nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * たてもの園だより 18/no.02 * 是清邸 ツバキ2種 江戸東京野菜

<<   作成日時 : 2018/01/15 11:14   >>

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 16

 [2169 ]
江戸東京たてもの園◆は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。
敷地面積は約ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物と
28の屋外展示物が建ち並んでいます。たてもの園は現地保存が不可能な文化的価値の高い
歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを
目指しています。両国の江戸東京博物館の分館です。小金井公園(77ヘクタール)の中にあります
画像
たてもの園:エントランスです。エントランス広場に出ました。
館内にさりげなく、園内で咲いていたお花のアレンジが置いてありました。
白の侘助ですが、どこに咲いていたでしょうか?探さなくちゃ〜


-----------------------------------------------

画像画像
高橋是清邸:港区赤坂七丁目/1902年(明治35)】庭も是清がこよなく愛しました。
画像
上・左:松に巻いてる弧が、さりげなく花模様に
結んであります。ほっこりします。
噴上井戸を模したような水の流れ(右上)も
少し緩んできたような気がします。

是清邸の庭、向かって右端にある
会水庵・かいすいあん】は宗徧流の茶人
山岸宗佳(会水)が建てた茶室です。
(杉並区西荻北五丁目/大正期頃)
変わった飾りに惹かれました。

画像
左❶❷:アカシガタ(明石潟)                           右: ヤブツバキ(藪椿)

画像
      ❶ アオキの実             ❷ カンツバキ:シシガシラ        ❸ シャクナゲ:終焉?

画像
 ❶❷ フッキソウ(富貴草)の白い実(角がある)   ❸ カルーナ・ブルガリス(ツツジ科)別名:ギョリュウモドキ

画像
 ❶ 丸二商店(荒物屋)     ❷❸ 長屋の路地&奥の長屋(井戸のポンプ)ドラマのロケで使われます。

画像
  ❶大和屋本店・店頭 ❷ 大和屋本店・勝手口 ❸ 勝手口から中を覗く     ❹小路突き当り:村上精華堂



----------------------------------------

画像
  ❶八王子千人同心組頭の家  ❷家の入口の足洗たらい桶  ❸竈の羽釜で湯を沸かすボランティアさん。

画像
江戸東京野菜が作られています。 品川長蕪 亀戸大根 が育っています(大根高いから譲ってほしいナ)

画像
千人同心の家の前庭の実梅の花が綻び始めています。大きな実が成ります。一才柚子も実っています。

----------------------------------------

画像
❶武蔵野の道(手前は工事中です)❷ヒイラギナンテン❸❹旧自証院霊屋:お正月らしい赤い振袖のお嬢さん

たてもの園はいくつか修復作業中なのですが、それでも見どころ満載です。

残念なのは 武蔵野茶房もその作業に組みこまれ利用できない事です。

ウオーキングを兼ねて・・・夫婦で取り留めない話をしながら・・・・

そしてこの後、近くのお店にランチに向かいます。



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜





記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります


  [建-#187] .

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
富貴草がもう実をつけていましたか、実は白くて、シラタマノキの実にそっくりです。シラタマノキは北海道でしか見たことありませんが・・
寿々木
2018/01/15 14:07
東京野菜、馬込人参も名前だけは売れていますが寡作のため近年入手困難なようです。昔住んでいた懐かしい馬込の畑などおもいだしました。
noba旦さん、お元気になられて良かったですね
目黒のおじいちゃん
2018/01/15 15:36
菰巻きの結び目、職人芸ですね。
会水庵のたたきに掘られた丸い穴はこんな風な飾りのためなんですか。面白い。
今日のウォーキングでアカシガタに似たツバキを見つけましたが、花が痛んでいるか開花し始めで、写真にはなりませんでした。
このお嬢さんは振り袖が準備できたんですね。「Hare no hi」ととんでもない会社ですよね。
長さん
2018/01/15 18:06
 松に巻いてる弧の結び方、江戸職人の粋を感じます。こちらでは見た事が有りません。宗徧流と言う茶道は、こちら(北海道)では、馴染みの無い会派かもしれません。紙垂と譲り葉?と竹と注連縄ですね。意味合いは分かりませんが、シンプルですが、趣が有りますね。
 振袖のお嬢さん、成人式でしょうか、なんか「はれのひ」と言う、会社?が、大変な問題を起こしているようですね。
 
藍上雄
2018/01/15 23:06
松のこも巻きの花結びイイですね。(^^)
これは、梅結びやったっけ?(^^ゞ
上下の二本だけで用は足りそうやのに、わざわざ、真ん中に飾りを付けてるって感じで、こういうのって嬉しいですね。

ヤブツバキは、ツバキって解るんですが、カンツバキは、ネームプレートが無いと、サザンカと見分けがつかないんです。
見分けのポイントって、何処なんですかねぇ…(^^ゞ

丸二商店の右側の建物、ノスタルジックでイイですね。
今の建物の方が絶対に住み易いけど、こういう所に泊まってみたいですね。(^^ゞ
yoppy702
2018/01/16 01:01
竈で湯を沸かしていたり、大根を植えていたり、季節の花が育っていたりと、住居の展示だけでなく、生活を感じられるようにしているのがいいですね。
武蔵野茶房が工事中とは残念でした。
では、例のステーキやハンバーグのあのお店かな?
keikoさん
2018/01/16 09:48
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
シラタマノキと違うのは角があることですね(*^-゚)⌒☆
この場所のは白い実がかなりまとまってあったことです。
私も北海道でシラタマノキを見た事あります。
nobara
2018/01/16 20:57
  目黒のお爺ちゃま・・・
お出ましいただきありがとうございます。
江戸東京野菜、たてもの園もですが・・・
公園周りの農家さん。息子の同級生宅ですが・・
野菜作りに取り組んでおられます。
練馬大根はしっていましたが亀戸大根というのもある?
夫はどうにか動けるようになりました。
でも、いつまた?動けなくなるかもと不安だそうです。
いい時期に手術という方法もあるのかも知れませんね。
nobara
2018/01/16 21:02
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
ちょっとした事なんですが、粋なかんじでイイモノですね。
会水庵のたたきの丸い穴・・なんだと思いますね〜
アカシガタかなり大きな花ですが・・・
蕾のうちに鳥さんの悪戯に遭っていますね〜
hare no hi ほんとに酷いですね。憤慨!
どの面下げて、今後、表に出てくるのでしょう?
わがやのお隣のmiちゃんも成人でしたが。
こちらは早朝、ご両親に伴われて美しくお披露目して下さいました。
たてもの園は着物で来園するとお安くなります(笑)
nobara
2018/01/16 21:09
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
菰の結び目、ちょっとしたことですが粋と心意気を感じます。
飾り、何か意味合いがあるのでしょうが・・・
調べ切れていません(-_-;)ゞ
この振袖のお嬢さん、早くからいい感じでした。
ただ、記念撮影の場所が? 霊屋の前というのが気になりました。
hare no hi とんでもない会社ですね((+_+))
陥れる人がいれば、それをカバーする人あり。
世の中、捨てたものでもないと思いますね。
nobara
2018/01/16 21:15
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
サザンカとカンツバキですが・・・
サザンカは花びらが開いて咲き、カンツバキは花びらが筒状に咲く。
サザンカ:花びら一枚ずつ散るのに対してカンツバキは
他のツバキ科の花同様に花びらの根元からボトリと落ちる。
サザンカ:葉のギザギザの間隔が広めで3mm~5mm
一方カンツバキの方は1~2mmと狭い。くらいですかね〜
私の場合、カンツバキのシシガシラだけ覚えています(笑)
丸二商店の隣の長屋の室内が・・・
下町長屋の一室は松たか子さんの映画・ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
太宰治の自伝? で使われたんですよ。
nobara
2018/01/16 21:39
  keikoさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
竈で沸かした湯は白湯としてふるまわれます。
たてもの園を引き立ててらっしゃるボランティアさんたちの
熱意でそうなっているようです。
お花の写真やレポートを持って、案内してる方もいます。
その方と意気投合することもしばしばなんですよ。
デ・ラランデ邸がリニューアル中(まだ日が浅いのに?)
当然、そのなかに入ってる武蔵野茶房も休業中です。

ウッドストック?の事もありますが、まだ候補があります(笑)
そのあと、大急ぎでジムのピラティスに馳せ参じます。
nobara
2018/01/16 21:45
何度もスイマセン。(^^)
ご教授頂いたのは、「ツバキとサザンカ」では、この特徴が現れるんですが…
カンツバキになると、花はサザンカと同じように完全開花します。
花弁の散り方も、サザンカと同じようにパラパラと散ってます。
葉のギザギザも一概には言えないようです。
一説では、「寒椿の花弁は、サザンカよりも多く(14枚以上)、シワシワにならない」らしいのですが、これも「必ず」という訳ではないそうです。
同時期に咲くので、見分けは困難という見解も多いです。
ボクが良く行く、長居植物園にカンツバキというネームプレートが付いているのに、近くで咲いているサザンカの画像と見比べても???なんです。(^^ゞ
yoppy702・再
2018/01/17 01:15
  yoppy702さん・・・
またまた、お出ましいただきありがとうございます。
そうなんですよ〜 しっかり見比べれば何とか?の域ですよね。
ですから、私の場合は シシガシラだけ区別がつきます(笑)
はっきり言って、他のカンツバキは区別がつきません。
ただ言えることは サザンカは大きくなるようです。
カンツバキは横に広がる傾向があるようです。
でも、それも個体差?と言われてしまうと〜なんだかな〜です。
植物園でもごっちゃになってる事がありますね。
こころもとない返信でほんとに御免なさいm(_ _)m
nobara
2018/01/17 08:19
菰巻きの飾り結びが素敵ですね。
「梅結び」とでも言うんでしょうか、
「結び」一つで、季節感が
見事に演出されてると思います。
yasuhiko
2018/01/18 16:33
  yasuhikoさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
菰巻きの飾り結び、ちょっとした事ですが
その心意気が嬉しいと思いました。なんか所かありました。
それからはそういう心配りばかり探しておりました。
公園内の樹木の剪定の実習などもあり、
ほほえましく見てる事もあります。
みんな練習しないとうまくなれないのですよね〜
一般の会社などリタイヤ近くの方が熱心になさっていました。
nobara
2018/01/18 17:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
* たてもの園だより 18/no.02 * 是清邸 ツバキ2種 江戸東京野菜 nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる