらして焦点が合わないと悪戦苦闘。続く私も夫と、はぐれる程に時間が掛かりました。


画像
ウグイスカグラ(鶯神楽)スイカズラ科スイカズラ属:赤い液果
は甘く食べることができるとか(鶯が啄む姿が神楽を踊っているよう?)


画像
クスノキ(樟、楠)クスノキ科クスノキ属        常緑高木
雌雄同株、両性花。 5-6月に、本年枝の葉腋から円錐花序を出す。花は黄白色で5mmほど。


画像
ハンショウヅル(半鐘蔓)キンポウゲ科 センニンソウ属   つる性低木
和名は下向きに咲く花の形を半鐘にたとえたことに由来します。
野川自然観察園で見られなかったのですが、ここの林で咲き残りを発見。
❸花後の姿も見られました。仙人みたいなお髭になっています。


画像
アカショウマ(赤升麻)ユキノシタ科チダケサシ属  多年草
根を漢方の升麻(解熱・解毒剤)にするサラシナショウマに花序の形が似て根茎が赤味を帯びる
明るい林内や草地に生え、高さ40-80㎝になります。  花期:6-7月


画像
❶❷ヤマハタザオ(アブラナ科)    ❸❹ムサシノキスゲ(ユリ科)       ❺フタリシズカ(センリョウ科)

画像
❶❷ムラサキ(ムラサキ科)     ❸アオイスミレ(スミレ科)  ❹ヤブジラミ(セリ科)果実は卵状、長楕円形

画像
 ❶コウゾリナ(髪剃菜)キク科  ❷ヤブレガサ(キク科)  ❸トネアザミ(キク科)  ❹イカリソウ(メギ科)

画像画像画像
こもれびの林は、かなりのアップダウン。 かなりの坂を登ります。
 上の方に行くのにズンズン歩いていましたら?道に迷ってしまいました。
また少し戻って・・・再度、登っていきました。危ない+危ない。
こもれびの林は少しづつ、広がっているようです。
文字通り、木漏れ日が射してるのがほっとします



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜


息子夫婦に誘われて吉祥寺の魚猿さんに出向く。佐渡の新鮮なモノを扱ってるらしい。
画像画像

佐渡もですが、新潟の食材でした。ですから〆はへぎそばになりますよね(*^-゚)⌒☆
呑めない私はこの頃は ジンジャーエールを頂いています。
予め『呑みすぎないでね』と、申し渡していますが、
呑み始めたらちっともセーブできません((+_+))


記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 長さん

    コアジサイの薄紫の花、私も好きです。日当たりを撮ると色が飛んでしまうので、日陰になったものを狙った方が良さそうです。
    ツリバナがまだ咲いていましたか。小さくて風に揺れる花をアップで撮ろうとかなり奮闘されたようですね。ISO値を上げて、シャッタースピードを高くすると良いですよ。
    クスノキの花、高木なので見たことが無いです。
    あら、何度も行かれているnobaraさんでも道に迷いましたか。
    2019年05月25日 11:58
  • 藍上雄

     こもれびの林、初夏には、木漏れ日が降りそそいで、散策気持ちの良い場所のようですね。コアジサイ両性花だけですが、これでも涼しげですね。ムラサキ絶滅危惧種なので、大切にしてほしいです。北海道には無い植物なので写真でしか見た事が有りません。純白の花綺麗です。
     ハンショウヅル、これも北海道には無い植物ですね。もっと黒っぽいミヤマハンショウヅルになります。
    2019年05月25日 14:57
  • 目黒のおじいちゃん

    ムラサキの花が見られて良かったですね。
    ご存じ梨ガ原で多く自生しているようです。
    2019年05月25日 17:19
  • yoppy702

    こもれびの林…イイですねぇ。
    写真を見ているだけで、「気持ちイイ」というのが良く解ります。
    木漏れ日と共にグリーンシャワーが一杯降り注いでますもん。(^^)

    テイカカズラやから、つる植物やったんや。
    花だけ見ていたら、そんな感じがしなかったもんで。(^^ゞ

    コアジサイが、もう、こんなに咲いてるんですね。
    そういえば、家の鉢植えのアジサイも、かなり主張してきたし、場所によっては、一杯咲いてる所もあったから、今シーズンのアジサイは早いかもしれませんね。

    ハンショウヅルの花後も仙人になるんですか!
    そういえば、花は毛深そうですね。(^^ゞ

    ムサシノキスゲというからには、日本のヘメロカリスですね。
    ニッコウキスゲの対抗馬?(^^ゞ

    エッ!?道に迷ったんですか。
    さすが、昭和公園!
    広いもんなぁ。
    昭和公園をウロウロすると、ちょっとしたハイキングですね。(^^)
    2019年05月26日 01:14
  • 寿々木

    木漏れ日の林ですか、素敵な場所です。このような場所を散歩できるのはお幸せです。キョウチクトウ科の花は皆花弁が少し捻れていて、船のスクリューみたいです。もうキスゲの仲間がさいていましたか、早いですね。
    2019年05月26日 07:55
  • nobara

      長さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    コアジサイが咲き始めていました。
    那須の平成の森にたくさんあったのを思い出しました。
    ツリバナ、先客も私も悪戦苦闘~~~
    コンデジズームで頑張りましたが(カメラは判りません((+_+))
    このクスノキ、目の高さ近くに垂れ下がっていました
    林の上に出た筈ですが・・色々歩いてたら出発地点に?
    林の中を歩いてるうちに上も下もわからなくなりました((+_+))
    こもれびの林と花の丘の間にまた新しい開発がありました。
    2019年05月26日 08:42
  • nobara

       藍上雄さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    こもれびの林、文字通り、木漏れ日が降り注いでいました。
    この林の中に 入ると別世界です。
    時折、遠くから公園のアナウンスが聞こえてくるだけです。
    多分、10万単位のお客さんですが、その気配もないです。
    ムラサキは囲いがしてありましたから~護られてると思います。
    ハンショウズルは終わりなんでしょうが辛うじて出逢えました。
    これは道に迷い戻ったあたりですから、呼んだのでしょう。
    2019年05月26日 08:48
  • nobara

      目黒のお爺ちゃま・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ムラサキ、梨ガ原で多く自生しているんですか?
    ココでは竹囲いで護られていました。
    生きながらえるといいですね。大事にしたいですね。
    2019年05月26日 08:50
  • nobara

      yoppy702さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    こもれびの林、ここが一番の目的です(そんな人はいないかも?)
    公園のどの入り口を使っても一番奥にありますから・・
    『パークトレインでお越しください』と、案内しています。
    このテイカカズラは大木に絡み登っていました(纏わりつくように)
    コアジサイって雰囲気が違いますね~~
    ほかのアジサイもそろそろ咲き始めましたかねeーーーー
    ハンショウズルも仙人になります((((^Q^)/
    ムサシノキスゲは武蔵野地域の固有種です。
    他のゼンテイカに先駆けて少し早く咲きます。
    林の上に出たつもりが?どういうわけかうーんと下に行ってました。
    こんなこと初めて、上も下もわからなくなってた二人でした。
    恐るべし!!昭和公園です。

    2019年05月26日 09:04
  • nobara

      寿々木さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    こもれびの林、かなりのアップダウンです。
    いつのまにかたくさん歩いてしまいます。
    ここにくるまでが遠いのです。何キロも歩きます。
    ムサシノキスゲは他に先駆けて咲く、武蔵野の固有種です。
    2019年05月26日 09:12

この記事へのトラックバック