nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * 殿ヶ谷戸庭園 * 次郎弁天池 青もみじ シライトソウ カルミア・・・

<<   作成日時 : 2018/05/13 08:57   >>

ナイス ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 18

 [2219 ]
殿ヶ谷戸庭園(とのがやとていえん):武蔵野の自然の地形。すなわち段丘の崖にできた谷を
巧みに利用した「回遊式林泉庭園」、崖の上の明るい芝生地と崖下の湧水池、樹林で
雰囲気が一変する造園手法がみどころのひとつ。
大正2年〜4年に江口定條(後の満鉄副総裁)の別荘として整備され、
昭和4年には三菱財閥の岩崎家の別邸となりました。のちに都が買い上げ。
なお、庭園の名称は、昔この地が国分寺村殿ヶ谷戸という地名であったことに由来しています。
池の水源である湧き水は、古くは「次郎弁天の清水」と言われた名水です。
画像画像
画像入り口の所に(入園窓口より前に)
旬の草花の展示と説明が嬉しいです。
これで見逃さずに見られ有難い配慮

都立の庭園はシニアにやさしい。
入園料は@70 なんですよ!
ワンコインでおつりがきます
上❶この日はミニ盆栽の講習会も
開かれていたようです。


-----------------------------------------------

画像
画像
竹林には無事に?大きくなった筍も
採らないで下さいの札も?
こんな所で掘る人がいるのかしら。
上の写真の左奥の位が美味しいですね。
手前だと大きくなりすぎだねと
夫と不届きな会話を・・・・
今季はいっぱい頂きましたから〜

画像画像
       (左)ノイバラ(野茨)が伸び伸びと咲く            (右)青い梅、大きく実ってます。 


画像
画像
シライトソウ(白糸草)

ユリ科 シライトソウ属 野生の多年草
和名は糸屑を束ねたような花の姿に由来 


画像
画像次郎弁天の池:国分寺崖線から、湧き出る清水(通称ハケの水)を集めて出来た水たまりを
別荘造成時に、形のよい池として造られました。 またこの池の水源ある湧水は、古くから
『次郎弁天の清水』として信仰された名水であり、野川に注いでいます。 ただ残念なことに
今もって、この池の名前の由来、弁天様のまつられてあった場所などは不明です。
画像
↓池の島?にはこの時期、定番の
アヤメ(菖蒲、文目、綾目)
アヤメ科アヤメ属
 多年草
山野の草地に自生します。
ここは水辺だけど?島なので・・
画像






↑池の際に、たくさんのこの花が。↑
ニガナ(苦菜)キク科ニガナ属
水辺で見かけるのは珍しい!
あちこちに群落を作っていました。移植したのでしょうか?

画像
このアオモミジの景観も素晴らしくて〜〜しばし、見とれておりました。

画像画像
湧水してる場所です。こうやって少しづつ湧水してるのですね〜


画像画像
     (左)カタクリの花後(とても可愛い)     (右)フユノハナワラビ(冬の花蕨)ハナヤスリ科ハナワラビ属

画像画像
 (左)シラン(ラン科シラン属)2色   (中エビネ・キエビネ(ラン科エビネ属)  (右)アヤメ(アヤメ科アヤメ属)


    上❶❷ドイツスズラン(キジカクシ科スズラン属)    ❸トキワハゼ(常磐はぜ)ハエドクソウ科サギゴケ属
画像
      下❶キランソウ(金瘡小草)シソ科キランソウ属         ❷カワラナデシコ(河原撫子)ナデシコ科


画像
 ❶ウマノアシガタ(馬の脚形)キンポウゲ科      ❷❸ハハコグサ(母子草)キク科ハハコグサ属:オギョウ

画像
ボタン(牡丹)ボタン科ボタン属 落葉小低木 別名:富貴草・富貴花・百花王・花王・花神・百花の王など
 左上と右上の蕾は シャクヤク(芍薬)と思います.。 .


画像
カルミア(Kalmia latifolia)ツツジ科ハナガサシャクナゲ属(カルミア属) 別名:アメリカシャクナゲ
コンペイトウのような形をした、色濃い蕾を持っています。花が開くと皿形になり、色は薄く模様が入って
蕾の様子とは全く異なった印象です。開いた花を見ると、雄しべの先は花弁のくぼみの中に収まっています。
この時、ここのは、まだ蕾が展開したばかりのようでした。かわいらしい花だと思います。

-----------------------------------------------

画像実はこの日、お昼ごろに、夫の学生時代の友人夫婦に誘われて、西武球場近くの竹亭さんで会食してきました。我が家からは不便なので武蔵野線の新小平駅に迎えにきて下さいました。 そこからは車で目的地に、名前の通り竹林の中に佇んでいます。眺めも素晴らしかったです。 お嫁のKちゃんは、結婚する以前の話を聞くのが嬉しいと・・・・たいそう喜んでいました。夫たちは会ってましたが、
私は25年ぶりくらい?だったかも。『変わらな〜い』とリップサービス 
すっかり気分が良くなって、お料理も堪能できました。お喋りにも花がいっぱい咲きました。
これからは、こういう機会を増やしましょうという事になりました。




゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜




記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 63
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
殿ヶ谷戸庭園にいらしたんですね。
今の時期は青もみじにシライトソウやアヤメ、ドイツスズラン等々可愛い花たちもいっぱい咲いていますね。
カタクリの花後ってこんな風になるんですか。
種がいっぱいできていますね。これがはじけるんでしょうか。
コスモス
2018/05/13 10:20
殿ヶ谷戸庭園と次郎天池、素敵なところですね。
眩しいほどの新緑に見惚れてしまいました。
竹林も素敵ですね。筍は頭が出ていないところを足で探して掘り上げたものが最高に柔らかくて美味しいらしいです。
白糸草、初夏の涼しげを漂わせていますね。
カルミアという名前ですか。友人と牡丹やシャクヤク、バラ園のお寺を散策していた時見つけたのです。可愛い形をして可愛いですね。
我が庭に白のシランがあります。
みなみ
2018/05/13 11:13
こんにちは。ここは何回か寄った事があります。懐かしいです。
急な傾斜地なので再訪は困難かも知れません。
目黒のおじいちゃん
2018/05/13 12:43
野草、洋花、和花沢山出てきましたね。素敵なお屋敷だったのが公のものになったのですか、都民の癒やしの場とは素敵です。
寿々木
2018/05/13 16:06
今見頃の花は写真での紹介が多いですが、ここは実物の寄せ植えですか。嬉しい展示ですね。
シライトソウが見頃の時期で良かったですね。数年前の5月末に武蔵丘陵森林公園に見に行ったら時既に遅しでした。
へー、カタクリの花後はこんな形ですか。初めて知りました。
長さん
2018/05/13 18:45
 殿ヶ谷戸庭園は庭園ですが、山野草も自生しているのでしょうね。(自然の地形を利用して作られた庭園?)
 タケノコですが、先日の弘前桜祭りでも販売されているのを見ました。結構良い価格でしたよ。
 シライトソウを見ると、いつも台所にある洗浄道具を連想します。ユリ科ですが個性的な花ですね。
 カルミアですが、花弁に赤い小さな斑が入っていて、可愛い花ですね。初めて見ました。
藍上雄
2018/05/13 20:08
「段丘の崖にできた谷」ですか…
タモリが喜びそうな所や。(^^)
ブラタモリを見ていると、こういう言葉に、つい、反応してしまいます。(^^ゞ

エッ!?70円!
シニア料金?
いくら都立でも、そりゃー安過ぎますよ。(^^)

左上の画像、何の置物があるのかなぁ…と拡大してみたら、置物とちゃうかった。(^^ゞ
「今が旬の草花」って、吹き出しも付けてくれてるんですか?
これは、ボク的には、メッチャ嬉しいです。(^^)

筍、nobaraさん、一杯、格闘(?)されてましたもんね。(^^)
手前のは、どれ位の期間で、「竹」になるんでしょうね?(^^ゞ
かなり背が高くなっても、筍が伸びたって感じですもんね。

水辺のニガナ…
野の花というイメージですが…
ひょっとしたら、水耕栽培?(^^ゞ

ここも、お花が一杯ですね。
しかも、会食でも、お花を一杯咲かせてる。
さすが、nobaraさんやなぁ。(^^)
yoppy702
2018/05/14 00:53
殿ヶ谷戸庭園、本当に素敵なところですね。
記事を読ませて頂くたびに、是非行きたいと思っています。
娘もこういう所が好きなので、絶対行こうと思います。
野草も含め、お花の宝庫でもあるんですね。
カルミア、ご近所でも満開で見事です。
keikoさん
2018/05/14 11:50
  コスモスさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
出かけたときの、途上にありましたので急遽、下車しました。
時間が押していましたが、この日は一時間延長されていました。
シライトソウが綺麗な状態で見られました。
カタクリの刮ハ?が上部が切れていました。
とてもかわいかったです。多分。種が弾けて芽吹く?
芽吹いても7〜8年、かかるのでしょうね。
nobara
2018/05/14 16:11
  みなみさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
国分寺崖線を最大に利用した庭園だと思います。
アップダウンが急です。湧水利用がなるほどなと思います。
この崖上の茶室で友人はお茶席を開いたことがあるそうです。
そこからの眺めが絶景。黄葉もいいけれど青もみじもいいです。
カルミア、セイヨウシャクナゲとも呼ばれます。
蕾で愛で・・咲いてうっとりの花卉ですね(*^-゚)⌒☆
白のシランは上品ですね。
nobara
2018/05/14 16:17
  目黒のお爺ちゃま・・・
お出ましいただきありがとうございます。
芝生の所と山野草の所だけなら平坦ですから・・
弁天池の方に下ったり登ったりしなければ
負担はそれほどかからないかも知れませんね。
nobara
2018/05/14 16:20
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
分限者の贅沢という感じがします。
国分寺崖線を利用したとなると、すばらしいです。
しかも湧水までついてくるんですからね〜
これが野川にの注ぎます。ホタルも飛び交う清涼な湧水です。
入園料などほとんどただ?みたいなものです。
無料チケットもありましたが、使わなかったです。
nobara
2018/05/14 16:52
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
この今、見られる花の寄せ植え(写真図解も)嬉しい配慮です。
これだとよしんば見逃してもここにありますから〜
シライトソウは想定外でした。群生が見事でした@@
カタクリ、先が弾けて?いたようです。
種がしっかり見えました。横のは弾ける前の実?
nobara
2018/05/14 20:37
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
殿ヶ谷戸庭園はあの三菱財閥の・・です。
東京のめぼしい所を全部手中に収めていますよね。
湧水を利用した池が山水画みたいな景観です。
崖の上のお茶室が素晴らしいです。
雨の時歩いて尻もちついたことがあるんですよ!
カルミア、ご覧になったことありませんか?
蕾から開いた姿が魅力的です。金平糖みたいなんですよ。
どこかでご覧になれたらいいですね(*^-゚)⌒☆
nobara
2018/05/14 20:45
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
いわゆる国分寺崖線(ハケ)といわれるところです。
たてもの園にも武蔵野のハケというところが設えてあります。
タモリ?やったのではないかしら?あまりにも有名なハケです。
ブラタモリ、必ず見ます。私も柱状節理フェチ?(笑)
入園料。安すぎでしょ?
そういえば最近、昭和公園もシニア料金ができました。
吹き出し説明の写真と実物が並んで至れり尽くせりですよね。
そうそう、今年、筍、何本もやっつけました(^o^)丿
ニガナって、山の開けた所?ってイメージでしたが
水面に花が映りこむようなところに咲いていました。
崖の土があるところとかにも。
湧水も清清しく見えました。急なので息があがりました。
nobara
2018/05/14 21:19
  keikoさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
殿ヶ谷戸庭園、青もみじが素晴らしかったです。
紅葉もいいですが、清清しい眺めもいいです。
崖の上の茶室からの眺めが何とも言えません。
ここからお鷹の道に歩くのもいいですね。
それに国分寺のお街も新しくなりましたし。
nobara
2018/05/14 21:33
学生時代の友人とのお食事 良い時間を持ちましたね 同窓会はあるけど ご夫婦で昔の友人と会えるのは、あまり無いですよね 幸せな時間ですよね。筍は小さいもので柔らかいのが美味しいですよね。昔 何もなかった時代 筍の皮の中に梅干しを入れて吸いませんでしたか
ゴン太
2018/05/15 09:30
  ゴン太さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
夫の友人と独身時代、親しくしていました。
彼の結婚がその後だったので、その時代の事を聞くのが楽しみなようで、嬉しそうにしてらっしゃいます。仲がよくて〜ほのぼの。
同じ名前なのでそっちの○○さん、こっちの○○って感じです。
今年は筍は地場の物をかなり頂きました。
筍の皮で梅干しの話。よく聞きますね〜
地域差があるのか?わたしは経験がないんですよ((+_+))
nobara
2018/05/15 10:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
* 殿ヶ谷戸庭園 * 次郎弁天池 青もみじ シライトソウ カルミア・・・ nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる