nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * 奥能登周遊C * 禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい) ノコンギク シロシキブ・・ 

<<   作成日時 : 2017/11/04 20:02   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 14

 [2139 ]
画像画像
禄剛埼周辺は、能登半島国定公園に指定されている風光明媚の地です。
能登半島の最先端で、ちょうど外浦と内浦との接点にあたるところ。
ここは「海から昇る朝日と、海に沈む夕陽」が同じ場所でみられることで有名だそうです。
海抜 50 m ほどの断崖絶壁が続き、崖下には「千畳敷」と呼ばれる海食棚が発達しています。
そこで海藻拾いをしてるらしき? おばさまが、見られました。逞しいですね〜

画像能登半島最先端の碑禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい)

禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい)は、
石川県珠洲市に位置する灯台。
歴史的・文化的価値の高さから、
Aランクの保存灯台に指定されているほか
「日本の灯台50選」にも選ばれている。
通常の灯台は、レンズを回転させることにより
光を点滅させるが、
この灯台では、レンズを固定し
灯火の遮蔽板(しゃへいばん)を
回転させることによって点滅させている。
明治時代にイギリス人の設計で造られた
白亜の禄剛埼灯台です。
無人のため灯台内は見学不可ですが、
年に数回一般公開があるそうです。

画像画像
灯塔入り口上部にある記念額には菊の御紋章が。これは、全国の灯台のなかでこの禄剛埼灯台だけとか。

画像
青空にそびえている青い看板は、禄剛崎から東京、上海、釜山、ウラジオストクへの距離を記した道標です。
この絶海が広がる海の向こう側には、まだ見ぬ異国の風景が広がっているというロマンがあります。
俳人・山口誓子は、昭和36年の夏に訪れた際、この狂おしい程に旅情を掻き立てる風景を
「ひぐらしが鳴く 奥能登のゆきどまり」と詠いました。その歌碑も、禄剛崎に佇んでいます。

画像
禄剛崎に向かう途中、振り返ると海方向の景色が素晴らしいです。

画像
能登半島最先端 よしが浦温泉【ランプの宿】
絶景の奥能登最先端に位置するランプの宿は近年、海外の富裕層から「日本への ローカルリゾート」として注目を集め、海際の露天風呂、露天風呂付き客室、日本料理、 絶景の聖域の岬、青の洞窟、空中展望台等日本文化と
リゾート感が人気を呼んでいるそうです。
添乗員さんがあそこの展望台なら有料ですが
最近できた横の道から入り
駐車場の展望台なら費用は掛かりませんよ!
禄剛埼から岬の先端のランプの宿の展望台が
確認できました。さすがに今は
ランプと言う訳ではなく電化になってるようです。
憧れの宿ですからいつか行ってみたいですね

画像画像
禄剛埼灯台からは行きと違ったアプローチにしました。
出入り門の下あたりに ノコンギク(野紺菊)キク科 が咲いていました。
少し傷んでいましたが、健気な姿にパチリしました。
途中のシロシキブもたわわに実がなっていましたが・・・・
白だけに?? 鳥さんには見つかりにくいのでしょうか。


画像
------添乗員さん手作りの奥能登周遊観光マップ-----



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜


記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
千畳敷といえば、ボクの地からは、白浜を思い出さなきゃいけないんでしょうが、今年、宮崎へ行ったので、鬼の洗濯板を、先に思い出してしまいました。(^^ゞ
ちょっと違うのかも知れませんが、自然の力って素晴らしい芸術家ですね。
海藻拾いの方、慣れてらっしゃるんですね。
ボクがやったら、スグ、波に呑まれそう。(^^ゞ

レトロな雰囲気の灯台や。
能登半島最先端というのがイイですね。
東京や上海などへの方向と距離を標示されると、思いを馳せてしまいますね。
海の向こうの未だ見ぬロマン…
こういうのって素適ですね。(^^)
yoppy702
2017/11/05 00:19
風景に秋の気配が感じられます。能登半島ってこんなに大きかったですか、近くまでクロダイ釣りに出かけたことが何度かあるのですが、ビックリです。
寿々木
2017/11/05 08:47
禄剛埼の千畳敷は宮崎県の鬼の洗濯板と同じような海食棚のようですね。
灯台は明治16年7月10日初点灯と書いてありますね。東京まで302キロですか、能登半島って意外に近いんだ。裏日本って遠いなという感覚でしたから。
ランプの宿って民宿なんですってね。このロケーションで温泉ですか。良いですね。
長さん
2017/11/05 09:39
素晴らしいお天気で海も空も真っ青で良かったですね。
禄鋼埼は朝日と夕日が見られるんですか。いいですね。
昔能登半島へは輪島あたりまでは行きましたが、先端まで行けませんでした。
上海や釜山の表示があるなんて素敵! 
青い空の下、白亜の灯台の下で遠い異国のことを考えるのもいいですね。
コスモス
2017/11/05 15:24
いいところですね。
朝日と夕日が見られるという禄剛崎に興味が湧きました。千畳敷もなかなかな圧巻でしょうね。灯台も素晴らしい。
言われなかったら太平洋に見えるかな、、と思いましたが、やはりどことなく違うかな〜?
keikoさん
2017/11/05 17:29
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
宮崎のは鬼の洗濯岩っていいますよね。
修学旅行でいきました。むかしむか〜〜〜しです。
絶景でした。かなり長いこと眺める事ができました。
逞しい漁師のおばちゃん?って感じですかね〜
なんだか雰囲気のある灯台でした。
案内人が愛おしんで説明なさっていましたよ。
この道標、凄く印象に残りました。ロマンですね〜
能登の最先端、朝日と夕日を同じところで楽しめるなんてね。
nobara
2017/11/05 22:28
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
奥能登だけですが、次の日に輪島に行きましたけど・・
紅葉にはもう少しかかりそうでした。
黒鯛釣りですか? 遠くまでいらしてるんですね。
nobara
2017/11/05 22:54
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
禄剛埼の千畳敷、壮観でしたね〜
そこで海藻拾いみたいなことしてる人が居てびっくりでした。
東京までの直線距離302qは、え〜と思いますね。
ウラジオストクも意外に近いのでびっくりしました。
ランプの宿は秘境の宿ということで凄い人気らしいです。
他に何もないようなところでした。

nobara
2017/11/05 23:00
  コスモスさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
この2日間は素晴らしいお天気でした。
前後に台風が来ていましたから。21、22号とですね。
飛行機なので、飛べてよかったです。
私も40数年前に学友と出かけていますが、記憶がなかったです。
白い灯台が青い空に映えていました。
案内人さんが楽しかったです。
nobara
2017/11/05 23:04
  keikoさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
最先端だからこそ、朝日も夕日も見られるんですよね。
こんどそういうチャンスがあればいいのですけどね。
夕方に宿に入り、翌日は朝日の時に駆け上れば可能かしら?
添乗員さんが日本海みたいな荒々しさはなく太平洋みたいだとおっしゃっていましたよ。石川の海は荒々しいイメージですものね(*^-゚)⌒☆
nobara
2017/11/05 23:08
 「禄剛崎灯台」「千畳敷」は、中々の絶景ですね。奥能登までは、恐らく訪れる機会が無い様に思えます。(でも一度は訪れてみたい場所ですね。)
 禄剛崎からの距離を示した標識、距離が分かっても、実用的な意味は無さそうですね。
 六甲崎灯台の記念額の文字趣が有りますね。
藍上雄
2017/11/06 14:08
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
「禄剛崎灯台・千畳敷」やっと?日本海らしい雰囲気?
旅行中は穏やかでしたので海もまるで太平洋みたいでした。
奥能登はず〜と行きたいと夫婦で合致しました。
本当は泊りのお出かけは無理だったのですが・・・
前々から予定してましたので、決行しました。
案の定、ケアハウスから何度も電話連絡が・・・
ベッドから落ちたということで心配しましたが、なんともなくて。
道標はイベント?みたいなモノでしょうね。
東京を目安に、なんとなく距離感がわかったような?
ボランティアガイドさんが記念額のご紋を自慢?なさってました。
菊の紋章を探してみてくださいと言われて・・・
皆でくるくる廻りました。((((^Q^)/
nobara
2017/11/06 21:11
奥能登は未知の世界です。
添乗員手作りのガイドマップ楽しいですね。
目黒のおじいちゃん
2017/11/07 15:58
  目黒のお爺ちゃま・・・
お出ましいただきありがとうございます。
奥能登は未知の世界でしたか?
新幹線ができてもやはり遠いみたいです。交通機関が途切れてる?
のと里山空港利用がいいみたいですよ。
かなり年配の添乗員さんでしたが、その分、丁寧でしたし。
予定にないところもドライバーさんに交渉して廻って下さいました。
nobara
2017/11/08 08:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
* 奥能登周遊C * 禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい) ノコンギク シロシキブ・・  nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる