nobaraの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS * 八島ヶ原湿原 C * ノハラショウブ アヤメ ヤナギラン ナンテンハギ ・・・

<<   作成日時 : 2017/07/23 13:33   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 12

 [2076 ]
画像
ノハナショウブ(野花菖蒲)アヤメ科アヤメ属    多年草
各地の湿原あるいは湿性の草原に生育します。   花期:6月後半-7月
  中央の葉脈が太くて目立ち 外花被片の中央に黄色い筋があります。


画像
アヤメ(菖蒲、文目、綾目)アヤメ科アヤメ属    多年草
山野の草地に自生しています。 外花被片に網目模様があります。


画像
ヤナギラン(柳蘭)アカバナ科ヤナギラン属    多年草
和名の由来は、葉が柳に似ていて、花をランに例えたことによります。
日本では北海道・本州以北の亜高山帯から山地帯の草地や礫地に分布
山火事の跡地・森林の伐採跡地・林道沿いの湿った草地などに群落をつくることが多い。
 開花には今、しばらくかかりそうで、開いてるのを探しました。

画像
@クサフジ(草藤)マメ科ソラマメ属 ABナンテンハギ(南天萩)マメ科ソラマメ属 CDクルマバナ(車花)シソ科トウバナ属


画像
オオダイコンソウ(大大根草)バラ科ダイコンソウ属    野原や山野に自生する多年草


画像
@アカギキンポウゲ(赤城金鳳花)キンポウゲ科 Aミツモトソウ(水源草)バラ科 BCキンミズヒキ(金水引)バラ科


画像
@Aシナノオトギリ(信濃弟切)オトギリソウ科オトギリソウ属 本州中部の高山に生育する多年草 花期:7-8月
BCコウゾリナ(顔剃菜)キク科コウゾリナ属 茎や葉に剛毛がありざらつき、手が切れそうなのを剃刀に例えました


画像
@ABケブカツルカコソウ(毛深蔓夏枯草) シソ科キランソウ属 花はまばらで色は淡紫色。全体に毛が密生
Cアマドコロ(甘野老)キジカクシ科アマドコロ属  山野に自生する落葉性の多年草 かろうじて!残り花が・・


画像
イタドリ(虎杖)タデ科タデ属  (虎杖=漢名です)
山野のいたるところに生える高さ0,5〜1,5bの多年草


画像
カワラマツバ(河原松葉)アカネ科ヤエムグラ属  葉が松葉に似る。 本来は河原に多いです。
 黄色の花を付けるのを キバナノカワラマツバ(黄花河原松葉)といいます(下のBがそうかな・・)

思った以上に咲いています。もう少し続けます。

次は残りの花と、湿原で出逢ったムッシッシもご紹介したいと思います。



゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゜




記事中にカーソルを当てて指のマークが出ますとそこはリンクが貼ってあります
画像にカーソルを充てて戴くと説明がご覧になれます
更に左クリックしていただくと画像が少し大きくなります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
キンミズヒキがもう咲いてましたか、実がヒッツキ虫で当方庭にも繁茂し多年草ですから大きくなり、見つけしたい引き抜いているのですが、どんどん増えて手を焼いています。
寿々木
2017/07/23 17:23
私たちが行った2年前の7月末より花の種類も数も多いようですね。
アカギキンポウゲなんて、教えてもらわないとダイコンソウと見分けがつきません。
ケブカツルカコソウも見かけませんでした。
長さん
2017/07/23 19:43
ずっと続けて同じ所を訪問なさっているのですね。
旅というと、行ったことのない所に行こうなんて思いがちですが、
こういう旅もいいですね。
一度きりでない訪問であれば
変わらない部分とそうでない部分と
いろいろと発見があるのでしょう。
お写真を見ていると
ああ、これどっかで見たことある、
ほう、こういう名前なんだ・・・等々
いろいろ思い出しながら楽しませて頂きました。
次は生き物編?それも格別です。
友子
2017/07/23 20:40
ノハナショウブは、昨年、岡山の鯉ヶ窪湿原で初めて見ました。
ボクが見ても、植物園とかで咲いているハナショウブとの違いが やったんですが、湿原で自生しているためか、なんか生き生きしてました。(^^ゞ
ヤナギランは可愛いいですね。
それにしても、よく、これだけの種類が咲いてるもんですね。
ホンマ、スゴイ湿原や。(^^)
yoppy702
2017/07/24 00:58
  寿々木さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
キンミズヒキ、少し早いですかね〜
まだ少なかったですが・・・・
我が家は新ミズヒキソウがまるで?低木みたいにはびこります。
早いうちに抜くようにしていますが。
そういう雑草みたいなのはよく出現するのですが・・・
nobara
2017/07/24 10:57
  長さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
7月末よりは多いかもしれませんね。
いつもこの時期は博多の祇園山笠とブッキングするのですが
今年は早くにあきらめましたので霧ヶ峰に向かいました。
アカギキンポウゲは名札もついています。ダイコンソウとは
見分けは意外につくと思います。雰囲気が全く違いますから。
ウマノアシガタとは迷うかもしれませんね。
ミツモトソウも名札がありますから。。。
nobara
2017/07/24 11:01
  友子さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
夏休み前のこの時期にいつもセットしています。
博多の祇園山笠と重なることが多かったのですが今年は早くに断念。
ホテルを早くに抑えていたのですがWブッキングとかで
翌々日に変更して差し上げたので、予定が少し狂いました。
シーズン中、2度ほど出かけることもありましたが。
ニッコウキスゲは遅れていて間に合いました。
次はたくさんの虫さんを一挙。アップいたします。
nobara
2017/07/24 11:05
  yoppy702さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
花しょうぶの原種という扱いですね〜〜
先に野原にあったんです。毒性があるので食害を免れています。
これから園芸種ができていったのですね。
ヤナギランはこれからです。
パイオニア植物なので荒れたところから出現するようです。
ひとつところには咲かず?移動していくようです。
車山から横断する方もおおいです。
時間があれば、そういうのもいいなと思います。
nobara
2017/07/24 11:11
アヤメ、ショウブ、カキツバタ 見分けにくいですねー でも最近アヤメの網目模様覚えましたー 
ゴン太
2017/07/24 12:55
  ゴン太さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
アヤメ、ショウブ、カキツバタ、見分け方のポイントは↓
☆花菖蒲は花の種類は多く紫系統の他に黄色や白、絞り等、多彩であるがどれも「花弁の根元のところに黄色い目の形の模様」
☆杜若はあまり種類は多くないが、「花弁の弁の元に白い目型の模様」
☆あやめも花の種類は多くないが「花弁の元のところに網目状の模様」
nobara
2017/07/24 16:53
花菖蒲とアヤメの違い、こうして比較すると
良く分かりますが、別々に見ると如何だったかな??と
毎度家で本を出したりして確認しています。
キバナノカワラマツバの黄色い花、葉の感じがよく似た黄色の花
名前を調べ中なのですが、花はバラ科の感じがします。
山野草・・・難しいです。
花咲か爺
2017/07/26 16:04
  花咲かお爺さん・・・
お出ましいただきありがとうございます。
ハナショウブとカキツバタ、白い目と黄色の目?悩みます。
アヤメは綾目ですから、わかりやすいですね。
キバナカワラマツバに似た?黄色のはなですか?
アキカラマツ?なども花は似ますね。葉が違いますか・・
nobara
2017/07/26 16:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
* 八島ヶ原湿原 C * ノハラショウブ アヤメ ヤナギラン ナンテンハギ ・・・ nobaraの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる