* 昭和公園にて③ * こもれびの里 石井家住宅 ソバ トウガラシ・・・

 [1949 ]

こもれびの里(森のゾーン): 昭和記念公園の北東端、砂川口の南側には
「こもれびの里」という区画が設けられている。「こもれびの里」は「昭和」、「武蔵野」、「農業」を
キーワードにして、昭和30年代の武蔵野の農村風景を再現することを目的としたものという。
「こもれびの里」の中には畑地があり、水田があり、小川が流れ、池があり、丘があり、古民家や
水車小屋なども建てられ、“古き佳き”農村の風景がうまく再現されています。
画像

画像
古民家は幕末の頃に和泉村(現在の狛江市)で名主を務めていた石井家の住宅。
「こもれびの里」には石井家の主屋、長屋門、内蔵などが移築復元され、その外観や
主屋の内部なども見学することができる。こうした建物に興味のある人にはお勧めです。
江戸時代末期の名主の暮らしぶりに思いを馳せるのも楽しい。

画像画像
画像画像画像画像
石井家の囲炉裏端です。自在鉤のレプリカもおいてあります。
縁側の軒下には 干し柿もつりさげられています。好物なので生唾がゴックン!
画像
画像
石井家の縁側でワラ細工の実演が・・
虫かごの繊細なサザエ堂みたいなのが
美しくて、イロイロ聞いてしまいました。
説明するのが嬉しくて堪らない風でした。
隣接の倉の中に作品が展示してあります===⇒
虫かごの大きいのは照明の傘にもなりそうです。
ハスの実の縮緬の詰め物はかわいらしいですね。
奈良町でもうっとりして見たことがあります。

----------------------------------------

「こもれびの里」は2002年(平成14年)から
「こもれびの里クラブ」による活動が始まり、畑地が造られ

水田が造られ、作業小屋が建てられ、
徐々に整備が進んで、2007年(平成19年)10月に開園しました。


画像画像画像

①こもれびの里の中央に立ってる幟 旗の様子が好きです。 ②藁ボッチ

③サツマイモ畑は収穫祭のときに皆で芋ほりするための準備ができていました。

画像画像
画像画像画像
ソバ(蕎麦)タデ科ソバ属 花もまだいっぱいですが、そろそろ実りですね。

画像
画像画像
トウガラシ(唐辛子)ナス科トウガラシ属 多年草
緑と熟れた赤い実が混在しています。 お花も咲いていました。


画像里の中央を小川が流れています。一跨ぎできる川幅です。
なみなみと豊かな水量です。ほっとする景色です。
画像画像
蓮田には立ち枯れたハスが。ガマの穂が弾けて綿が出ていました。ガマの穂綿ってコレをいうのね~


画像画像
画像画像

シュウメイギク(秋明菊)キンポウゲ 科  ② アラカシドングリ ② タチバナモドキ(ピラカンサの黄実)

イチョウ(銀杏)の大木、えも言われぬ臭いが漂っていました。ギンナンがいっぱい落ちてます。

さすがに拾いたいとは思いません。 これを持って電車には乗れませんからね~

しかし、どなたも拾う人を見かけません。美味しいのですけどね(*^-゚)⌒☆

 

゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜



記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 寿々木

    シュウメイギク満開ですね、当地では同じ花が1ヶ月も咲き続けています。天候や昼夜によって、開いたり閉じたりして花びらが少し大きくなりました。
    2016年11月08日 09:19
  • 長さん

    サザエ堂みたいな虫かご、言い得て妙ですね。和室の照明にはこんなのもありですかね。編み目を緩くするか、下に開口部を設けるとかアレンジできますね。
    ハスの実の穴にチリメンの詰め物とは面白い。ちょっと大きいですが、良い飾りになりますね。
    2016年11月08日 11:13
  • nobara

      寿々木さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    シュウメイギクも頑張って咲いていました。
    同じ花が閉じたり開いたり?長持ちするのですね~
    そういうのってありがたいですよね(*^-゚)⌒☆
    2016年11月08日 21:57
  • nobara

      長さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    会津のサザエ堂を 思い浮かべました。
    ほんとによくできています。大きいのは他の使い道がありそうです。
    ハスの実の洞に綿を包んだ縮緬を詰めるのは
    昔から作られていますね。奈良町で見たのを思い出します。
    夫もとても興味深く見ていました。
    サツマイモ掘り、参加したかったです~~~~
    2016年11月08日 22:04
  • keikoさん

    こもれびの里、絶対行きたいです。こんな感じは本当に癒されそうですね。なにしろ自然な感じがいいです。のどかですね~。昭和記念公園も小金井公園も面白さ満載ですね~!
    2016年11月10日 06:21
  • nobara

      keikoさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    花の丘から見ると、行きたい気持ちになります。
    昭和公園に行くたびには寄れないのですが・・・
    ココはボランティアさんたちが本格的に活動なさっています。
    近隣の方たちが通って農作業などなさっています。
    HPを覗くと、いろんな催しが開かれていますね。
    それに合わせていくのもいいかもしれませんね。
    たてもの園ほどには通えませんが・・・・
    2016年11月10日 10:05
  • yasuhiko

    民家の干し柿、見たかったです。
    この時期の風物詩ですね。
    面白い形の虫かごにはびっくり。
    私は何となく蓑虫を連想しました。
    2016年11月10日 17:31
  • nobara

      yasuhikoさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    干し柿、食い意地張ってますので、落ちてこないか念力を<<
    今年は寒いからもう作ってもいいのですね~
    虫かごのおじさまの熱心なお話、心して聞きました。
    蓑虫ですか? 小さいのはそんな感じですね~
    レース編みをする感じで鍋敷きを作るといいと仰ってました。
    2016年11月10日 18:20

この記事へのトラックバック