nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * 女神湖畔・自然観察路 * フランスギク コバイケイソウ ヤグルマソウ・・・

<<   作成日時 : 2018/07/01 08:53   >>

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 10

 [2240 ]
女神湖(めがみこ)は、長野県北佐久郡立科町にある湖。農業用に建設された
人造湖・ 赤沼温水溜池(あかぬまおんすいためいけ、単に赤沼溜池とも)の別名であり、
リゾート 地としての開発も行われている。八ヶ岳中信高原国定公園
画像
画像
画像
フランスギク(仏蘭西菊)キク科フランスギク属 多年草
ヨ−ロッパ原産、江戸末期観賞用に持ち込まれ、寒さに強く日本の冬を越せる
信州では至る所に普通に見られます。マーガレットにそっくりです。
ここでも河畔沿いに咲き乱れていました。対面は今宵のお宿です。


画像画像
❶❷ ニシキウツギ(2色空木)スイカズラ科タニウツギ属   ❸❹マユミ(檀、真弓、檀弓)ニシキギ科ニシキギ属 
花の色が、初めは淡黄白色で、のちに紅色に変わる事から          木本 別名:ヤマニシキギ(山錦木)

画像
❶❷❸ヒレハリソウ(鰭玻璃草)ムラサキ科ヒレハリソウ属: コンフリー     ❹キジムシロ(雉筵)バラ科
❶❷❸フクロナデシコ(袋撫子) ナデシコ科マンテマ属:地中海原産 別名: シレネ・ペンデュラ


-----------------------------------------------

湖畔に自然観察路があるのを前回、発見! 木道も整備されて、いろいろな花が見られます
画像

画像
画像
コバイケイソウ(小梅尅吹jユリ科シュロソウ属  多年草
名前の「小梅尅吹vは、花穂を構成する
一つ一つの花の形が、梅の花に似ている事によります。

画像
ヤマドリゼンマイ(山取り薇、山鳥薇) ゼンマイ科ゼンマイ属 山地湿地の指標植物
ゼンマイ の仲間で、山地の湿った場所に生える。新芽は山菜としても食べることができます。
「山鳥」と「山取り」の二つの和名がありますが、山で取れるという意味の方がわかりやすい。
若緑の葉と、ヤマドリの尾に似ていると言われる海老茶の胞子葉も見えます。

画像
画像
クリンソウ(九輪草)サクラソウ科サクラソウ属
日本原産の多年草
日本に自生するサクラソウ科の植物のなかでは最も大型です。
花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が
仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることからです。


画像
❶❷ヤマハタザオ(山旗竿)アブラナ科   ❸❹❺イブキトラノオ(伊吹虎の尾)タデ科:伊吹山に多くみられる


画像
❶❷コンロンソウ(崑崙草)アブラナ科  ❸アヤメ(菖蒲)アヤメ科  ❹花弁が筒型です。何?でししょう??
❶❷タチツボスミレ(立坪菫)スミレ科スミレ属 :花期終焉になると葉が2倍以上の大きさになります。


画像
❶❷コメガヤ(米茅)イネ科:小穂が米粒に見える❸マムシグサ(蝮草)サトイモ科 ❹ワラビ:こんな頃が美味しい



画像
画像
ヤグルマソウ(矢車草)ユキノシタ科ヤグルマソウ属
根出葉は5枚の小葉からなる掌状複葉で、葉柄は50cmに達する。
小葉は倒卵形で先端が3-5浅裂する。
花茎の高さは1mほどになり、短い葉柄をもつ
キク科のヤグルマギクヤグルマソウと呼ばれてましたが
今は、しっかりコレと区別するためにヤグルマギクと呼びます。


-----------------------------------------------

画像画像
ヒョウタンボク(瓢箪木) スイカズラ科:キンギンボクカラマツ(唐松):マツボックリ :固くなる前も可愛い

画像ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ウラナミジャノメと思ってましたが
藍上雄さんヒメウラナミジャノメと教えて頂きました。
----------------------------
虫や鳥さんとの出逢いは無かったです。
唯一、出逢ったヒメウラナミジャノメです。
---------------------
タデ科に逢うのを楽しみにしていましたが?
まだまだ、お花には至っていませんでした。
収穫はヤグルマソウかしら?
コーラスの皆に見せてあげられます。

----------------------------------------------

女神像 湖畔に立っている女神像の記事です。ご参考までに!


゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜




記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
女神湖は人造湖なんですか。
自然観察路があるのはいいですね。
クリンソウがまだ咲いていたんですね。
しばらく見ていません。
コバイケイソウも見て見たいお花です。
コスモス
2018/07/01 10:09
 女神湖、農業用の水瓶であっても、夏の暑い時は、少し暑さをしのげますね。
コバイケイソウとてもよく似たバイケイソウは時々近くの林で見かけます。最初見た時はなんだかわからなかった植物です。
 クリンソウは、意外と人気のある植物ですね。ブログなどで、特集を組んでいる方多いと思います。
 ウラナミジャノメ、白い線が入っていないのでヒメウラナミジャノメかもしれませんね。
藍上雄
2018/07/01 13:52
フランス菊、寒さに強いんですよね。北海道稚内空港を出ると出口のコンクリートの割れ目に咲いてます。オホーツク街道を走ると道脇に沢山咲いているのを昨年7月に見ました。
寿々木
2018/07/01 14:20
  コスモスさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
女神湖は人造湖というより温水溜池なんです。
水が冷たすぎると作物に影響が出かねませんね。
こうやって溜めてるのを温水ため池というそうです。
かなりゆうめいな温水ため池も多数あります。
ココも標高があるので、クリンソウもいくつか残っていました。
nobara
2018/07/01 19:28
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
水辺は涼を頂けますね。
ここは温水ため池なんですって!
少し温めてから用水として使われていたのですね〜
信州はかなり多いです。
ヒメウラジャノメですね(*^-゚)⌒☆
目玉が多いですよね〜
悩んでいましたのでとても助かりました。
訂正させて頂きました。m(_ _)m
nobara
2018/07/01 19:32
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
フランスギク、信州を走っている至る所でとみかけます。
女神湖畔。堤防の土手を埋め尽くしていました。
マーガレットそのもですから〜
走っていても目には美しいです。
nobara
2018/07/01 19:36
女神湖と言う名前がいいし、冒頭の写真が素敵です。
湖面標高は1,540mだそうで、避暑に訪れるにも最適ですね。
蓼科山の別名が女神山(めのかみやま)だそうで、これにちなんで女神湖(めがみこ)と命名されたんですか。
湖畔に女神像もあるそうで、見てみたいです。
nobaraさんは、植物に心酔しているので植物図鑑みたいですね〜。
詳しくて頭が下がります。
最後、ウラナミジャノメじゃなく、ヒメウラナミジャノメと言われても?ですが、
藍上雄さんの博学振りにも驚きました。
アルクノ
2018/07/01 19:49
  アルクノさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
女神湖の湖畔に女神像が立っています。
アルクノさんのご要望にお応えして昨年の記事を紹介しました。
なんだかおしゃれな像でしたよ(*^-゚)⌒☆
蓼科山の別名が女神山(めのかみやま)なんです。それからの命名です。
温水ため池なんです。涼しい信州ならでは?ですね。
藍上雄さんは造詣が深いです。いろいろ教えて頂いています。
この湖畔を眺めるお宿もとても気に入っています。
どこに行くにもとても便利なので気になってる場所です。
nobara
2018/07/01 20:51
フランスギクって、ホンマ、マーガレットそっくりですね。
でも、葉っぱが違うんや。
家に、マーガレットがあるんです。(^^ゞ

ニシキウツギって、「錦空木」と思ったら、「二色」の方なんですね。
和名は難しいなぁ。(^^ゞ

木道のある自然観察路という事は、湿地帯ですね。
前回に発見して、それを逃さないのが、さすが、nobaraさん。(^^)
ホンマ、色々と咲いてる!
前回は秋(?)やったから、花も違って楽しめますね。
先日、宮崎のトロピカルドームで、コンロンカっていう、葉っぱ(?)が白くなってるのを見ましたけど、コンロンソウというのもあるんですね。
yoppy702
2018/07/02 00:39
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
フランスギク、この時期ここら一帯に蔓延っていました。
湖畔の堤、道の脇、草原の裾をレースのように・・・
これはどうみても園芸種としか見えません@@
ニシキは2色なんですよ。ハコネウツギに似ますが、少し違う?
昨年、ここの湿地帯の観察路を発見して
他へのアクセスも良いことからこの宿に決めました。
会社のサポートも受けられるので、好都合です。
そうですね〜高原にしては9月は初秋ですかね〜
コンロンカは崑崙は同じ字を書きますが
葉っぱは半夏生っぽい雰囲気がありましたよね。
コンロンソウはアブラナ科の春ごろのお花です。
最盛期はとても好きな花です。
アルクノさんのご要望に応えて女神像の記事をリンクしました。
nobara
2018/07/02 08:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
* 女神湖畔・自然観察路 * フランスギク コバイケイソウ ヤグルマソウ・・・ nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる