゚・*[くじゅう・野の花の郷で①]゚・* ヤマユリ ウバユリ キツネノカミソリ etc

画像画像
何度もこの辺り通過しながら『パスッよパスッ!!』でしたが 前回 ヒョンな事で立ち寄って以来
今度はここのファンになっています。当然の事ながら~~しっかり時間をとって立ち寄りました。
くじゅう「野の花の郷」は、大分県玖珠郡にある野草園です。九重や阿蘇に近い飯田高原 にあって
約4万m2の敷地に、自然の野山や草原の状態で多くの野草たちが自生したり、植えられたりしています。
四季を通じて約千種の野草を散策しながら、鑑賞することができます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

画像画像
画像画像画像

ヤマユリ(山百合)ユリ科ユリ属】‐球根植物‐日本特産の ユリ。
北海道と北陸を除く、近畿地方以北に分布する日本特産種。夏の最も暑い時期 に満開となり
関東地方では夏の風物詩として語られることが多い。茎の高さは1.5mに 及び、
花期にはその茎の先に20㎝近い大きな花を10個近く咲かせる。
どの植物図鑑、見ても九州に分布の記述はないのですが?確かに“くじゅう”に咲いていたんですよ
百合も色々有りますが、この百合が一番豪華だと思います。私の中の ナンバー1ですね
花咲かお爺さん六甲で 、 寿々木さん木曽駒のをupされていました。
40年以上も前ですが 北上の山道をドライブ中、噎せ返るような匂いに車窓を見ると
辺り一面(山全体が)ヤマユリの花で覆われていました。何ラインだったか記憶が定かでないですが・・・・・
バックに金華山を見て走ったような~~??? 今回の大震災の被災地だったかも知れません。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

画像画像
画像
ウバユリ(姥百合)ユリ科ウバユリ属】‐多年草‐
山地の森林に多く自生します。関東地方以西~四国・九州に分布
高さは60~100cm。茎は直立し、輪生状に多数の葉をつける。
葉はユリ科としては珍しく幅広いハート形になる。
地下にはユリと同様の鱗茎(球根)をもつ。
花期は7~8月。花はユリに似るが緑白色で細長い。
画像画像

花が満開になる頃には葉が枯れてくる事が多い為、歯(葉)のない「姥」にたとえて名づけられた。
コバネイナゴ」がウバユリの花の上で小休止していました。イナゴなら大丈夫だもんネ‐ヘ(^o^)/
蕾は、まだまだ~ こんなお花が咲くとはヨモヤ想像できない姿で~~~~す(^O^)(^-^)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

画像キツネノカミソリ(狐の剃刀)ヒガンバナ科
‐多年草・球根植物‐
本州から九州に生育するヒガンバナ科の植物
ヒガンバナと同様に、花が咲くときには葉がない。
画像画像

早春からスイセンに似た葉を展開し、夏草が茂るころには葉が枯れる。その後に花茎を形成し、花を咲かせる。
名前の由来は葉の形がカミソリに似て、花の色がキツネの体色をイメージさせる事によるそうです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

画像画像画像

①[コオニユリ(小鬼百合)ユリ科]ムカゴがつかない ②[ユウスゲ(夕菅)ユリ科] ③[ノカンゾウ(野甘草)ユリ科

画像
前回、6月初旬に来た時、お花だった
アオマムシグサ(青蝮草)サトイモ科テンナンショウ属
に、実が出来ていました。
これから真っ赤になります。染まり始めでした。


今回はお天気も良く(前回は雨に濡れながら~)
団体さんご一行に、時折、阻まれましたが・・・
こちらは時間に余裕が有る分、やり過ごして~
ゆっくりと観察できました。先ずは[ユリ科]を中心に
纏めてみました。その他のお花も今回は大量です。
幾つかに分けて、お伝えしていきますね~(*^-゚)⌒☆


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

東日本大震災義援金via 日本赤十字社 
日本赤十字社では、今回の震災の被害が甚大かつ広範囲に及んでいることから、被災県組織に代わり、
皆さまからの義援金を受け付けております。この「東日本大震災義援金」は、国内で発生した大規模災害に
対して皆さまからお寄せいただくもので、全額を義援金配分委員会に送金いたします。
その後、同委員会で立てられた配分計画に基づいて、被災者の方々へ届けられます。
(義援金配分委員会とは、都道府県が主体となって構成される委員会で、赤十字は構成メンバーの一員です)
アクセスはこちら



記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • 目黒のおじいちゃん

    おはようございます。九重の緑濃い野草園、私達が寄ったところとは雰囲気が違うようですが、林のなかに咲くヤマユリには心踊りますよ。ポケット図鑑にも本州としか書かれていませんが学者は勉強不足なんですね。こちらでも斜面一面に咲いている所があります。
    2011年08月05日 06:02
  • 寿々木

    TB有難うございます。百合の中でも、ヤマユリがいいですね。花も綺麗で香りもいいです。香りだけなら、オオウバユリも負けません。
    2011年08月05日 08:17
  • 長さん

    4万㎡に1000種ですか、四季折々に訪れてみたいですね。
    ヤマユリは人為的に植えられたものかもですね。イナゴもいましたね。
    2011年08月05日 11:33
  • eiji

    ユリの中ではヤマユリに一番憧れます。自然の野山で見る姿は最高ですね。ウバユリは咲いたのは余り見かけませんが晩秋に花柄を何度か見たことがあります。
    キツネノカミソリ、コオニユリ等沢山の種類のユリが咲くのですね。秋の花も楽しみですね。
    2011年08月05日 15:38
  • やろい

    今日は・・大粒の雨が降り直ぐに止みました。
    夜、少し涼しくなることを願っています。
    山百合・・時期ですね・・こちらでは見られません。
    一昨日吉野のお方とお会いしてのですが、自生のヤマユリが
    どんどん消えていくそうです。
    報道されると押し寄せて来られ・・困りますなんてこぼしておられました。
    自然な中で見るのが一番人にもユリにも好いでしょうね。
    >歯(葉)のない「姥」にたとえて名づけられた・・・へえええ~
    なんですそうだったんですか(笑)通路近くに咲いているのですね。
    2011年08月05日 16:31
  • 花咲か爺

    どうもTB有難うございます。
    ヤマユリ、本を見ますとお説通り北海道と北陸を除く、
    近畿地方以北と有りますが其方で見つけられて大発見でしょうか。
    ヤマユリの花の中央に有る黄色い線が赤い物が有るという事です。
    そんな花を探してみたいです。
    姥百合も数年前に六甲に出かけたとき沢山咲いていましたが
    今回は数輪見ただけでした。百合の種類の多さに驚くばかりです。
    nobaraさんの花探しの新しい場所が又増えたようですね。
    2011年08月05日 19:59
  • nobara

     目黒のお爺ちゃま…
    お立ち寄りと気持ち玉を戴きありがとうございます。
    目黒さんもくじゅうの野草園に立ち寄られたのですか?
    丘陵をうまく利用して色々な植物を自然のままにしてあります。
    団体さんはご案内人が先導してくださっています。
    申し訳ないので山柿の干し柿を求めてきました。
    有難い趣旨の野の花の郷でしたよ
    2011年08月06日 16:07
  • nobara

     寿々木さん…
    お立ち寄り戴き有り難うございます。TBもありがとうございます。
    ヤマユリ、いいですよね~
    ♪匂いやさしいシラユリの濡れているよなあの~瞳・・♪は
    北上夜曲ですが、北上の山はそれほどにヤマユリが溢れていたんですね。
    2011年08月06日 16:10
  • nobara

     長さん…
    お立ち寄りと気持ち玉を戴きありがとうございます。
    きっと人為的に植えられたモノでしょうが、確実に増えているみたい。
    群生していましたから~環境が合わないと乏れてしまうでしょうから
    昔、幼い時、山で見たような記憶があるんですけれど?
    南九州なんですけどね~あまりに遠すぎて記憶も定かでないですわ~
    2011年08月06日 16:13
  • nobara

     eijiさん…
    お立ち寄り戴き有り難うございます。
    ヤマユリ、豪華ですよね~西洋の人々が魅了されたのが判ります。
    カサブランカもですが、ヤマユリにあと一歩ですかね~
    蕾のお花もいっぱいありました。咲いた姿を想像しましたァー
    少し時期をずらすとまた違うお花が楽しみです。
    ユリ科のお花が、結果、目立ちましたので意識して纏めてみました。
    2011年08月06日 16:23
  • nobara

     やろいさん…
    お出まし戴きましてありがとうございます。
    まぁ~にわか雨、適度なら嬉しいですね~~~
    こちらは全く降りませんが、たまに降るとずぶ濡れです(-_-;)ぁはは
    >ウバユリは他にも俗説があるようですが・・・
    ちょっとぉ~失礼しますよね~(^O^)今は歯科の技術が凄いので?
    2011年08月06日 16:27
  • nobara

     花咲かお爺さん…
    お出ましと気持ち玉、それにTBも有り難うございました。
    ヤマユリ、多分、人工的に植えられたのだと思いますが。
    それにしてからが、環境が合わないと駄目になるでしょうから
    ココが気に入ったのではないでしょうか・・・
    カノコユリも可愛いですがヤマユリには気高さがありますね~
    ココは何度も通過しました。ヒョンナ事から立ち寄って
    もう~~病みつきになりそうでっせ~ヘ(^o^)/
    この後もぎょうさん。続きがありますよってに見てくんなはれー♪
    2011年08月06日 16:32
  • しまちゃん

    こんな木立が有る所散歩したら今の時期は涼しいでしょうね。
    花々も生き生きと咲いて此処に咲いてるよと言ってるみたい!
    山百合沢山の花付けて居ますね。オレンジの狐のかみそり引き立って居ますね。
    今年はまだ見て無いゆいつ見たのはウバユリだけかな?北の大地でみたウバユリ同じ種類でしょうか?生憎の雨で撮らなかったのですが・・・
    2011年08月08日 17:25
  • nobara

     しまちゃん…
    お立ち寄りと気持ち玉を戴きありがとうございます。
    木立の所は涼しいですがお花の散見する辺りはあぢぃ~でした。
    ヤマユリは蕾もまだいっぱいありました。
    北の大地ならオオウバユリでしょうね~
    ウバユリは北海道には分布しないみたいですから。
    こちらも佳い香りがするんですよーーー
    2011年08月08日 21:00

この記事へのトラックバック