nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * 八島ヶ原湿原 B * グンナイフウロ イブキボウフウ ノビタキ・・・ 

<<   作成日時 : 2018/07/07 06:30   >>

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 15

 [2245 ]
八島ヶ原湿原(やしまがはらしつげん)は、長野県のほぼ中央に位置する
八ヶ岳中信高原国定公園中部の霧ヶ峰の北西部に位置する標高約1632mの高層湿原
画像

----------------------------------------
画像
グンナイフウロ(郡内風露)フウロソウ科フウロソウ属 
山地〜亜高山の草地に生える多年草 
★[郡内=山梨東部の桂川流域の古名]
この花に逢いたくて湿原の奥地に進みます。
ビジターセンターから右に進んだところにも群生 
うっすらピンクがかってるのが多いのですが、
中に青味の強い子も。タカネグンナイフウロ??
調べたところ、グンナイフウロの
色変化の範囲内ということでした。
状態のいいこの花に出逢えたのはラッキーでした
画像画像

----------------------------------------

画像
画像
❶❷ イブキボウフウ(伊吹防風)セリ科カノツメソウ属 
草地に生える多年草 花期:8-9月 分布:近畿以北
❸❹イブキトラノオ(伊吹虎の尾)タデ科タデ属 高さは0,3〜1,2メートルに


画像
 ❶ノアザミ(野薊) キク科  ❷ムラサキツメクサ(紫詰草)マメ科
❸❹エンレイソウ(延齢草)ユリ科 :花後で実になりつつありました。 


画像画像
アカギキンポウゲ(赤城金鳳花)キンポウゲ科  霧ヶ峰辺りはすべてこの種
ウマノアシガタ(キンポウゲ) の変種で、 かってはウマノアシガタとされていたが、
1955年赤城山で発見されたものが別種として命名された。
茎や葉柄に生える毛が下向きに寝ていることで識別されるそうです。

画像画像
  ヤマオダマキ(山苧環)キンポウゲ科     ヤマドリゼンマイ山取薇)ゼンマイ科:山地の湿った場所に生える     


画像
マムシグサ(蝮草) サトイモ科テンナンショウ属
この仲間(テンナンショウ属)は30種余りもあって、一部を除き、変異が多く区別が困難な種類です。
イモ状の地下茎は有毒ですが、全草有毒であるとするのが普通だそうです。


-----------------------------------------------

画像
画像ノビタキ(野鶲)スズメ目ツグミ科
本州では山地の草地に飛来するそうです。
道案内をするように?目の前で先に先に??
止まれないような草に挑んでずっこけてたり?
赤い花はレンゲツツジです。

←遠くの水辺の鳥は・・・
多分、カルガモと思います。
湿原の奥の方なので
コンデジで引っ張って?やっとでした。

そのほかに必ず近くで囀ってるのがウグイスです。
盛んに美声を聞かせてくれますが姿は見えません。
林のほうからカッコウも啼いていました。


画像

木道左手に群生して咲いてるのはレンゲツツジです。
湿原の木道は修理しても修理してもどこかしら駄目になっていて
管理補修するのも大変な事だと思います。感謝しかありません
八島ヶ原湿原のレポはこれにて終了です。



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜


記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
グンナイフウロはタカネグンナイフウロに比べて花数が多いようですね。タカネグンナイフウロは標高2600mの木曽駒山麓八丁坂で見かけますが白花は見たことありません。今朝当地は雨がやんだらアブラゼミが鳴き出しました。
寿々木
2018/07/07 09:08
お好きなフウロソウの仲間に出会えましたね。私も今回の旅で、グンナイフウロやアサマフウロに出会ってきました。
ノビタキを近くで撮れて良かったですね
最後の写真、しっかり長袖を着ておられますが、寒かったのでしょうか。
長さん
2018/07/07 14:01
 八島ヶ原湿原、本当に良い自然が残されていますね。イブキトラノオ・イブキボウフウ良いですね。グンナイフウロは北海道では無い種のフウロソウですね。でもよく紹介される植物ですね。シロバナエンレイソウは、エンレイソウのようです。エンレイソウ萼片の色が紫の物と緑色の物が有るようです。
 ノビタキは、黒くない方は、まだ若鳥からかもしれません。
藍上雄
2018/07/07 14:04
グンナイフウロ、イイですね。
最後の回が一番力が入ったというのは、お目当てのグンナイフウロに会えたからですね。(^^)
11カットも載せてはるもん。
沢山、咲いてたんですね。

イブキボウフウは、木道じゃない所なんですね。
マムシグサはフレッシュさんや。
この時が、一番可愛いいです。(^^ゞ

ノビタキ、イイ所に止まってくれましたね。
nobaraさんに会いに来たんや。
エッ?止まれないような所に乗ってズッコケてたんですか。
カッワイイ!(^^)

木道の管理補修、ホンマ大変な作業やと思います。
ありがたいですね。(^^)
yoppy702
2018/07/08 01:06
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
グンナイフウロに逢えるかも?が一番の目的でした。
タカネグンナイフウロとはかなり違いますね。
ココのは白から〜薄いブルー、ピンクと幅がありました。
7月半ばに参りますと残り花ですから照準がピタリ?
も〜@@ アブラゼミが啼いていますか?
このアメが過ぎたら本格的な夏なのでしょうね。
でも西日本の豪雨、はやく収まってほしいです。
nobara
2018/07/08 09:35
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
グンナイフウロは最初から会えるのでは!と期待していました。
木道が切れる奥の所と思いましたが、入り口から右に入った所にも群生。
アサマフウロに逢われたの?
ハクサンフウロより遅いですよね〜
八島湿原では8月の終わりにならないと出逢えないです。
ノビタキ、幼鳥まで@@ 遊んで貰いました。
鳴き声が甲高く可愛いです
この日は寒かったです。雨具のゴアテックの上着を着て丁度でした。
ヴィーナスライン、下りは濃霧に巻かれましたしね。
nobara
2018/07/08 09:47
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
八島ヶ原湿原、東京からは出かけやすい場所なのでついつい!
夏休みだけ避けるようにしています。
駐車場に入れないので。
イブキトラノオ・イブキボウフウ、これからです。
ノビタキ、この辺りで動きが盛んでした。
仰るように営巣してるかも知れませんね。
茶色がかったのは若鳥なんでしょうね。ありがとうございます。
ここでウグイスの姿も捉えた事があったのですよ!
今年は鳴き声だけ聞かせてくれました。
延齢草、了解いたしました。
nobara
2018/07/08 09:55
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
グンナイフウロ、興奮が伝わってきますか?(笑)
このほかにも撮りまくりでした((((^Q^)/舞い上がりました。
イブキボウフウ、木道でも見かけましたが
木道ではない砂礫の道の脇にず〜と咲いていました。
その隣はベニシモツケソウが蕾をもたげていました。
ノビタキ、藍上雄さんによると近くに営巣地があるのでは?
大きめに見えて茶色っぽいのは若鳥らしいです。
甲高いかわいい声で啼いていました。
ここでかなり遊んで貰いました。
nobara
2018/07/08 10:46
グンナイフウロやイブキトラノオなど、見たことない花たちがいろいろ登場してますね。
八島ヶ原湿原も素晴らしい所ですね。
結構寒くなるんですね。
ノビタキもしばらく観察できて良かったですね。
コスモス
2018/07/08 14:39
やっぱり、八島ヶ原湿原はこの時期は花が豊富でよいですね。
鳥も人間を信頼している?
まだ、レンゲツツジが咲いているんですね。

2018/07/08 16:57
  コスモスさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
グンナイフウロは、実は期待して出かけました。
いつも夏休み直前に出かけたときは残り花でしたから。
あ〜やっぱり、咲き始めだったと大喜びでした。
イブキトラノオはこれから<<ですから楽しみです。
このノビタキ、営巣近くだったらしく親鳥や若鳥が姿を見せて
甲高い啼き声を聞かせてくれました。
そこから立ち去りがたかったですよ!
想いがけない出会いもまた、楽しいですね(*^-゚)⌒☆
nobara
2018/07/09 07:45
  温さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
この時期に出かけたのはたぶん?初めてでした。
あまり?見られないかなと思いましたが。
思いがけずたくさん見られることができました。
レンゲツツジは今はニッコウキスゲに変わってると思われます。
わたしのつかの間のレンゲツツジを楽しみました。
nobara
2018/07/09 07:49
レンゲツツジが素晴らしいですね、
週末、湯の丸高原ではおわっていました。
目黒のおじいちゃん
2018/07/10 13:52
  目黒のお爺ちゃま・・・
お出ましいただきありがとうございます。
レンゲツツジは鹿の食害に該当しないから残っていますね。
少し、遅くまで見られたって事なんでしょうか?
今頃はニッコウキスゲにとって代わっていますね。きっと!
湯の丸高原も6月ちゅうだったでしょうか?
その代わり素晴らしい光景に会えましたね(*^-゚)⌒☆
nobara
2018/07/10 15:30
八島ヶ原湿原@〜Bをまとめ読みしました。
八島ヶ原湿原はyoppyさんのレポで知っていましたが超詳しいので、手に取るようです。
花暦を確認して、中に入るようになっているんですか。
心配りが出来ていますね。
標高約1632mとあるので、今の時期涼しいですね。
(それしか頭にない^^)
オオカサモチ(大傘持)がユニークな名前です。高山では特異なくらいに大きいんですね。
マムシグサは、普通の低山で良く見ますが、葉っぱも有毒なんですか。
面白いと言って触ったりしない様にします。
最後のカーブする木道が素敵です。
多くの人が歩くと傷むでしょうし、修理も大変なことが想像できます。
素晴らしい、八島ヶ原湿原を楽しむ事が出来ました。

私はこれから高砂へ出かけるので、やや忙しいです
アルクノ
2018/07/16 08:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
* 八島ヶ原湿原 B * グンナイフウロ イブキボウフウ ノビタキ・・・  nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる