nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * たてもの園だより 18/no.07 * 西ゾーンの建物 フキノトウ ヤブツバキ フクジュソウ

<<   作成日時 : 2018/03/03 09:52   >>

ナイス ブログ気持玉 74 / トラックバック 0 / コメント 16

 [2187 ]
画像
【前川國男邸】  日本の近代建築の発展に貢献した建築家前川國男の自邸として、
品川区上大崎に 1942年(昭和17)に建てられた住宅です。戦時体制下、
建築資材の入手が困難な時期に竣工しています。 外観は切妻屋根の和風、
内部は吹き抜けの居間を中心に書斎・寝室を配した シンプルな間取りになっています。


画像
【田園調布の家(大川邸)(でんえんちょうふのいえ)】1925年(大正14)郊外住宅地の一つである
大田区田園調布に建てられた住宅です。居間を中心に食堂・寝室・書斎が
配置されています。また、当時としては珍しく全室洋間となっています。


画像
【デ・ラランデ邸(で・ららんでてい)】  この住宅は、元は平屋建ての洋館でしたが、
1910年(明治43)年ころ、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデにより3階建てとして
大規模に増築されました。その後、何回か所有者が変わりましたが、1956年(昭和31)から三島海雲氏が
(カルピス創業者)この住宅に住んでいました。1999年(平成11)まで新宿区信濃町に建っていました。


画像三井八郎右衞門邸(みついはちろうえもんてい)
港区西麻布に1952年(昭和27)に
建てられた邸宅です。 
客間と食堂部分は、 
1897年(明治30)頃京都に建てられ
戦後港区に移築されたものです。  
また、蔵は1874年(明治7)の
建築当初の土蔵に復元しました。
画像






庭一面にフキノトウが出ています。
もうお花が展開してるのもありました。
夫とおいしそうなのもあるね〜と。
画像
ヤブツバキ(薮椿)ツバキ科ツバキ属     常緑高木  
本州〜沖縄の海岸沿いに多いが山地にも生えます。
多くは赤色ですが、まれに淡紅色や白色のものもあるそうです。


【八王子千人同心組頭の家(はちおうじせんにんどうしんくみがしらのいえ)】
画像
八王子千人同心は、江戸時代、八王子に配備された徳川家の家臣団です。 拝領屋敷地の組頭の家は
周辺の農家と比べると広くありませんが、 式台付きの玄関などは、格式の高さを示しています。
村の早春?という雰囲気です。 実梅の花が咲き揃ってきています。

画像画像
  アシタバ(明日葉)セリ科シシウド属 芽吹き         ウグイスカグラ(鶯神楽)スイカズラ科スイカズラ属

画像
画像
吉野家(農家)(よしのけ)
江戸時代後期に建てられた民家です。
吉野家は江戸時代に野崎村(現在の三鷹市野崎)の
名主役を務めた家といわれ、式台付きの玄関や
付け書院のある奥座敷に格式を見ることができます。

囲炉裏の火が焚かれ、本日のお客様は小学生らしき男児でした。 ボランティアさんの説明を神妙に
聞いています。 上がりかまちにはハナモモチューリップが活けてありました。


綱島家(農家) (つなしまけ)】
画像
多摩川をのぞむ台地上にあり、広間型の間取りを持つ茅葺きの民家です。広間をかこむ
長方形断面の大黒柱や、押し板という古い形式の板などから、建物の歴史が感じられます。
ココではかざぐるま作りをやっています。着物姿の先生もスタンバってました。
写真の人は、アシスタントのボランティアさんです。

画像
画像
フクジュソウ(福寿草)キンポウゲ科   多年草   
別名:ガンジツソウ(元日草)
茎 や葉がこんなに伸びてきました。
フクジュソウの纏まってる株の向こうに見える太い柱は、奄美の高倉のモノです。



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜





記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります


  [建-#192] .

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 74
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
建物園がどんどんスケールアップしているようですね。テーマパークはいいことだと
思います。壊すのが旧来の日本文化。未来のため有難いチャレンジです。
目黒のおじいちゃん
2018/03/03 13:30
昨日から急に春めいてきましたね。
フキノトウやアシタバの芽出しがご覧になれましたか。そろそろひな祭りですから、花桃の切り枝なんでしょうね。
昨日、みなとみらいに行ってきたのですが、その帰り、みなとみらい線に乗って、文庫本を読みだしました。そろそろ中目黒と思ったら、田園調布というアナウンス。行先の違う電車に乗ってしまうという大失敗でした。
長さん
2018/03/03 13:50
 前川國男邸の前に梅?の花が咲き良い感じの景色となていますね。ツバキはもうそろそろ終わりに近いような感じですがどうでしょう?
 フキノトウやフクジュソウが咲始めると本格的な春の到来ですね。
 茅葺きの建物北海道では、もうほとんど見る機会が有りません。手入れも大変そうですが、情緒のある建物だと思います。
藍上雄
2018/03/03 13:55
福寿草の葉が出てきましたね。今に茂るでしょう。白い藪椿は珍しいです。アシタバがもう芽吹いていましたか。
寿々木
2018/03/03 14:44
フキノトウにハナモモ、チューリップ。
すっかり春の花に変わってきましたね。
アシタバは見たことありません。
フクジュソウってこんなに茎が伸びるんですね。
知りませんでした。
コスモス
2018/03/03 21:19
たてもの園の旧邸宅面白いですね、内部も又当時の様子が判ります。
フキノトウ・・・ふき味噌を思ってしまいます。山にでも自生のものならねえ。
フクジュソウも春告げですね。
梅の花からサクラへ、間もなくですね。



2018/03/03 22:47
服部緑地は、古民家だけですが、たてもの園は、色んな建物があるのがイイですね。
デ・ラランデ邸は、いかにも洋館という感じが素適です。
平屋を三階建てにするのは、さすが、建築家ですね。
三井八郎右衞門邸の庭には、フキノトウが一面に出ていたんですか。
今回は、帰りにゲットしに行かなかったんですか?(^^)
昔の建物に梅がコラボしてる光景は好きです。
村の早春…ホンマ、そうですね。(^^)
吉野家の囲炉裏の側…イイなぁ。
囲炉裏に火が入っているのは冬場だけですよね?(^^ゞ
これが、綱島家ですね。
「たてもの園」のHPをチェックすると、外観は、服部緑地の摂津能勢の民家という感じでしたが、服部緑地のは、内装は、こんなに綺麗じゃなかったです。
ここは、板の間も綺麗ですね。
オッ、フクジュソウがこんなに寄り添って一杯咲いてる。(^^)
yoppy702
2018/03/04 01:15
  目黒のお爺ちゃま・・・
お出ましいただきありがとうございます。
実はたてもの園、かなりの数がリニューアル中です。
デラランデ邸の隣、小出邸も長いですね〜〜〜
武蔵野の道も、茅葺屋からは通行止めですし・・・
年度末がらみなんでしょうか?
これ以上は復元の場所がないので今あるのを護るのでしょう。
地震対策とか・・いろいろ大変ですよね。
都に期待しています。
nobara
2018/03/04 10:35
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
この気候の変化についていけません(-_-;)ゞ
フキノトウ、一気に伸びてきました。雪で傷んでたのに。
ハナモモは切り枝ですね。一応、園内で調達するはず?ですが・・
ハナモモ、咲いてる雰囲気ないですしね〜切ったことで開花が早まった?
みなとみらい線、いろいろ、乗り入れしてるのですね。
私は鈍行と急行で失敗したことが多くあります。
娘の受験の時に大失態したことがありタクシーで駆け付けたり。
今はスマホなどで案内してくれるから助かりますけどね。
中央線はいいんですが他の路線は心配です((+_+))
長さんがそういう事?信じられません((((^Q^)/
nobara
2018/03/04 10:47
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
前川國男邸の前のは寒紅梅なんです。
たてもの園で真っ先に咲きます。建物と合っていますね。
フキノトウ、一気に大きくなりました。
椿はこれからだと思うのですが、傷みが激しいです。
だいたい、野鳥に齧られてしまいます。蕾のうちに吸蜜?
茅葺屋は維持管理が相当、大変そうです。
ココは東京都がやっていますからですが、厳しい〜ですよね。
北海道は比較的、新しい建物が多いですから
茅葺屋は見当たらない? アイヌの住宅がそうでしたよね。
どこかの保存集落で見学した事がありました。

nobara
2018/03/04 10:56
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
フクジュソウ、大きく成長しました。
茎も伸びて、葉もふさふさ〜です。
ヤブツバキと名札が掛かっています。白っぽいのは珍しい?
菜園のアシタバが芽吹いたところでした。
nobara
2018/03/04 11:42
  コスモスさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
ここの花活けは基本的に園内調達なんですが?
どこの梅かと思いました。切り枝で花の開花が進んだのかも。
菜園のアシタバの芽吹きがとてもかわいかったです。
フクジュソウ、蕾が覗く頃って茎など見当たりませんから
ちょっと不思議な気がしますね。ふさふさになります。
nobara
2018/03/04 11:49
  温さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
たてもの園の復元住宅、中も見ることができます。
当時の様子など、体感することもできます。
三井邸のフキノトウ。おいしそうでした。
いっぱいあるから少し?分けて欲しいです((((^Q^)/
なんて言ったら収拾がつかなくなりますね。
そうですね〜ここの前の桜広場は今月末ごろ、賑わいます
nobara
2018/03/04 11:56
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
服部緑地は古民家だけですかね〜
しかも全国のを集めてらっしゃいますよね。
たてもの園は一応、都にあったもののような気がします。
パンフを見ても奄美の高倉以外は都にもともとあったものです。
デ・ラランデ邸 内部も素敵です。残念ながら茶房は今リニュー中で休業していますが、そこでお茶するのも楽しみですから(保存建物の中でお茶!)
村の春って景色でした。春霞〜〜〜♪
囲炉裏ってなぜか温かいですよね(炎の所為だけじゃ〜ないですよ)
ここでは竈でも羽釜でお湯を沸かしています。
時折、お茶も淹れてくれたり・・・
摂津能勢の住宅と綱島家、外観はそっくりですよね(*^-゚)⌒☆
フクジュソウの先に見える柱は奄美の高倉のです。
nobara
2018/03/04 12:18
デ・ラランデ邸はまだ改修中のようですね。外壁は塗り替えたのかしら?とってもきれいですね。
吉野家にあがってしおらしくしている小学生男子がかわいい!
八王子千人同心組頭の家の梅がよく咲いていますね。日向かな?
フクジュソウも伸びましたね。花々が楽しいです。
keikoさん
2018/03/04 17:56
  keikoさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
デ・ラランデ邸は、やっと改修工事が終わったようです。
真新しいのに?少し長かったです。
今、子宝湯が見学休止になっています。
吉野家の囲炉裏端で男子児童が神妙でした((((^Q^)/
千人同心の家の実梅、満開です。いい梅の実がなるんですよ。
フクジュソウ、花芽がにょっきり出る頃に比べたら
あなた? どなた?って感じの変わり様です(笑)
nobara
2018/03/04 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
* たてもの園だより 18/no.07 * 西ゾーンの建物 フキノトウ ヤブツバキ フクジュソウ nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる