nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * 八島ヶ原湿原 A * マルバダケブキ ヤナギランの花後 ハンゴンソウ・・・

<<   作成日時 : 2017/09/15 09:11   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 16

 [2113 ]
八島ヶ原湿原(やしまがはらしつげん)は、長野県のほぼ中央に位置する八ヶ岳中信高原国定公園中部の霧ヶ峰の北西部に位置する標高約1632mの高層湿原である。湿原の所在地は諏訪市及び諏訪郡下諏訪町にまたがる。  霧ヶ峰には、八島ヶ原湿原、車山湿原、踊場湿原の3つの湿原があり、そのすべてが1939年(昭和14年)に国の天然記念物として個別に指定され、1960年(昭和35年)6月10日に八島ヶ原湿原の
西半分の旧御料地を加え、個別に指定されていた3つの天然記念物は1件にまとめられ、
現在の指定名称霧ヶ峯湿原植物群落となった。八島ヶ原湿原は面積が43.2ha、泥炭層の厚さは約8.05m。
1万2千年前に誕生した高層湿原であり、日本の南限にあたる。     -wikipedia,参照- 
画像
初秋の雰囲気が漂って。。。ビジターセンターを後ろにして右側に進んだところからみた湿原。
画像
    @Aシラヤマギク(白山菊)キク科   Bオミナエシ(女郎花)オミナエシ科BCゴマナ(胡麻菜)キク科



画像
@Aマルバダケブキ(丸葉岳蕗)キク科:草原で目立つ  BCメタカラコウ(雌宝香)キク科  ピンク:タムラソウ



画像
画像
ヤナギラン(柳蘭)アカバナ科ヤナギラン属    多年草
和名の由来は、葉が柳に似ていて、花をランに例えたことによります。
日本では北海道・本州以北の亜高山帯から山地帯の草地や礫地に分布
山火事の跡地・森林の伐採跡地・林道沿いの湿った草地などに群落をつくることが多い。
花後の姿☆彡 白髭みたいなのが見えます。 細長い鞘から綿毛が飛び出て〜



画像
画像ハンゴンソウ(反魂草)キク科キオン属 花期:7-9月 
山地のやや湿り気のある草地に生える多年草  
---------------------------------------
林縁に大群生のハンゴンソウですが・・・・
ヤナギラン、ゴマナ、タムラソウなどと・・・
群れ咲くように咲いています。
画像
  
  




国定公園の中で・・・・
山菜として免れた?
ウド(独活)ウコギ科
お花をつけています。
春の若芽は美味しいですよね。


画像
ヤマトラノオ(山虎の尾)ゴマノハグサ科ルリトラノオ属   多年草   花期:8-9月
本州(関東以西)〜九州(北部)林縁や草地  花は茎の先に長い穂状になり、青紫色の花を密につける。
白樺の木をバックに咲いてるのが印象的でした。


画像
ツクバトリカブト(筑波鳥兜)キンポウゲ科    多年草     花期:9〜10月
トリカブトの仲間 は葉の形で見分けるようです。葉が3全裂、さらに側裂片が2深裂 草丈:60-100cmほど




@アキノキリンソウ(秋の麒麟草)キク科 アキノキリンソウ属ABキンミズヒキ(金水引)バラ科キンミズヒキ 属
画像
@コオニユリ(小鬼百合)ユリ科ユリ属:残り花   ABフシグロセンノウ(節黒仙翁)ナデシコ科 センノウ属 .



画像
ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)キク科フジバカマ属       野生の多年草  
ヒヨドリバナの変種  葉が茎の周りに、3〜4枚輪生します。 濃紫色に見えます。



画像
@Aヒヨドリバナ(鵯花)キク科ヒヨドリバナ属:多年草 花期: 8ー10月頃        Bノリウツギの残り花
ヒヨドリが山から下りてきて鳴くころに、花が咲くことからついた名です。この花が多いと?さん。期待が↑


画像

木道の切れる辺りの砂利道。 ススキの穂が出て・・・展開してるのも見られました。

これは、もう〜〜〜 秋の景色ですね〜〜〜(*^-゚)⌒☆

湿地際のお花たちも観察してみましたよ(*^-゚)⌒☆



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜


記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
前回といれ変わった秋の花も多く見られたようで、さぞかし楽しかったでよう。
ヤマトラノオ、いい雰囲気です。トリカブトは武田軍団が草原に潜んでいるみたい。
目黒のおじいちゃん
2017/09/15 10:34
キク科の花の種類が増え、湿原も心なし黄色くなったようで、秋の気配が感じられますね。
ヤナギランがまだ咲いていましたか。
ヤマトラノオと言うのもあるのですね。
ツクバトリカブトは、つくば植物園の記載によると、分布域は福島県から神奈川県の太平洋岸とされていますが、長野県でヤマトリカブトとされたものはすべてツクバトリカブトだったという研究があるそうです。
長さん
2017/09/15 13:42
マルバダケブキは大きな花です。丘のように見えますが全体が湿地なんでしょうか。トリカブトにもいろんな種類があるんですね。
寿々木
2017/09/15 16:18
八島ヶ原湿原、多くの草葉の花が綺麗に咲いていますね。
広い敷地内に山野草が豊富ですから、歩きがいがありますね。

2017/09/15 17:47
 八島ヶ原湿原は、本当に植物の宝庫ですね。ヤマトラノオは、初めて見ました。少し時期が遅かったのかもしれませんが、紫の紫綺麗です。
 ツクバトリカブト、トリカブトも見分けが難しい植物ですね。
 ススキやキク科の花の種類が多くなって来て秋らしい景色です。
藍上雄
2017/09/15 18:32
ボクが歩いた所でも、シラヤマギクとゴマナが、沢山、咲いてました。
この時期は、お花の種類も数も少ないと思ってましたが、そんな事、全然、無かったですね。
ヤナギラン、ヤマトラノオは、撮りたかったなぁ…。
ヒヨドリバナ方面、行きたかったです。(^^)
ここの写真を見ると、一面の花盛りというのが良く解ります。
いつか、一周しに行きたいですね。
yoppy702
2017/09/15 21:20
  目黒のお爺ちゃま・・・
お出ましいただきありがとうございます。
こちらは林縁の花を纏めてみました。
ここは一か月半も違うとかなり入れ替わっていますね。
ヤマトラノオの色がいいでしょう?
ツクバトリカブト、赤かったら武田?はたまた真田?のモノノフ?
目黒さんの発想に嬉しくなりました。
nobara
2017/09/15 21:43
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
草原の方を纏めてみました。
キク科を意識的に。
ヤナギラン、まだ咲いていたというより?
花後の姿に興味津々でした。ご存知?でしたか・・・
およそ、花の時とはかなり違っていましたので、暫く観察してました。
ヤマトラノオ、きれいな花です。悩む花ですが花ごよみに掲示!
以前、ヤマトリカブトとしてたのですが、ここらあたりのは
ツクバトリカブトだと調べたことがあり、迷わずそれにしてます。
これがほかの地域だったら散々、悩むところでした。
nobara
2017/09/15 21:54
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
マルバダケブキ、かなり目立っています。
大きいですもんね〜〜〜〜〜
ここは木道の中側は湿地ですが、外側は草原?みたいになってます。
そのあたりにマルバダケブキが生えているんです。
砂利の道のわきにもいっぱい!
トリカブト、いろんな種類があるんですが
ここのはどう言う訳か?ツクバトリカブトなんですって!
なんか〜そういう植物の歴史?みたいなのも面白いです。
nobara
2017/09/15 22:01
  温さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
八島ヶ原湿原は湿地の花から高草原の花まで・・・
色々なのが見られます。
7月半ばにも来たのですが、一か月半置いて再訪です。
だから、いろんな花に出逢えました。
夏に2回ほど、くるようにしています。
いつもだと、9月半ば?なんですが、少し早くて正解でした。
nobara
2017/09/15 22:07
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
ヤマトラノオ は北海道には咲かないようですね。
九州も分布域にないのですがクジュウのタデ原湿原で見ました。
ルリトラノオという似たようなお花もあります。
ススキやキク科の花、ハンゴンソウはたしか?北の国からでも
出てきたお花でしたよね〜〜〜
nobara
2017/09/15 22:20
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
湿地に下りていくあたりにも咲いていましたかね〜〜
9月いっぱいまではたくさん見られると思います。
湿地に入っていけないのが歯がゆいです。
でもそれぐらいでないと自然は守れませんね。
頑張って次は湿地もズームインしてみました((((^Q^)/
nobara
2017/09/15 22:27
ヤナギランは多分最初に覚えた高山植物だと記憶しています。
花後は白髭になるんですか。
ヤマトラノオも見てみたいですね。
秋の景色になってきましたね。
コスモス
2017/09/16 08:45
  コスモスさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
ヤナギラン、高山植物で初めての?でしたか・・
花後がかなり興味深かったのでしばらく観察しました。
こういう姿を見たことありませんでしたから〜
ヤマトラノオも綺麗なお花ですよね。
すっかり秋の気配が漂っていました
nobara
2017/09/16 18:20
秋の山野草、今此方でもミズヒキ、キンミズヒキは
沢山咲いています。小さな花、撮りつらい花です。
花咲か爺
2017/09/18 17:00
  花咲かお爺さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
どれにもコメントを頂きありがとうございます。
秋の気配を感じましたので・・・残らず撮ってきました。
小さな花はコンデジズームで撮っています。
雰囲気だけになりました。
nobara
2017/09/18 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
* 八島ヶ原湿原 A * マルバダケブキ ヤナギランの花後 ハンゴンソウ・・・ nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる