nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * たてもの園だより 17/no.24 * 野草の道 ツルボ ガマズミ ゴンズイ

<<   作成日時 : 2017/10/02 18:06   >>

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 14

 [2125 ]
江戸東京たてもの園◆は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。
敷地面積は約ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物と
28の屋外展示物が建ち並んでいます。たてもの園は現地保存が不可能な文化的価値の高い
歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを
目指しています。両国の江戸東京博物館の分館です。小金井公園(77ヘクタール)の中にあります
野草の小径を進んでいきますと・・・・・
画像
              @ABヒガンバナ(彼岸花)ヒガンバナ科        Cチカラシバ(力芝)イネ科:ミチシバ


@A ゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科 B ツユクサ(露草)ツユクサ科
画像
@キツネノマゴ(狐の孫)キツネノマゴ科 A ノコンギク(野紺菊)キク科キンミズヒキ(金水引) .

----------------------------------------

画像
     @居酒屋:鍵屋方向                 A 子宝湯           B仕立て屋のヤナギ大木

画像
    @ 大和屋本店(乾物屋)       A川野商店(和傘問屋)     B下町中通り(東の広場方向を見る)

画像
          @万徳旅館:内部                 A武居三省堂(千と千尋の神隠しのモデルにも)

画像
     丸二商店(荒物屋):昭和初期の建物(アルマイトお弁当箱・籠いろいろ・台所グッズ・2階への急階段)

画像
下町長屋の路地(植木鉢も置かれて)  物干し台  井戸のポンプ  長屋の様子 突き当りは大和屋(乾物屋)

画像
天明家・潜り戸先の中庭   主屋   ソバ   ヒガンバナ     シュウメイギク(秋明菊)キンポウゲ 科

画像
    西川家別邸(昭島市中神町二丁目/大正11年)   縁側の百風鈴  見学の人々でにぎやか・・・

画像
画像
高橋是清邸(港区赤坂七丁目/明治35年)是清も愛した庭園:芝生での日光浴や庭の散策を楽しんだらしい。
     主屋はその頃には珍しいガラス戸で回りが囲まれています。昔ガラスに映る景色が懐かしい感じ。

画像
画像
ツルボ(蔓穂)キジカクシ科ツルボ属
是清邸の庭の一角に群生してます。
でも、もう終盤でした。ざんねん((+_+))

画像
武武蔵野のハケの  ガマズミ(莢蒾) レンプクソウ科ガマズミ属
山地や丘陵地の明るい林や草原に生える落葉低木。   花期は5-6月 
晩夏から秋にかけて3-5mm程度の果実をつけ、食用となります。好きな味です(甘酸っぱい)

画像ゴンズイ(権瑞)
ミツバウツギ科ゴンズイ属
落葉小高木
分布:関東地方以西〜九州

袋果は肉質で厚く、赤く熟す。
熟すと裂開し、
光沢のある黒い種子が
1〜2個顔を出す。
剽軽な姿で可愛い

エントランスのすぐ出たところ
赤松に寄り添うように生えてます。
どうしても観察したくなります

画像
たてもの園は江戸の手仕事などの実演など、
何かしらやっています。
そろそろ『小金井公園のお月見のつどい』
開かれますので・・・
たてもの園もなにかしら、
付随の催しをやるようです。
十三夜飾りなど・・・・
アキアカネ
も、もの思い中!?




゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜




記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります


  [建-#182] .

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
キツネノマゴが沢山咲いていますね。キンミズヒキはつぼみ?
大和屋本店のような木造3階建ては、昭和初期だと珍しかったのでしょうね。
あるまいとのお弁当箱、懐かしい。実際、使っていましたから。梅干しを同じ所に入れておくので、その部分だけ腐食したりして。
私が育った家は戦後の安普請だったので、「下町長屋の路地」の左側の建物のような板の外壁でした。
長さん
2017/10/02 21:06
 武居三省堂の建物内部独島kな雰囲気有りますね。壁に仕込まれた引き出し魅力あります。
 ガマズミまだ食べた事は有りませんが…。美味しいのですか…?
 ツルボですが、北海道西部でも見る事が出来るようですが、まだ見た事が有りません(函館辺りなら見る事が出来るかも…)
藍上雄
2017/10/02 22:07
保存された建物いろいろ、めぐるのも楽しいものですね。ボ得て
天明家といえば鵜の木でしょうが、沼田から金精峠に向かう日光ロマンチック街道沿道の天明家ひ左甚五郎の作品がありましたのを覚えています。
目黒のおじいちゃん
2017/10/03 06:01
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
キツネノマゴはそこら中に群生しています。
キンミズヒキは種になりかかってる頃かと思います。
写真をみて同居してるのに気づきました(=^・^=)
アルマイトのお弁当、そうそう梅干しで穴が開いてた子がいました。
そこにお箸を突っ込んで遊んでた悪ガキ、懐かしいです。
下町長屋の一室は松たか子さんの映画・ヴィヨンの妻? 太宰治の自伝?
で使われました。
私はココの路地が大好きです。鉢が所狭しと並んでるのもいいです。
nobara
2017/10/03 08:35
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
武居三省堂の引き出しは我が家でも欲しいくらいです。
釜爺で使われたんですよね(*^-゚)⌒☆
ガマズミはアセロラみたいにキーンとしたはっきりした味です。
完熟を見極めてくださいね(=^・^=)
ツルボが見られますか? これもある日突然、出てきます。
nobara
2017/10/03 08:40
  目黒のお爺ちゃま・・・
お出ましいただきありがとうございます。
私の場合は建物?よりも、所々に散在するお花たち、目的です。
把握するのにちょうどよい広さで・・だいたい所在がわかるように。
天明家は今、リニューアル中で中の立ち入りはできません。
裏の畑から〜氏神様の通りは懐かしいです。
先日、大きな栗の実を拾いました。栗ご飯にしました。
nobara
2017/10/03 08:46
本格的な秋の気候になって、シュウメイギクが咲きそろう時期になりました。シュウメイギクは昼開き夜閉じて少しづつ萼片が生長するようです。花弁を持たない花だそうですね。
寿々木
2017/10/03 09:13
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
シュウメイギクは天明家の裏の畑にいっぱい咲いています。
花弁のない花は結構、ありますね。
なかなかその事実になじめませんが・・
一応、花と思って見ていますよね(*^-゚)⌒☆
nobara
2017/10/03 13:02
ここは、「たてもの園」やのに、ホンマ、野草が多いですね。
このノコンギク、イイ表情してる。(^^)
ヤナギも、ここまでなったら、もう見事ですね。
建物が写っているので、その大きさが良く解ります。
アルマイトのお弁当箱って、こんな細工物もあったんですね。
こんなん、見た事無いです。(^^ゞ
高橋是清邸、何度見ても素適ですね。
ガラス戸って、やっぱりイイですね。
ボクの小さい頃は、台風の時に、木を打ってカバーしてましたっけ。(^^ゞ
アキアカネ、何を思ってるんでしょうね。(^^)
「小金井公園のお月見のつどい」ってあるんですか。
とっても、風情がありそうですね。(^^)
yoppy702
2017/10/04 01:24
   yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
もともと武蔵野の林の中に移築されたようです。
ですから小金井公園、そのまんまだと思います。
茅葺やなどの畑はそれなりに手を入れているのですが・・・
ノコンギク、いい角度で撮れました。
花の終わりのキンミズヒキも撮れていました。
アルマイトのお弁当は、yasuhikoさんが撮ってらしたので私も。
昔ガラスの雰囲気が好きなんです。是清邸の庭は好きな場所です。
70年安保のとき、銀座一丁目辺りのビルのガラス、×に保護してました。
歳がバレバレですが、催涙ガスの中を行きかった思い出があります。
お月見のつどい、十五夜ではなかったですが、このあとアップします。
nobara
2017/10/04 08:27
彼岸花、ゲンノショウコ、ツルボ。
たてもの園も秋の花でいっぱいですね。
いつも建物中心で、小さい花が
目に入らないんですよ。
yasuhiko
2017/10/05 14:48
  yasuhikoさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
ヒガンバナ、ゲンノショウコ、ツルボ、ポイントがあります。
私の場合は程よい散策ルートなので
建物より、植物や虫さん、鳥さん、目当てです。
ときおり珍しい花が見られます。氷の華とかチリアヤメとか。
でもやっぱりたてものを見てもらいたいです(笑)
nobara
2017/10/05 15:58
昔は荒物屋など普通にありましたが、今はホームセンター
と言った所でしょうか。
懐かしいアルマイト、と言う言葉。
元の証拠、止まる虫が大きく感じますね
折角の名月も昨夜は雲の中、時たまぼやけた月が
雲間に出ていました。今夜も曇り空月見は出来そうに無いです。
花咲か爺
2017/10/06 16:51
  花咲かお爺さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
そうですね。さしづめ、ホームセンターになりますね。
アルマイトのお弁当の話。面白いのがいっぱいあります。
ゲンノショウコ、ヒラタアブでしょうか・・不鮮明ですが・・
昨夜の どうにか撮りましたが、コンデジではとほほ!
村雲が掛かっておりました。今宵はすでに雨降りです((+_+))
nobara
2017/10/06 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
* たてもの園だより 17/no.24 * 野草の道 ツルボ ガマズミ ゴンズイ nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる