nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * 八島ヶ原湿原 @ * マツムシソウ タムラソウ ハバヤマボクチ・・・

<<   作成日時 : 2017/09/14 08:42   >>

ナイス ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 16

 [2112 ]
画像
八島ヶ原湿原(やしまがはらしつげん)は、長野県のほぼ中央に位置する八ヶ岳中信高原国定公園中部の霧ヶ峰の北西部に位置する標高約1632mの高層湿原である。湿原の所在地は諏訪市及び諏訪郡下諏訪町にまたがる。  霧ヶ峰には、八島ヶ原湿原、車山湿原、踊場湿原の3つの湿原があり、そのすべてが1939年(昭和14年)に国の天然記念物として個別に指定され、1960年(昭和35年)6月10日に八島ヶ原湿原の
西半分の旧御料地を加え、個別に指定されていた3つの天然記念物は1件にまとめられ、
現在の指定名称霧ヶ峯湿原植物群落となった。八島ヶ原湿原は面積が43.2ha、泥炭層の厚さは約8.05m。
1万2千年前に誕生した高層湿原であり、日本の南限にあたる。     -wikipedia,参照- 
画像画像
散策路に入る前に、一応、花ごよみをチェックします。
見逃しがないようにするためです。もちろん、このほかにもいろいろあるはずです。

私は写真が変わってないワ!夫は替わってると?チェックしたら微妙に入れ替わってました。

-----------------------------------------------

画像
マツムシソウ(松虫草)マツムシソウ科マツムシソウ属  花期:8-10月 高原の初秋を彩る花ですね。
マツムシソウは吸蜜の格好の花です。 すべてに虫さんが集っていました。


画像
ツ リ ガ ネ ニ ン ジ ン (釣鐘人参)キキョウ科ツリガネニンジン属     毎年花を咲かせる多年草
まだまだいたるところから覗いていました。白っぽいのもあります。色の個体差がありますね。


画像
  @Aノコンギク(野紺菊)キク科・シオン属:多年草     BCユウガギク(柚香菊)キク科シオン属:多年草


画像
アサマフウロ(浅間風露)フウロソウ科フウロソウ属    湿った草地に生える多年草
和名は浅間高原に多い事によります。 花は濃紅色で鮮やか。花期:8-9月 分布:本州・中部地方


画像
タチフウロ (立風露)フウロソウ科フウロソウ属  草丈40cmほどですが・・
草丈の高い草むらの中では70cmになるのもあります。なよなよと、立ち上がります。
花は淡い 紅色、濃い紅色の筋が入ります。


画像
ハクサンフウロ(白山風露)フウロソウ科フウロソウ属   花期:7-8月  分布:中部地方以北
亞高山から高山の向陽草地に生える多年草。そろそろ終わりの感じでした。


画像
 クサフジ(草藤)マメ科ソラマメ属 花期:5-9月  ナンテンハギ(南天萩)マメ科ソラマメ属 花期:6-10月



@ヤマホタルブクロ(山蛍袋)キキョウ科 Aノコギリソウ(鋸草)キク科 BCオヤマリンドウ(御山竜胆)リンドウ科
画像
@Aイヌゴマ(犬胡麻)シソ科イヌゴマ属  BCヤマハハコ(山母子)キク科ヤマハハコ属 多年草 .





@エゾカワラナデシコ((蝦夷河原撫子)ナデシコ科ナデシコ属  ABクルマバナ(車花)シソ科
画像
@エゾカワラナデシコ((蝦夷河原撫子)ナデシコ科 Aキツリフネ(黄釣船)ツリフネソウ科ツリフネソウ属 .




画像
画像
タムラソウ(田村草)キク科タムラソウ 属  多年草 舌状花はなく筒状花だけです。
アザミの仲間は夏の花が多いが、タムラソウは秋の訪れを告げる花ですね。
玉がたくさんついた草の意味の玉群草( タマラソウ)から転化したとされます。
アザミの仲間に酷似しているがアザミとは異なり、葉に棘がないので容易に見分けられます。




@A ヤツタカネアザミ(八高嶺薊)キク科アザミ属   高山植物    夏の八ヶ岳の高山帯で見られる。
画像
@ ナンブアザミ(南部薊)キク科アザミ属   ABCノハラアザミ(野原薊)キク科アザミ属 花期:8〜10月



画像
ハバヤマボクチ(葉場山火口)=キク科ヤマボクチ属   葉場山とは草刈り場のある山
ホクチ(火口)は火打ち石で出した火花をうつしとる物。この仲間の葉の綿毛を集めてホクチにした。
葉だけをみると、まるでゴボウの葉のようでした。 ほんとに不思議な花です。



画像
マルバハギ(丸葉萩)マメ科ハギ属  花期:8月-10月  本州から九州、朝鮮・中国に分布する半低木
山地の日当りのよいところに生えます。(草本のような性質も備えているので半低木とも)
マルバハギは葉のわきに葉より短い紅紫色の総状花序を出し、かたまってつきます。
また、名前のように小葉が楕円形かまたは倒卵形であることも特徴です。
仲間(同属)のヤマハギは花柄が長く、葉の外に突き出しているので区別できます。



画像

まだまだ。。。続きます。お付き合いくださいね(*^-゚)⌒☆


゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜





記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 56
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は晴れていたようで、良かったですね。
アサマフウロ、タチフウロ、ハクサンフウロとそろい踏みですか。
タムラソウ、アザミ類、ハバヤマボクチなど、写真もたくさん撮られたようですね。
花の掲示板には76種類ですか。これは先が楽しみです。
長さん
2017/09/14 12:08
わ〜い、なんと魅力的な草原でしょうか、たまりませんね
アザミの歌の故郷だけに凄い
目黒のおじいちゃん
2017/09/14 13:39
綺麗な花が沢山出てきましたね。薄い紫色の花は光線の具合で色飛びしますから難しいですが、流石です。フウロソウもいろんな種類があるんで名札が無いと大変です。
寿々木
2017/09/14 15:31
前記事のツルボも、ハクサンフウロやタチフウロ等、淡い色の花がきれいにでていますね。カメラは一眼レフですか。

コスモス
2017/09/14 16:12
その昔、夏休みを利用して
信州一帯を旅行した事を思い出しました。
遺跡関係が多かったんですが、
八島湿原の美しさも印象に残ってます。
湿原の花々がいいですね。
yasuhiko
2017/09/14 17:48
 八島ヶ原湿原は貴重な自然資産ですね。日本の高層湿原の南限とは…、層の厚さもすごいと思いました。木道が整備されていて良いですね。
 北海道の湿原も、だんだんと失われてきているので、関係者には保存活動頑張ってほしいと思います。
 タムラソウやハバヤマボクチは珍しいです。タムラソウはアザミでないところが面白い植物ですね。ハバヤマボクチは初めて見ました。
藍上雄
2017/09/14 18:44
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
何度か訪れていますが、お天気に恵まれないこともしばしば!
スマホの地域予報でも、今回は安心して回りました。
午後からはやや危ない予報も出ていました。早朝に入ったので・・
フウロもグンナイフウロは影も形もなかったです。
タムラソウがたくさん見られました。虫も呼び込みます。
近場で見られないのもありますから、コンデジズーム頑張りました。
nobara
2017/09/15 08:43
  目黒のお爺ちゃま・・・
お出ましいただきありがとうございます。
やっと、八島ヶ原までたどり着きました((((^Q^)/
約、4時間くらい、歩きながら撮っていました。
アザミのお仲間もかなり多いです。
いろいろ放出しますのでご期待!くださいね(*^-゚)⌒☆
nobara
2017/09/15 08:46
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
3台(スマホを入れて)駆使して撮っています。
数うちゃ当たる?そんな感じでやっていますから
整理が大変、時系列に編集しています。そして花の種別にする?
名札はあったりなかったり、花ごよみで分析を
nobara
2017/09/15 08:50
  コスモスさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
ツルボ、ハクサンフウロやタチフウロはコンデジです。
ツルボは車の中から(信号待ち)ズームして撮りました。
カメラはミラーレス、レンズはパンケーキのみです。
移動するのにかさばらないもので。加えてスマホも駆使してます。
とにかく、撮影枚数がおおいので整理に時間ばかり掛かります。
nobara
2017/09/15 08:54
  yasuhikoさん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
夏休みに遺跡探訪でしたか((((^Q^)/\(◎o◎)/
八島ヶ原湿原は車山などからの横断トレッキングの方が多いです。
なので入り口から左手はその列が多くてすれ違う挨拶が・・・
学生などの集団も多いですね。
湿原の花々、行きつけの場所ですから在処が何となくわかります。
とは、いえ、おびただしい数の写真に苦闘しています。
どうしてもあれもこれもになってしまいます
nobara
2017/09/15 09:00
  藍上雄さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
八島ヶ原湿原は日本の高層湿原の南限なんですって!
木道、傷みも酷いのですが・・補修も大変です。
タムラソウやハバヤマボクチ、中部に多いのでしょうか・・
北海道では見られませんか? オヤマボクチもありますね。
タムラソウ、マツムシソウ、すべての花には各種。虫さんが・・・
最後にまとめたいと思っています。同定できないのもありましたが。
nobara
2017/09/15 09:05
ここからが、ニアミスの時の八島ヶ原湿原ですね。(^^)
ボクは、残念な一時でしたが、湿原は生で見ましたので、そのイメージでnobaraさんのアップされた花を見て、楽しむ事にします。(^^)
「花ごよみ」って、やっぱり、季節に合わせて変えてはるんですね。
こんなに沢山あるから、変えてないんやと思ってました。(^^ゞ
ボクは、ちょっとしか歩いてないですが、その短い距離の間に、フウロソウに、ポン、ポン、ポンと出会えたのが嬉しかったです。
やっぱり、素晴らしい湿原ですね。(^^)
yoppy702
2017/09/15 09:58
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
そう〜で〜す。((((^Q^)/
花ごよみ、変わらないと思ってました。6月〜9月ですから。
前回のと見比べたら? 微妙に変わっていたのです@@
yoppy702さんの歩かれた少し先からアサマフウロが 群生でした。
湿原ですが木道から中が湿地で・・・外側は草原ですから
狭間の花が見られたりするんです。
だから木道の下に発見があったりしました。
このシリーズ4回続きます。
4回目は蝶さんやほかのムッシッシなどを、纏めました。
nobara
2017/09/15 20:26
ヨメナ、ノコンギク、ユウガギクなど
どれも同じ様に見えるので
山野草でも名札が付けてあったので、名前の
付けてある物だけを撮って来ました。
キツリフネ、まだ咲いていますね。
花咲か爺
2017/09/18 16:58
  花咲かお爺さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
野菊は難しいですね。
相違点を押さえれば意外と〜なんですよ。
だけど、相違点をちゃんと撮らなければ何にもならないです。
上の葉と下の根生葉は違いますし・・・
全体の感じでわかることもありますね。
キツネフリ、咲き残り?でしょうか・・・
nobara
2017/09/18 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
* 八島ヶ原湿原 @ * マツムシソウ タムラソウ ハバヤマボクチ・・・ nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる