* 玉川上水べりで・・ * ツリガネニンジン アキカラマツ オニドコロ アマクリナム・・・

 [1930 ]

玉川上水(たまがわじょうすい)は、かつて江戸市中へ飲料水を供給していた上水
(上水道として利用される溝渠)であり、江戸の六上水の一つです。
多摩の羽村から四谷までの全長43kmが1653年に築かれた。また、一部区間は、
現在でも東京都水道局の現役の水道施設として活用されています。
多摩を経由してるから多摩川上水と思われがちなんですが????
庄右衛門・清右衛門兄弟(玉川兄弟)が工事を請負った事からの命名です。
それの一部が小金井公園、五日市街道に沿って流れています。我が家近くです。
そこの川べりにいろんな花が見られます。市中にあってそれは貴重ではないでしょうか

画像画像
画像画像画像
画像ツ リ ガ ネ ニ ン ジ ン (釣鐘人参)
キキョウ科ツリガネニンジン属

画像
毎年花を咲かせる多年草 
日当たりの良い草地や野原、
堤防などで見られます。
  
玉川上水べりでは・・・
濃い色、薄い色、白色☆、
多彩に見られます。




画像画像画像
画像画像
アキカラマツ(秋唐松)
キンポウゲ科カラマツソウ属
北海道から九州、朝鮮・中国に
分布する多年生の草本

堤防、草地などに生育し、
高さ1m以上になります。
7月から秋まで黄白色の花を咲かせます。
キンポウゲ科の植物には光輝く花弁を持つものが多い印象がありますが
アキカラマツの花は地味であり、花弁のように見えるのは萼です。
花弁がないので、多数の長い雄しべがよく目立つ。葉は2~3回羽状の複葉であり、
粉青白色で特徴ある色調です。 玉川上水の緑道には、よく見られます。



画像画像画像
画像画像オニドコロ(鬼野老)ヤマノイモ科ヤマノイモ属

ヤマノイモ属の中で最も多く
里山で普通に見られる。
ヤマノイモと違い、根は苦味が 強く、
アルカロイドを含み食べられない。
昔は灰汁で煮て水に晒し、
食用としたこともある という。
葉は互生し、長さ5~14㎝

画像
画像アシタバ(明日葉)セリ科シシウド属
日本原産で、房総 半島から
紀伊半島と伊豆諸島の
太平洋岸に自生します。
ココで自生?とは思えませんから
どなたかが?
植えられたものなのかしら?
立ち入りもできない場所ですが。



画像
画像画像
ヤブガラシ(藪枯らし)ブドウ科 ヤブガラシ属
つる性多年草   別名: ビンボウカズラ  
地下茎から盛んにつるを伸ばして他の植物を覆い
藪を枯らすほどに繁茂します。
別名は、手入れが悪いと繁茂し、貧乏くさくなるから
厄介なことに、スズメバチやアシナガバチなどが好むそうです。
蝋細工のようなオレンジ色の花盤がピンク色に変わっていきます。


画像
画像画像
アマクリナム(ヒガンバナ科 アマクリナム属 )
原産:カリフォルニア  花期 :8-10 月頃   耐寒性球根多年草
ホンアマリリス・ ベナドンナ と クリナム・ムーレイの交配品種
花の色は、この色のほかに白があるそうです。
これは道路側の路肩に咲いてたので
どなたがが植えられたものでしょうね。
遠目にはとても綺麗に見えましたが近づいたら傷んでました。


゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜

【雑 記】

画像画像

ご近所のKさんが、100歳で天寿を全うされました。 学者さんでした。
96歳まで某大学でお仕事なさっていたそうです。
おやさしい方で、我が家が引っ越してきた頃、鈴虫などのお世話をなさってました。
お会いすると、いつもお声を、かけていただきました。
お仕事もバリバリなさっていて・・そのころ80歳だったなんて信じられません。
お通夜にご近所の皆さんと出向きました。 お通夜もお人柄をしのぶものでした。
自然を愛されたKさんが最後に手掛けられた絵本(まつぼっくりなどの木の実を使った)
お返しの中に1冊忍ばせてくださってました。本の最後の頁が心に残りました。

画像








記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 58

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 友子

    最後のお写真と言葉に泣けました。

    胸のなかで何度も繰り返しています。
    こんなふうにお別れが言えたら素敵です。
    そうなれるように日々を過ごしていきたいと思いました。
    いい記事を読ませていただきました。
    2016年09月25日 11:13
  • 長さん

    夏から咲き出すとは言え、秋に最盛期を迎える花たちですね。
    アシタバなど、セリ科の花には小さなありんこが這い上ってきますよね。ヤブカラシにも来ていますね。
    100歳で大往生ですか。お祝いしても良いお歳ですよね。
    私も膵臓ガンを未然に防止したことだし、もっこの分まで長生きしなければ。
    2016年09月25日 13:19
  • コスモス

    96歳までお仕事をされ、100歳で天寿をまっとうされたなんて、素晴らしいですね。
    ほっこりするお話しです。最後の言葉がじーんときます。
    2016年09月25日 15:59
  • ミクミティ

    玉川上水、江戸の人々の大仕事だったろうなと思います。まさに首都を作りあげる偉業であったと思います。それが現在でも一部使われているのは凄いことです。
    マツボックリの絵本、本当に素敵です。
    絵本と人形の中に、長い人生の重みも盛り込まれているように感じました。
    2016年09月25日 21:55
  • 寿々木

    ヤブカラシ(ビンボウカズラ)は当地河畔でもよく見かけます。台風の大水が引いて窓から見たら、河の中の岩の上に亀さんが甲羅干しをしていました。白サギや川鵜が群れ、鯉が泳いでいるのが窓から見えます。最近はモズのツガイが甲高い声で鳴くようになりました。
    2016年09月26日 08:45
  • nobara

      友子さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    この日を想定してたかのような絵本の終わりでした。
    通夜の会場にも実際のまつぼっくりの作品が額装されたり
    各所に置かれていたり・・でした。
    お若く見えることもあり、100歳とはとても思えなかったです。
    絵本の表紙のまつぼっくり、Kさんにどことなく面影が・・
    学長さんをなさっていたのですが、素敵な方でした。
    さいごのさいごに、『さよなら・・またね・・』と言えれば・・・
    2016年09月26日 10:16
  • nobara

      長さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    玉川上水べりはほんとに癒される場所です。
    源流に近づくほど素晴らしいと聞きます(*^-゚)⌒☆
    素晴らしいKさんのご生涯でした。
    96歳まで普通にお仕事なさって、最後はご自宅で眠るように。
    長さんは未然に防がれて何よりでした。
    本日の紙面によると発覚した時はかなりのステージらしいですね。
    もっこさんの分まで、一病息災で参りましょうね
    2016年09月26日 10:22
  • nobara

      コスモスさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    ご生涯、現役で・・・最後はご自宅で眠るように。。。。
    最近は、奥様といつも近くの公園を散策なさっていました。
    奥様のお姿が・・・とてもさみしげでした。
    りっぱな2所帯住宅を建てられて、息子さん一家とご一緒でした。
    お庭の花木なども、楽しませてもらっています。
    本当にすごい方だったのだと改めて思いました。
    2016年09月26日 10:27
  • nobara

      ミクミティさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    自然な感じで私たちの生活環境にあるのですが・・・
    たいへんな偉業だったのだと思います。
    地元の友人が言うことには幼い頃は怒涛の流れだったと。
    学長をなさっていた大学の構内で拾われたまつぼっくりなどで
    いろいろアレンジなさって作品に。それに文章を添えてあります。
    幼児教育に心を尽くされたそうです。
    いまさらながら、いろいろ思い出して、偲ばせていただいています。
    2016年09月26日 10:37
  • nobara

      寿々木さん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    寿々木さんのお近くの河とはくらべものにならない
    小さな上水ですが、土手の草花は自然がいっぱいです。
    中には入っていけないですが遊歩道から楽しんでいます。
    貴重な自然?かなと思っています。
    2016年09月26日 10:40
  • keikoさん

    上水沿いはとても豊かな植生ですね。そういえばヤブガラシって子供の頃ちょっと美味しそう(色がかわいい)などと思っていました。
    Kさん、素敵な方でいらしたのですね。温かなお人柄が偲ばれる絵本です。天寿を全うされ、何よりです。
    2016年09月28日 06:45
  • nobara

      keikoさん・・・
    お出ましいただきありがとうございます。
    上水沿いはほんとにすばらしいですよね~
    思いがけない花に出会えたりして目を見張ります。
    立ち入れないで眺めるだけがいいんでしょうね。
    ヤブガラシの蝋質の花盤はかわいいですよね~♪
    Kさんは、いまさらながら、すごい方だったと思いました。
    いろいろ気にかけていただいたのがありがたかったです。
    2016年09月28日 08:59

この記事へのトラックバック